以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
言わんこっちゃありません
日経平均は商いも乏しく、特に後場は重篤患者の心拍計みたいで証券会社も苦しいだろうなと言うのが、率直な感想です。

今日(6月17日)はアジアが総崩れ、欧州はギリシャが何とかなるとの観測から急反発、どうやら欧州では死者は甦るみたいです。

米国市場は開いたばかりですが、流石に欧州市場ほどには楽観的ではなく、それでもこの調子で行けば先週末終値を上回って引けることも有り得ます。


国際市況とは関係なく、調整局面に入っているのが所謂BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)で、理由は各々独自のものがありますが、共通しているのは「インフレをもたらすバブルは退治する」と言う金融当局の信念です。

漸くバブルの副作用に気付いた訳ですが、それにまだ気付いていないのが欧州で、働かないで暮らしていく方法なんてないと言うのが分かっていないから、今の体たらくに陥っているのです。


現段階の東京市場はまだ落ち込みが小さいです。

阿鼻叫喚の嵐は秋口と考えています。

世界にインフレあり、日本にインフレなしです。


本日(6月17日)のレポートから。

最近、ここが多い気がします、兎に角名前が長いMとUとFとJとMとS証券、

ブリヂストン(5108)「NEUTRAL継続」(目標株価1,700円→1,950円)

自動車需要が急回復するとも思えないのですが。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-06-18 00:17
怖いのはこれから
今日(6月13日)の下げは序の口、当分は方向性が見出せない「無駄な営業日」に、しばしば出くわすことになります。

日銀が公的資金の市場への放出を絞っている感があります。

金融政策の統括責任者としては、「ゼロ金利量的緩和政策」と言うのは恥以外の何物でもなく、本来の称号は「インフレの番人」ですから、利上げをすることに「快感と生き甲斐」を覚える生き物です。

幸い、政治の世界が金融政策にすら神経が回らない状況なので、これ幸いと隠微な形で政策転換を計っているのではないかと思われます。

市場は当面、手掛かりも無ければ好材料もない状況下で漂流するでしょう。


韓国の金融当局はウォン防衛(=対ドルウォン高阻止)のため、今日も内外の市場で介入を実施している模様です。

先日の利上げはインフレ抑制のため、一方で外資引き揚げ防止の意味合いもあります。

ですがウォン高は輸出に差し障ると言うことで断固防戦と言うのが韓国当局の基本姿勢です。

もう空威張りをしていられないのが隣国の実状です。


本日(6月13日)のレポートから。

兎に角、名前と何とかして下さい、MとUとFとJとMとS証券、

SUMCO(3436)「UNDERPERFORM→NEUTRAL格上げ」(目標株価1,350円→1,370円)

半導体業界全体が伸び悩みながら陳腐化していますから、シリコンウェハに明るい未来は描きづらいです。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-06-13 22:03
来週は下がる、日経平均
本日(6月10日)は予想通り、買い方の言い分が通ってSQ値は9,500円越え、但しその後は「お開き」ですので上げ幅は50円足らずに縮小、SQを通過すれば用無しとばかりの逃げ足です。

おそらく政治資金作り工作の一環と思われますが、今回のSQ用資金は二度と市場に戻ってきません。

とすれば来週(6月13日~)の日経平均は下がると言う結論になります。


決算発表が一巡し、各社の今年度(~2012年3月)の業績見通しも概ね明らかになりました。

まず前年度(今年3月末迄)の「EPS(1株当たり純利益)=上場企業純利益総額÷発行済み株式残高」実績は@550円、本決算発表直前の段階では@630円前後でしたので、@80円(12.7%)が震災による喪失分と言う計算になります。

問題は今年度の「EPS市場平均値」で、企業見通しを合算すれば@650円、これは今後発生する特別損失を考えただけでも無理なことは一目瞭然で、前年度実績の@550円もおそらく無理、甘くみて@500円でしょう。

PERは20倍を上限とすると、

@500円 × 20倍 = 日経平均上値1万円

との試算結果が出ます。

簡単に言えば1万円は明らかに買われ過ぎ、今の9,500円にも食指を動かすべきでないでしょう。


本日(6月10日)のレーティングから。

国内最大手ながら、その気概も矜持も失せ果てたN証券、

みずほFG(8411)「BUY継続」(目標株価175円→170円)

そもそもこの程度の目標株価を設定しておいて「買い推奨」と言うのが常識外れと思います。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-06-10 22:04
全ては明日(6月10日)のため
今日(6月9日)の後場の上げに少々驚かれた向きもいらっしゃるかも知れませんが、明日が先物とオプションのSQ(清算日)であることにご留意頂ければ全てが説明出来ます。

すなわち買い方が最後の攻勢に出た訳で、狙うはSQ値9,500円でしょう。

おそらく9,500円で相当量のコール・オプション(買いオプション)が溜まっているのではないかと推測されます。


先日のバーナンキの「戯言」(発言?)で円が80円を割り込みましたが、発言内容に少々信憑性が欠けるため、早晩80円台に戻すと思われます。


それにしてもハイテク市況は悪いですね。

しかも始末の悪いことに、製品市況の悪化を株式市場が全然織り込んでいません。

DRAMは採算分岐点を割り込んでいますし、NAND型フラッシュメモリも主用途であるスマホやタブレットで伸び悩んでいます。

スマートフォンもタブレットも売行きが「爆発的」の域には至っていません。

それでいてパソコンの領域を一部食い荒らしているので、半導体及び電子部品業界は相当苦戦を強いられています。


本日(6月9日)のレポートから。

国内最大手ながら、その矜持も気概も失せ果てたN証券、

東京製鐵(5423)「NEUTRAL→BUY格上げ」(目標株価950円→1,100円)

中国系電炉鉄鋼業者が海外市場開拓に躍起になっています。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-06-09 22:52
円高にすら反応せず
80円台前半でも79円台後半でも大して変わりないか、と言う訳でもないでしょうが、1ドル=80円割れでも小幅高、完全に「玄人」は引いている相場です、出来高の薄さもそれを裏付けています。

それもその筈、最も値動きの軽いハイテク業界の景況感悪化が表面化しつつあり、半導体世界売上高統計は前月比2%減、パソコン業界団体も出荷予想を下方修正しています。

ハイテク、半導体、電子部品株は当面敬遠すること、これが株式投資で負けない最低必要条件でしょう。


円高と言うべきか、ドル安と言うべきかはさておいて、想いの外、投資家や製造業が騒がないのは、そんなこと全く念頭に無い政界の三文芝居役者の大声にかき消されているからで、加えて今日(6月8日)発表の国際収支(4月)では、貿易収支は赤字ですが経常収支は黒字を保ち、何よりも投資収支が大幅な黒字で、奔流の如く震災復興資金が還流しているのが見て取れます。

震災とその後の政府の無能ぶりをみた外資が、日本株を見限って出て行く一方、復興需要に必要な資金が流入し、4月の段階では後者が勝ったと言えます。

ただ出て行くか居残るかは別として、外資は日本国債を買っても日本株は買わないので株価は下落、海外からの還流資金は実体経済の復旧に使用されますので、株式経済が属する金融経済には届きません。

その点に充分ご留意下さい。


本日(6月8日)のレポートから。

兎に角、名前が長ったらしい、MとUとFとJとMとS証券、

ソネットエンターテインメント(3789){NEUTRAL→OUTPERFORM格上げ」(目標株価33万円→38.5万円)

ソニー系企業に手を出すことほど、今の市場で無謀なことはありません。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-06-08 17:05
致し方なし
日経平均は今日(6月6日)も110円安、一時的にデフレを脱却している以上、日銀もこれ以上の量的緩和政策を実行に移せないですし、何より相場の主役、外資の腰が完全に引けていることは出来高をみれば一目瞭然です。

しかも哀しいことに、仕込み時と勘違いして押し目買い(ではないのですが)に動き出した個人投資家が無数に存在します。

復興需要を当てにしての買いなのでしょうが、失礼ながら頭の中を復旧する必要があります。

その辺りのことは貸借倍率(信用売り残÷信用買い残)の推移をみれば分かり易いのですが、概ね下落基調にあるにもかかわらず、貸借倍率は上昇し警戒水域の2.5倍を突破しました。

3倍になると完全に危険信号、小誌なら他人を蹴落としてでも市場から退出します。


何故、9,500円近辺が割安に感じられるのか、今年度下半期(2011年10月~2012年3月)には業績も元に戻るだろうと考えるから、その時に乗り遅れないからとの答が返ってくるでしょうが、証券会社の営業員の口車に乗せられたバスは、崖の天辺から転がり落ちます。

それからソニーも任天堂も過去の人ならぬ「過去の銘柄」ですから手出しは無用、他に成長企業は存在します。


本日(6月3日)のレーティングから。

誇り高き英国紳士ずいれくーば

シャープ(6753)「UNDERWEIGHT継続」(700円→750円)

亀山の液晶パネル工場をテレビ以外に特化せねばならぬほど採算が取れなくなっています。

事業売却が最善策ですが、それができません。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-06-06 16:12
来週も見通しは暗い
あまりに馬鹿らしいので国内政局にはもう触れませんが、騙す方も騙される方も品性の無い点では五十歩百歩、終いに救世主願望が行き渡って日本型ヒトラーが出てくるかも知れません。

今日(現地時間6月3日)は全米雇用統計の発表日、失業率も就業者数も市場予想より遥かに悪い数字が出てくるのではないかと言うのが小誌の「感触」です。

そうなると株安は欧州に飛び火しますから、来週の欧州市場は相当危ないですし、極限の馬鹿国家(こんな表現したくないですが)日本は海外情勢に関係なく、「出血」に歯止めが掛かりません。

出処進退で嘘をつくと、絶対信用されなくなります。

履歴詐称より重いですし、銀行からは取引打ち切りを宣言されるところです。

それにしても日本も欧州も米国も政治家の資質が問われつつあります。

同時に国民の資質も問われているのですが、この点で最低なのが欧州です。


本日(6月3日)のレーティングから。

その長い社名、兎に角何とかして欲しいMとUとFとJとMとS証券、

H2Oホールディングス(9042)「UNDERPERFORM→NEUTRAL格上げ」(目標株価330円→350円)

新規出店した三越、大幅改装した大丸松坂屋の攻勢に苦戦を強いられています。

百聞は一見に如かず、それ以前に客足の実績を確認すれば分かります。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-06-03 21:37
食言宰相
文字通り、舌の根も乾かぬ内に前言を撤回する、国内でも海外でも許容される行為ではありません。

中国の識者が「経済大国だって政治に人材がいなければその国は衰退する」と名言、それから中国の格付機関(!)が日本国債を一段階格下げ、この無能で権勢欲だけは旺盛な虚言癖のある人物に、愛想を尽かしたのでしょう。

これからは「何時辞めるか」を巡って党内外の水面下で綱引き、小沢や参議院民主党を激怒させたのは致命的誤りですが、国民の反民主党=反菅感情は益々鬱積されますが、それを発散する場が無いので、9月の統一地方選の残りは凄まじい結果が待っていると思われます。

体力が残っていれば午後からも入稿しますが、愚物に権力を与えている日本と日本市場に右肩上がりを期待する方が無理と思われます、得意の公的資金の大量金融市場放出があれば別ですが。


それにしても日本人は何時の間に、その場凌ぎと二枚舌が得意な不誠実な民族に成り果ててしまったのでしょうか。

余力と時間がありましたら、午後にも投稿します。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-06-03 06:51
「死に体」から「選挙管理」へ
まるで小誌に象徴される弱気派を後押ししてくれる様な「期限を明示しない退陣表明」、内閣不信任案は否決されましたが、退陣を明言した以上、延命を図ろうがその時期を巡っての攻防が焦点となりますから、いずれにせよ「死に体」内閣で、9月には実施される統一地方選挙の未実施地域の投開票以降は、完全に選挙一色になりますから、「死に体」が辞めた後の内閣は「選挙管理内閣」です。

「死に体」+「選挙管理」=「政治的空白」ですから、この局面で買い上げる輩は皆無でしょうから、明日(6月3日)の株式市場も期待薄です。

今日の東京市場は不信任案の件で頭が一杯で、現時時間昨日(6月1日)のニューヨーク市場が300ドル近く暴落したことを思い出すのは明日になります。

格付機関ムーディーズがギリシャの格付けを一挙に3段階引き下げ、デフォルト(債務不履行宣言=国家破綻)の確率50%と明言しているのですから、こっちの方が深刻なのですが、東京の連中は気もそぞろでしたので、日経平均の下げ幅は160円強に留まっています。

そして明日も三桁の下げかなと言うのが現段階の小誌の当てにならない直感です。


海外では香港、上海、台北、ソウルが東京の側杖を喰った形で大幅安、特に豪州は鉱物資源安が嫌気されて下げ幅を拡げています。

暫くは乱高下と言う名のジェット・コースターに乗りながら下り坂を歩んでいく、これが小誌見解です。


本日(6月2日)のレーティングから。

残すべきは「誠心誠意」であった「日興」ではなかったのではないか、SとMとBとC「にっこり」証券、

ソニー(6758)「1→2格下げ」(目標株価2,800円→2,550円)

今回の個人情報大量漏洩事件を甘くみ過ぎています、下手をすれば東電並みに半身不随状態になりかねません。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-06-02 16:18
お久しぶりです。
一昨日(5月30日)は今年最低の出来高、昨日は一転して日経平均の上げ幅は180円を上回り、今日(6月1日)の前場は一転して小動き、兜町の住人の頭には「内閣不信任案の票読み」しかないと思われます。

昨日の棒上げは不信任案可決のメドがついたと思った「先取り相場」、今日のところは票が読めないと言うことで模様眺め、蓋を開けてみないと分からないじゃんと言うのが小誌見解。

ただ、如何なる結末を迎えようが、原発は放射能を吐き出すのを止めないし、津波及び地震被害の爪痕はそのまま残っているのは間違いないです。

小泉元総理の「郵政選挙」の時は、官から民へと言う元総理の確固たる意思表示が国民に伝わっていましたし、国民も官より民の方が低コスト高サービス、つまり効率と対費用効果が高い事実を熟知しているので、解散総選挙は株高に繋がりました。

しかし今回は、結果の如何にかかわらず残るのは「混迷」ですから、反発局面に入ったと考えたら大火傷をします、消費者物価指数もプラスに転じて、これ以上の金融緩和策は期待出来ない状況にありますし。


やはり罫線(至上)主義者は嘘つきだと思います。

罫線は全てのことを織り込んでいると言うのがその主張の大前提なら、じゃあ今回の大震災はどう織り込んでいたのか説明を伺いたいが、そんな高尚な問答は期待してませんが、せめて日経平均の日足、週足ともに「デッド・クロス」とやらを形成している事実を世間に訴え、然るべき投資行動を奨めるのが人としての正しい在り方ではないでしょうか。


小誌見解に変更なし、「緩やかな株安、穏やかな円安」、いずれも「ボックス圏」に言い換えても宜しいかと思われます。


久々に昨日(5月31日)のレーティングから。

「日興」の二文字が残ってよかったね、SとMとBとC「にっこり」証券、

千代田化工建設(6366)「3→2格上げ」(目標株価800円→850円)

石化プラントの商談、この経済状況下で増えると思いますか。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-06-01 11:39
こっそり帰宅
午前様のサラリーマンではございませんが、疲れた残る体を引き摺りながらの復活です。

日本時間今朝5時に、ニューヨーク市場(5月25日)は引けましたが、小幅安で終了、これでも前場の安値から100ドル戻している点に着目すると、当局が株価維持政策を実施したことを分かります。

ドル円が円高にまた逆戻ししていますので、昨日(5月24日)の日経平均の上げ分は相当程度、帳消しになるのではないでしょうか。


気象庁との正反対の見立てなのですが、今年は冷夏を前提に投資方針を定めるべきではないか、そう考えています。

理由は簡単で、昨年、アイスランドを中心に火山が連続爆発していますので、粉塵が世界を覆っているのが現実です。

粉塵が日光を遮りますので、農産物の作柄は芳しくなく、穀物、飼料価格が高騰しますから、商品価格が上昇する一方、季節性商品は期待外れの結果になります。

全体としては相場を冷やす要因ですので、仮に冷夏が現実のものとなれば、早い時点での対応をお奨めします。


復活初日はこれまで、以降、可及的速やかに正常化させる予定です。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-05-27 05:18
もうすぐ回復
小誌と日経平均の共通点はすぐにへたっちゃうこと、体力の充填が完了次第、再開します。

本誌執筆者


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-05-18 04:38
物憂く、退屈な市場
「力なく」とはこのことを言うのかと思うくらい、つまらない今日(5月9日)の東京市場でした。

「ズルズル」と言う表現がピッタリです。

これが米欧にまで「伝染」するのか、興味の持たれる所ですが、国際金融経済は膨張局面を終えて縮小段階に至りつつあることは間違いなさそうです。


金がないのは首が無いのと同じ、などとよく言われますが、懐が寂しくなるほど表に出てくるのが本音です。

かつて貿易摩擦は日本の「お家芸」でしたが、最近は中国にそのお株を奪われてしまいました。

別に名誉でも不名誉でもありませんが、国内市況が急速に悪化している現状において、中国企業が見出す活路は唯一、海外です。

対するは欧州、得意の反ダンピング法で中国製品の締め出しに掛かります。

中国製品は日本にも数多く入ってきていますが、日本に定着した中国製は、品質や競争力の点で折り紙つきです。

ですから欧州が卑怯な手を使って自分の殻に閉じこもっても、対外市場では中国製品に太刀打ち出来ません。

しかも殻に籠もればこもるほど技術革新が遅れて国際競争力が低下しますから、今い欧州勢は中国企業に至る所で蹴落とされます。

欧州は「見切り」です。


本日(5月9日)のレーティングから。

国内最大手ながら、その気概も矜持も失せ果てたN証券、

共栄製鋼(5440)「NEUTRAL継続」(目標株価1,330円→1,610円)

世界的に観れば零細高炉メーカーにこれだけ肩入れする理由が見つかりません。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-05-09 22:40
神々の黄昏
株式の世界には「神様」が至る所にいます。

中でも著名なウォーレン・バフェット氏(投資会社バークシャー・ハザウェイ総帥)は、再保険会社スイス・リーの株式も多数保有していますが、東日本大震災のお蔭で膨大な保険金支払いが発生して大損を計上、それにおそらく少なからず東電等の「優良株」に投資している模様で、公表されている以上に深刻な損失を蒙っていると考えられます。

「BRICs消費関連株は人生最高の投資先」と昨年12月に明言したGS系資産管理会社オニール会長(BRICsの命名者)は、多分多くの投資家に恨まれていますし、同時によく殺されずに済んでいるなと感心してしまいます。

「信用取引の神様」ラリー・ウィリアムズ氏も、今回の市況商品急落場面で痛手を蒙ったであろうし、中国株への仕込みを訴え続けていたジム・ロジャース氏ももうすぐ撃沈します。


今回の一連の出来事で分かったことは、

「日経平均は1万円で頭打ち」

「ドル円相場も80円が天井」


それから、話が飛んで恐縮ですが、「今年は冷夏」を前提に投資方針を決めるべきではないかと思われます。

昨年、アイスランドの火山があれだけ噴火したので、今年の夏も相当量の粉塵が残っていると考えられるからです。

夏物家電に強い銘柄は敬遠するのが得策かも知れません。


本日(5月6日)のレポートから。

胡散臭い外資系三羽烏の一角D証券、

ファーストリテイリング(9983)「HOLD継続」(目標株価1万1,400円→1万4,000円)

もう何も言いますまい。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-05-06 22:34
日本は眠り、世界は動く
日本時間本日(5月5日)現在、1ドル=79円台に突入。

これだから嫌なんです、連休は。

これだから市場の敵なのです、不要な祝祭日は。

身動きが取れません。


現時点で、対ドルで上昇しているのは日本(円)、中国(人民元)、ロシア(ルーブル)のみ、全然共通点がありません。

見方を変えれば、ユーロもスイス・フランも今日に限っては下がっています、訳が分かりません。

ニューヨークはあと30分で開場しますが、現段階の欧州株式市場は一様に下落基調、表向きの理由はECB(欧州中央銀行)理事会の結果待ちでしょうが、欧州の縮小はもっと根深い所にその原因があります。


それにしても大型連休と称して惰眠を貪るから、投機筋に狙い撃ちされるのです。

明日(5月6日)になって、為替介入しようが、公的資金を金融市場に放出しようが、どうぞご勝手にと言うしかありませんが、連休前の日経平均大台乗せは、個人投資家などへの「誘い水」だったのかも知れません、もの凄くしょっぱい水ですが。

遡って鳥瞰すると、大型連休前後に相場は転換点を迎える場合が決して少なくありません。

明日の金融当局と外資の激突、楽しみです。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-05-05 22:11
私事恐縮ながら
週末、関西では先行上映されていた「阪急電鉄」を鑑賞、久々に映画を堪能、町おこし的な側面が鼻に付く点を割り引いても、「佳作」の称号に相応しい作品と納得、併せて中谷美紀なる女優が「ふるいつきたくなるほど良い女」であることを発見、今まではどちらかと言えば対象外だったのですが、それは小誌が女性をみる目が無かったからと、その原因まで探究できました。

別の日の事柄ながら、急行で一駅の街に久々に降り立ち、それまでは当駅の方が先方よりも「格上」と思い込んでいた(実際当方にも先方にもその先入観は今でも浸透しています)のですが、「ひょっとして逆転された、控え目に言っても勢いが違う」と実感、気が付いたら立場が逆転していたと言うのは、株式市場でもよくある話です。

つまり小誌は「中谷美紀」と言う優良株を今まで見逃し、「急行で一駅先」株を調査するのを怠り、但し世間(=市場)はもっと認識不足だったことを知った次第です。


株式は理屈で動くもの出なく、流動性の多寡で決まります。

日経平均が1万円の大台を回復したのも、企業業績が震災前の水準に戻るメドがついたからではなく、日銀の執拗な資金放出が功を奏したからで、円高は日本(円)よりも米国(ドル)の金融政策の方が圧倒的に影響力が強いからです。

バーナンキ議長が「量的緩和政策撤廃後の量的緩和政策継続」と言う、前代未聞のねじれ政策の可能性に触れただけでも勘弁してやって下さい。


昨日(5月2日)のレポートから。

国内最大手ながら、その気概も矜持も失せ果てたN証券、

JVSケンウッド(6632)「BUY継続」(目標株価600円→550円)

ビクターもケンウッドも、最近とんと見かけませんが、売れ筋商品を複数、列挙出来るからそれなりの評価を下しているのでしょうね。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-05-03 01:03
男(韓国)は辛いよ
サムスンの減益決算発表に続き、LG傘下ハイテク企業や、ハイニックスでも業績悪化が表面化、ハイテク立国が韓国の国是ですから、それが総崩れになったら何の取り柄もなくなってしまいます。

サムスンを例に取りますと、主な事業分野は「液晶パネル」、「テレビ、家電」、「通信、携帯電話」、それに「半導体」分野で、駄目なのは「テレビ、家電」そして「液晶パネル」、「通信、携帯」はまずまずですがグーグルから特許侵害で訴えられていますから楽観出来ませんし、「半導体」はDRAMからNAND型フラッシュメモリへの、完成品で言えば携帯電話からスマートフォンへの移行の過渡期にあり、またパソコンもスマートフォンへの収斂または小型化で、DRAM需要が根本的に減っています。

困ったことにDRAMは量産型、フラッシュメモリは少量多品種型製品ですから、量産型生産設備を持っているサムスンにとってはフラッシュメモリは旨みがありませんし、メモリ需要は数量ベースでDRAMより遥かに小規模ですので痛し痒しなのです。

そして「泣きっ面に蜂」と申しますが、ウォンが対ドルで急伸していますから、周囲を取り巻く環境は益々悪化しつつあります。

一部に「躍進する韓国」と持ち上げる輩がいますが、「金融界の住民は上から下まで平気で嘘をつく」と言う鉄則を知っていれば、騙されることはありません。

先日の補欠選挙等で、韓国与党が惨敗したのも、この種の財閥にも不景気が浸透しつつあり、最早「輸出」、「国内設備投資」の両面で国民を宥める余力がなくなりつつあることの表れと言えます。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-04-30 16:17
まさかねぇ
別の場所で先週土曜日(4月23日号)に、バーナンキ(FRB連邦準備制度理事会)議長が「量的緩和政策撤廃後の量的緩和工作」を実施する可能性がある旨、私見を陳べさせて貰いましたが、意見はそれなりに根拠と信念を持って記していますが、まさかこれが正解とは、少々複雑な思いです。

それなら、米国における「株高、市況商品高」は理解出来ます、ドル安ですから。

日本も「一時的には」株高に向かうかも知れませんが、仮にそうとしても円高が折に触れて障害となりますので、米国ほどの勢いでは騰がりません。


今日(4月29日)は東京市場だけお休み、他国の現実を確認する良い機会です。

対ドルで上昇街道を驀進しているのがユーロ(欧州)とウォン(韓国)で、この調子で行けば両者とも必ず国際競争から敗退することになり、意図的か結果的かは兎も角、バーナンキは両国を絞め殺していることになります。

先日の補欠選挙等で韓国の与党が惨敗したのは、それだけ国家経済が国民にとって苦痛だからで、欧州は弱小国の連鎖的デフォルト(債務不履行宣言)が起きても不思議でない状況下にあります。

換言すれば株価も為替も割高、割高の次に来るのは割安、つまり修正局面と言う名の急勾配下り坂です。


休日の今日はレポートなしと言うことで。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-04-29 22:33
怒涛のお詫び
午後5時頃と言っていたのに、実際にはメルマガ発行が午後10時になってしまい、この場をお借りしてお詫び申し上げます。


何でだか知りませんが日経平均は120円余りも反発、1ドル=82円近辺の為替水準で買いを入れる度胸は、小誌にはございません。

「あかん」直人総理率いる現政権は、その実施自体の成否は兎も角として、唯一成功しているのが株価維持政策で、要は日銀に強いて金融市場に大量の資金放出を継続実施しているのです。

と言って原発チョンボで日本滞在の外国人が大勢逃げ出したくらいですから、「ヒト、モノ」そして「カネ」が国外流出しているのも確かです。

この綱引きですから所謂「ボックス圏での推移」となりますが、いずれどちらが正しいかは分かります、多少時間はかかりますが。


今仮に、最も「高利回り」は金融商品はと尋ねられたら、躊躇わず「日本の長期国債」と答えます、当然ですが「当たるも八卦、当たらぬも八卦」です。

「高利回り」は無いだろうと言う「お小言」を頂戴するかも知れませんが、利息に加え値上がり益が大いに期待出来ますので、厳密には「利回り」と言う用語の定義から外れますが、「ボックス圏での推移」より安全かつ値上がり益も大きいと思われます。


本日(4月27日)のレポートから。

スリーダイアでない方のM証券、

ソニー(6758)「OUTPERFORM継続」(目標株価3,500円→3,200円)

後出しジャンケンは素人でも出来ますし、これだけの不祥事にもかかわらず「OUTPERFORM継続」は恐れ入ります。

下手をすれば数千万人単位の口座番号を含む個人情報を漏洩させてしまった企業ですよ、集団訴訟を起されて賠償金を払うとして、目標株価引き下げは10%未満ですか、失礼ながらどうしても正気に思えないのですが間違っていますか。


因みに4月25日時点で外資系MとL証券が同社の目標株価小幅引き下げ、「この証券会社はソニーに通じているかも知れない」とメモしましょう、情報の集積が勝利をもたらします。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-04-27 23:17
お知らせです
本日(4月27日)発行の予定のメルマガは、午後6時頃の発行となりますので、お含み置き頂ければ幸いです。

尚、小誌の入稿は今晩を予定しています。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-04-27 13:30

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31