以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
ユニクロねぇ
ユニクロ(ファースト・リテイリング)の業績が好調らしく(小誌はあまり関心が無いです)、海外事業が国内の不振を補って余りあるそうですが、決算作成にあたって無理をしているのではないかと言う疑念は払拭出来ません。


「海外」と言うのは便利な用語で、曖昧且つ広範囲ですから、その全体像を把握することは一般に不可能です。

ソニーも先日、「海外(正確には北米部門)」で予想外の損失が発生したとして最終業績見通しを下方修正しましたが、投資家や株主が例えば北米全域を観て回ることは出来ませんから、真相を隠蔽しながら言い訳するには格好の理由なのです。

ただソニーがあざといのは、1万人の人員削減と言う「好材料」を先に漏らしておきながら下方修正をしている点で、株価操作の疑いが濃厚です。


話をユニクロに戻して、鳴り物入りで始めた銀座店のその後の動向が聞こえてきません。

銀座店には低価格商品と言う消費者の認識を改めると言う、特別な役割も担っていますから、思惑通りかそれを上回る実績を、初期の段階だけでも残せたのなら、企業側はその事実を強く訴える筈ですし、報道媒体が見逃さないでしょう。

つまり全国の消費者に会社側の嬉しい悲鳴が届いていなければ嘘と言えます。

それから「高級品として認識されている」海外で破竹の勢いであったとしても、一般に高級品が飛ぶ様に売れるのか、そうだとしたら何らかのからくりがあると考えるのが妥当と思われます、例えば生産コストは前期に前倒ししておいて売上を当期で計上するとか。

これなら費用はゼロですから安売りしても相当な利益率を挙げることが可能です。

あまり言うと「風説の流布」になりかねないので、この辺りで黙りますが、「高級品が飛ぶ様に売れる」と言うのは、余程の事情が無い限り想定しづらい事態です。


4月13日のレーティングから。

「世界に冠たる」の枕詞が今でも相応しいGとS証券、

ファミリーマート(8028)「中立継続」(目標株価3,200円→3,400円)

小誌の居住地区周辺のコンビニで、最も駄目なのがファミマです。

意外とお勧めなのはサークルKサンクス。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2012-04-14 02:41
街中に答はある
寺山修二風に言えば(もっとも、一冊も読んだことはないですが)、「情報を捨てよ、街へ出よ」でして、テレビに限らずインターネットに至るまで、情報は入手するまでに加工され、取捨選択されています、多くの場合は無意識の内に。

英語の原文を読んだ方が、余程分かり易いし結果的に正しく理解するのに時間が節約出来ることも少なからずありますし、そもそも米英の(一流)経済誌は日本の市井の実情を知りませんし分かろうともしません。

答は街にあるのではないか、問題意識を持ちながら歩いていると、いつか賭け事の神様が思いがけない贈り物をしてくれると信じる様になりました。


先日も午後1時半頃に昼食を摂ったのですが、そのうどん屋は別の日の午前11時過ぎの開店直後も混雑していましたので、流行っていると判断して差し支えないと思われるものの、その理由について自分なりの答が出ないで困っています。

強いて言えば「男性客に絞っていること」、つまり「味より分量、そして値段」です。

そんな仮説を脳裡に連ねながら街を歩いています。


但し、換言すれば「街に出る前に、情報は仕込んでおく」ことが大事で、この場合の情報は「理解するための補助線」です。


例えば日経新聞で目を通しておく必要があるのは、所謂「黒枠=死亡欄」、社長の就任記事(ご丁寧にも写真付きで履歴付き)、そして出来れば人事欄です。

いずれも個人情報満載で、読み慣れると結構な量の情報収集が可能です。

最大の利点は客観情報であること、記事に割く空間が限られていますから取捨選択は仕方ないですが、記者や情報発信元等の変な先入観の入る余地はありません。

一度試されては如何でしょうか。


本日(3月26日)のレーティングから。

国内大手D証券、

みずほFG(8411)「2継続」(目標株価150円→180円)

営業活動や顧客サービスの向上より派閥抗争の方が優先順位が高い企業に対する評価は「売り」です。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2012-03-26 22:29
エルピーダ考
これは小誌の謳い文句でもありますが、執筆者より読者の方が優れていると言うのは、時に困ってしまいます。

エルピーダのお蔭で日本のエレクトロニクス産業の馬鹿さ加減が露呈してしまったうえに、銀行が貸してくれないので資金繰りに窮して倒産したとあっては、面子丸潰れです。

それにしても韓国と言うのは不思議な国で、財閥が世界の最先端を失踪しているかと思えば、他ならぬその財閥が欧州系金融機関から貸し剥がしを受け、それを邦銀が肩代わりするという構図になっています。

それから2011年末時点の家計負債は邦貨換算65兆円、ウォンでは前年比7.8%増を記録しています。

財閥も威張れたものではなく、起債は外貨通貨建てが原則、しかも主流は3ヶ月物です。

加えてハイテク市況がこれだけ世界規模で悪化しているのですから、よくぞ持ちこたえているなと言うのが率直な感想です。


今の韓国からは、「財閥系国民(或いは「財閥内国民)」と「非財閥系国民(財閥外国民)」に分離しつつある印象を受けます。

所謂「韓流」は後者が成り上がるための数少ない梯子の一つではないか、そう思われます。


エルピーダの倒産は、サムスンやハイニックスにとって、必ずしも吉報とは言えません。

稲盛航空、失礼、日本航空も破産して身が軽くなってから漸く墜落が止まりました。

エルピーダも廃業せずに心機一転、債務を整理して反転攻勢に出られれば、借金で苦しむ韓国勢を脅かすことが出来るかも知れません。


3月23日(金)のレーティングから。

胡散臭い外資系三羽烏の一角D証券

ネクソン(3659)「BUY継続」(目標株価1,400円→1,700円)

この会社の背後に存在する組織(集団、団体)の素顔を知っていれば、こんな評価は下せません。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2012-03-24 23:34
暑さ寒さも彼岸までなら
反発局面は3月末まで、今の政府はその無策を糾弾されるのを怖れて、企業業績を少しでも良くするべく様々な手立てを講じているだけの話です。

ならば4月以降はその必要がなくなりますし、新会計年度(4月1日以降)にはもの凄い時限爆弾が待っていますからご心配なく、民主党政権が好むと好まずにかかわらず、大変な事態になると言うのが小誌の読みです。


今日(3月18日)は少し遠出をしましたが、道中に在った筈のユニクロが潰れてなくなっていました。

銀座に進出して好感度を向上させるのに躍起になっていますが、幾ら宣伝しても過去の印象を拭うのは簡単ではなく、Sサイズの女性がLサイズを買っている現状では、やはり先入観の払拭は難しそうです。

海外では安物の印象が定着していないユニクロですが、それは「中間より上」の所得者層が行き来する地区に出店しているからです。


最近は時々、ドルに換算して商品を観る様になりました。

ユニクロのジーンズは2,000円弱、1ドル=80円で計算すると25ドル、これって安いのか高いのか、或いは牛丼一杯250円(=3ドル)はどうなのか、小誌は判断しかねますが、総合的に観て、日本人の購買力が高いのは間違いありません。

今回ユニクロは銀座で、開店記念と称してジーンズを半値(ドル換算12.5ドル)で販売していましたが、おそらく銀座には数万円単位のジーンズを販売している店舗が少なからず存在すると思われます。

つまりそれだけの購買力を有する消費者層が集う街が銀座であり、銀座に出店しても価格に関係なく所得の高い顧客を満足させられる商品を調達する必要があります。

ですからユニクロの出店戦略はいずれ必ず破綻します。


本日(3月19日)のレポートから。

スリーダイアでない方のM証券、

SUMCO(3436)「UNDERPERFORM継続」(目標株価570円→670円)

申し訳ないが、シリコンウェハを含め半導体関連部品は急速に陳腐化して付加価値を失い、汎用品と化しています。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2012-03-19 22:54
無事帰還、大台回復
原因不明の体調不良から、どうやら脱することが出来た模様です。

伏せっている間に日経平均は大台乗せ、図らずも「当たるも八卦、当たらぬも八卦」を地で行く結果となりました。

米国ではアップルの株価があれよあれよと言う間に600ドル近辺に達し、ダウ平均は1万3,000ドルを突破、ナスダック総合指数に至っては3,000ポイントを上回っています。


今の株価は現状を全然反映していません。

国家主導型の流動性相場が定着しつつあります。

ですから、2月の欧州地区新車販売台数が前年同月比で10%減を記録しても誰も気に留めず、日本でも相次ぐ業績見通し下方修正にも無反応、来期(今年4月以降)に対する根拠の無い期待感だけが上げ相場の要因となっています。

兎に角、労資一丸となって政権に対し景気底割れ防止策を声高に叫ぶものですから、円安誘導で誤魔化しているのが現状です。


日経の商品欄を読んでいると、「輸入品の増加」と言った類の表現が散見されます。

切羽詰った各国企業(特に中韓)が日本市場に殴り込みを掛けているのです。

陳腐化、成熟(産業)、或いは汎用品と言った用語が当てはまる業種や企業は、投資対象から外すの賢明です。

それからユニクロ、マツキヨ、吉野家、なか卯、マクドナルドが駄目なのに対し、一部のドラッグストアチェーンは、それこそ涙ぐましいほどの努力をしていまして、若い女子店員が法被を着て看板を持ちながら店外でタイムセールを訴えている姿を見た時は、理屈抜きにこの女の子に幸いあれと念じました。

でも投資対象は「お婆ちゃん関連銘柄」、懐が最も豊かだから。


それにしても、後生に幸福を残せそうにない小誌の世代は、やがてどの様な歴史の指弾を受けるのでしょうか。


本日(3月16日)のレーティングから。

胡散臭い外資系三羽烏の一角D証券、

ソニーフィナンシャル(8729)「BUY継続」(目標株価1,620円右、1,800円)

生保や損保で業績の飛躍が期待出来るとは思えないのですが。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2012-03-16 22:34
このまま引き下がれるか
昨日(3月7日)、と言っても遅配してご迷惑を掛けて入稿が5時間遅れになったのですが、そこで言い忘れたことで大事なことがあったので、小誌にて付言させて頂きます。

「素材と組立てには手を出すな。」

「素材」すなわち「中国でも作ることが出来る低付加価値品」を日本で作っていても太刀打ちできませんし、中国で組み立て可能なものは技術的に汎用品に属します。

つまり安値攻勢を受けて立つ業種の将来は、一部を除いて明るくないと考えるのが順当で、逆に複合炭素繊維などは中国の手に届かないから安泰と言う結論に達します。


それから「一事が万事」、この場合は「一店舗をみれば全部が分かる」、これが意外と真理です。

地域差や店舗を取り巻く環境なんて考えるから、分からなくなるのであって、「定点観測」は一企業一店舗で充分です。

理由は簡単、企業全体が好調なのに其処だけ売行きが悪ければ、会社側は店を畳みますし、業績不振の企業も成績の悪い店舗から切り離していきます。

つまり一定期間存続して、しかも店の流行具合に関係なく存続しているのは、その店舗が「偏差値50」だから、ですからその瞬間の印象や判断が正しいと自信を持って頂きたいです。


ご無沙汰している間に経済より法律に詳しくなってしまった嫌いがあります。

人生、なんでこんなに生きづらいのでしょうか。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2012-03-08 11:15
日銀史上最悪の総裁
歴代日銀総裁の中でもこれ程までに官邸の言いなりになる人物も珍しいです。

追加の量的緩和政策実施との由、為替介入が大好きな現職総理大臣、覆面介入までして迎合する財務大臣、覆面を含めて介入効果が全く現われず、大臣連中の知識と能力の無さだけが表面化したもので、日銀に加勢させようと言う魂胆です。

馬鹿らしいことにドル円は1ドル=78円台に下落、東京市場は最近ずっと、後場になって値を戻していて公的資金の買いが一目瞭然、もっと上手に出来ないものかね。

今は売り抜ける時で買い出身、追撃買いなんかしたら食い殺されるからね、「恐怖の大魔王」に付き従うハイエナと落ち武者狩りに。


ユニクロもマツキヨも閑古鳥、サティも職場の雰囲気の悪さが特に男子正社員の顔に出ている。

あと肉親の付き添いで医者に同行していますが、整形外科系の大型新薬が出れば、これはもう無条件で買いですね。

それから空室率が多過ぎて不動産や賃貸も論外、値上げを強行して数量ベースで5%が輸入品に切り替わった製紙も見送り。

環境測定装置の受注額は増加、但しこれは大震災の影響です。


あと一月足らずで大震災から1年、浮かび上がってきたのは企業業績の悪化です。


本日(2月14日)のレーティングから。

もうすぐ「世界に冠たる」の称号を手にするかも知れないMとS証券、

日本郵船(9101)「EQUALWEIGHT継続」(目標株価240円→260円)

東アジアから北米に向かう荷動きの悪さ、考慮に入れてますか。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2012-02-14 23:25
今日は清算日
今日(2月10日)はSQ、清算値は9,000円台でしたが、終わってみれば9,000円割れ、「8,800~9,000円が天井」と言っていましたので、少々安堵しています。

出来高は連日、20億株を大きく上回っていますが、買い出勤する個人投資家目がけて、外資を含む市場関係者が空売りを浴びせている構図が浮かんできます。

少し前まで15億株が夢のまた夢でしたから、25億株前後に増えれば買い優勢になる筈ですが、目を見張る様な展開になっていません。


この瞬間だけで言えば、日本を含めて世界が強気一色です。

その証拠にギリシャの揉め事など、洋の東西を問わず何処吹く風です。

借金で踊り狂ってた連中に、真面目に働けと言っても無理ですし、誰も見向きもしなくなった時点でギリシャはその運命を知るでしょうが、今年の財政赤字削減目標すら既に達成不可能になりつつある国に、幾ら資金援助しても無駄な話ですが、市場関係者は「暫く」強気一本で攻めるでしょう。


それから混迷の米国共和党大統領選出予備選挙、本命が出てくるのはこれからです。


本日(2月10日)のレーティングから。

国内最大手の座を維持するものの、往時の矜持も気概もないN証券、

ワタミ(7522)「NEUTRAL継続」(目標株価1,700円→1,800円)

居酒屋から介護事業へと華麗なる転進を図るつもりでしょうが、世の中そんなに甘くないです。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2012-02-10 16:21
いきなり復刊
原因不明の体調不良なもので、何時戻るやも知れぬ全快(或いはそれに近い状態)を、息を凝らしながら待っているのが実情です。

ご迷惑をお掛けしました。


僚誌の話で恐縮ですが、フェイスブックの「上場申請」時期はピタリ(?)と当てました。

そして「風が吹けば桶屋が儲かる」ではないですが、三菱UFJ銀行が意外と「買い」かも知れません。

相変わらず「当たるも八卦当たらぬも八卦」ですが。


それから、フェイスブック上場申請報道で米欧市場は沸き立っていますが、東京はやはり蚊帳の外、「日経平均の上限8,800~9,000円」説を覆す意思は毛頭ございません。

最近になって東京市場の出来高が増えていますが、完全な勘違い、高値掴み集団ですので相手にならぬのが賢明です。

表面上、活況を呈し始めたニューヨーク市場と同じ軌跡を描くと考えるお気楽な連中で、その代表格が「丘さん」証券の名物親爺、「日経平均9,100円は固い」らしいですが、多分「難い」の間違いだと思います。


息切れしてはいけないので、今日はここまで、来週から頑張ります。


昨日(2月3日)のレーティングから。

もうすぐ「世界に冠たる」では無くなるかも知れないGとS証券、

ファーストリテイリング(9983)「買い継続」(目標株価1万7,500円→1万8,000円)

時ならぬ寒波で冬物が思いの外良いだけで、客より店員の人数が多い状態は解消されましたが、それでもてんてこ舞いには程遠いです。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2012-02-04 09:37
確かに底堅いけれど
出来高も久しぶりに16.6億株と「大商い」、アジアや欧州市場も活況を呈していますし、僚誌メルマガでも「暫くは堅調」と言っているのですから、思惑通りにことが進む点については不満はないのですが、「此処が買い場か」と言われれば断然「否」、日経平均上限が8,800円と読んでいますので、あまり妙味がないです。


意外と知られていない事実に戦争特需後の経済動向があります。

米国は昨年下半期、イラクから完全撤退し、これに伴い戦争特需は消滅しましたが、特需消滅直後は軍需を上回る民生需要が発生します。

要は復員に伴う民需の高まりが経済を底上げしますが、民間経済はその時点で復員を織り込んでいませんから、復員兵の社会復帰に伴い、「人余り、設備過剰、消費萎縮」が始まります。

ですから戦争終結と戦後不況には少しずれがあるのが普通で、今はまだその端境期にあるため景気悪化が顕在化していません。

ですがもう少しすれば雇用情勢も景況感も悪化することになります。


少なくとも米国市場は一時的に流動性が潤沢ですから、精錬能力を12%削減するアルミ大手アルコアにも買いが入ります。

ただこれは米国の話で、日本とは無関係、藁にも縋りたい欧州は悪材料に対し「観ざる、言わざる、聞かざる」を決め込んでいます。

そろそろ市場も「初夢」から醒めてもおかしくないのですが。


本日(1月10日)のレーティングから。

スリーダイヤでない方のM証券、

商船三井(9104)「BUY継続」(目標株価340円→400円)

中韓の造船会社が2007年に受注した船舶が続々と進水、海運市場は貨物の争奪戦の様相を呈していますから絶対に「売り」。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2012-01-10 22:55
野菜が高い!
まだ正月相場の名残と言うこともあるのでしょうが、葱を除いて野菜も魚も値段が高いです。

安いのはティッシュペーパーと即席ラーメン、製紙各社は年末に強引な値上げに踏み切ったけれど、その反動と言うか「報復」は遠からず三倍返しになって還ってくると思われます。

袋詰めラーメンは成熟市場、安売りの目玉になっても仕方ないのですが、新年早々の安売りは年末在庫が予想より多かったことを物語っているのではないでしょう。


国際株式市場は今日(1月9日、日本は休場)を含めて一時的な「お気楽相場」が続いていますが、東京市場の上値余地は小さく、大甘な評価を与えても日経平均9,000円が天井でしょう。

1月乃至精々2月初頭が今年の天井、大雑把に言ってそれ以降は時間が経過するほど悲惨な状況は悪化します。

それにしても2010年の乗用車新車販売台数実績が420万台、それが2020年には推計で350万台、国内建設業売上高も2011年までの過去15年で半減、40兆円前後にまで落ち込んでいますから、自動車と建築と言う従来の二大用途に依存してきた業種は、其処からの脱皮を図らざるを得ません。

それからハイテク(電子部品、半導体)産業、DRAMやNAND型フラッシュメモリに象徴される様に、陳腐化に伴う価格下落に歯止めがかかりませんので、此処も敬遠。

弱気派の小誌ですので率直に言わせて貰いますが、2012年は一瞬を除いて近寄るべきではありません。

まだまだ出来高が枯れて流動性が低下します。

くれぐれもご注意の程を。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2012-01-09 15:54
買ってはいけない
本日(1月4日)は大発会、海外高を受けて好調な滑り出しですが、日本の場合は出来高が示す通り、持ち上げるには力不足の間は否めません。

しかも日経平均は8,800円から9,000円の価格帯に上値抵抗線があるから、8,550円近辺で買いを入れても妙味がないと思われます。

上向き相場はもう少し続くでしょうが、あまり期待されないように、そういう訳で「買ってはいけない」。


業種別或いは銘柄別で「買ってはいけない」代物を順不同で挙げますと、旧年のタイの大洪水でHDD(ハードディスク駆動装置)の生産及び出荷定期に危機感を持った顧客が、HDDからSSDへの切り替えを図っています。

SSDにはNAND型フラッシュメモリが使用されていますので、日本では東芝が漁夫の利を獲るかも知れませんし、日本電産に代表されるHDD用部品銘柄はこの際、敬遠と思われます。


東京都心の空室率が9%前後の高水準で高止まりしていますから、「建物」、「ビルディング」、「建設」と言った普通名詞が社名に入っている銘柄と、その周辺は完全にアウトです。

それから中国企業が赤字受注に走っている造船と海運も見送り、年末年始に四季報を眺めておられた読者各位もおられるかと拝察しますが、さっさと候補から外しましょう。


本日(1月4日)のレーティングから。

獅子のたてがみが泣いている、BOAの風下に甘んずるMとL証券、

パイオニア(6773)「買い継続」(目標株価400円→450円)

おそらく自己売買部門が玉を抱えているのでしょう、メーカーの判断基準は「売れ筋商品が最低一つあること」、パイオニアがそれに該当するかどうか、言うまでもありますまい。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2012-01-04 11:11
仕込み日和?
東京と上海は今日(1月3日)まで休場、既に動き出している香港とソウル、更に昨日の欧州市場は何が嬉しいのか分りませんが、結構上げ幅が大きいです。

その韓国ですが、鉱工業生産高(11月)が二ヶ月連続で前月実績を下回っていますし、その韓国と中国に出店攻勢をかけるユニクロの国際戦略には首を傾げざるを得ません。

国内に目を向けても、取引時間帯が拡大されたにもかかわらず出来高は減る一方、年末は10億株の攻防戦でした。

国際市場で意外な粘り腰をみせているのが金(ゴールド)と原油、株式市場に引っ張られたと言えばそれまでですが、ご本尊の米国市場のお出ましは現地時間今日です。

その米国市場、暫時、個人的感覚では1月半ば近辺まで堅調に推移する様に思われます。

理由は色々ありますが、一時的にニューヨークに集まっているからです。


本日、今年初の買出しに出かけましたが、大安売りしていたドラッグストアも思ったほど混んでなくて、早く開けた所は空振りだった印象を受けます。

それから、これは年末の話ですが、偶然通りがかった吉野家が満員で腰を抜かしそうになりました。

年末の一時的現象なのか、業績好転の兆しなのかは判断しかねています。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2012-01-03 15:49
いきなり本題
欧州市場は明日2日から、米国市場は明後日3日が仕事始めです。


昨日は大晦日、その前日が大納会でした。

去年(2011年)の通信簿は次の通り。


日経平均:8,450円(29年ぶりの安値だそうだが、バブル前の水準に戻った)
予想PER:15倍
EPS:@565円(当初見通し ~震災織り込み済み~ @650円)

ユーロドル:1ユーロ=1.3ドル割れ(四捨五入で1.3ドル)
ドル円:76.9円(大発会は下がると思われます)
ユーロ円:100円割れ(まだまだユーロ安は続きます)


本当に新年早々から大荒れになるかも知れません。

それにしても出来高が少ないです、乱高下は覚悟せねばなりません。


サムスン電子が系列会社サムスン電機と折半出資で設立したサムスンLEDを完全子会社化、要するに「電機」から「LED」株を買い取った訳ですが、グループ内で何をややこしいことを訝しく思うのは小誌だけではないとでしょう。

来年4月に買い取り(吸収合併)するとしているが、おそらく買い取り資金は振込み済みと考えられます。

あくまで推測ですが、真相は「電機」が越年資金の確保が出来ず、仕方なく親会社の「電子」が資金補給のために買い取ることにしたのだと思われます。

今回の完全子会社化は、経営戦略としては益する部分が見えづらいですから。


新年初笑い。

胡散臭い外資系三羽烏のD証券、米国株について「予想PERが13倍だから極めて割安」と発言、米国株の予想PERは10倍で考えるのが常識です。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2012-01-01 17:03
ベタ記事が面白い
今日(12月27日)の日経夕刊に、(国内)企業向けサービス価格指数(11月)が低下したとの日銀発表に関する記事が載っていましたが、その中で理由として「海外経済の減速」が明記、しかもご丁寧に運輸関係(この場合はほぼイコール「海運」)が主犯との旨の表現が記されていました。

今の日本の最大交易国は中国、次いで米国、端的に言えば「日本→中国→米国」の販売経路が先細りしていることを意味しています。

当然ながら海運(関連)銘柄は「売り」なのですが、見逃せないのは物流がこの調子では、今年の米欧の年末商戦は惨敗に近いと言うこと、にもかかわらず年明けはもっと需要が落ち込む気配があることです。

ですから外需関連銘柄はおしなべて見送り、それから基本的に今の株価でも割高との認識が必要です。


米国からは雇用情勢の改善と物価上昇率の沈静化が伝わってきますが、これも遅くとも来年の春には変調をきたし始めると言うのが小誌見解ですので、国内企業の業績は思いの外上向きません。

それから中国が国家挙げての「構造不況業種」に邁進していますので、世界にデフレ圧力を拡散させます。

そして中国の余剰生産設備は、概ね欧州のそれよりも生産性が高い(設備が新品に近いから)ですから、欧州は中国との生存競争に敗れることになります。


本日(12月27日)のレーティングから。

「世界に冠たる」まであと一息、MとS証券、

イオンクレジットサービス(8570)「EQUALWEIGHT継続」(目標株価1,110円→1,250円)

胴元のイオンが苦戦しているのですから、月賦の子会社の業績と株価が上向くことはないと思われます。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-12-28 00:49
野村證券
一部の心無い人物(達)が「野村證券破綻」の噂を流している模様ですが、過日の大阪市長選での橋下候補(当時)に対する一部週刊誌(現市長の言葉を借りれば「馬鹿新調」、「馬鹿文秋」、ついでに勝手ながら付けさせて貰いますと「馬鹿郵便ポスト」や「馬鹿ヒュンダイ」)の、橋下氏に対する誹謗中傷は、「媒体の世界の住人は金の為なら何でもやる」ことを自ら立証して余りありました。

少なくとも個人情報を含めて、本人は他ならぬ大阪市に住んでいるのですから、直接の出所は市職労、広く言えば官公労で、要は国家と地方を問わず公務員は年柄年中、個人情報を覗いて悦に入っていることを教えてくれましたから、「公務員を友人にするな、役所は敵」と看做すのが、遠からず常識となりましょう。


今回も「黒幕」がいるかどうかは別にして、報道媒体の連中は「金に汚く頭が悪い、それでいて意外と情報に疎い」ですから、こうなると「公務員、媒体関係者、証券会社を初めとする金融機関の住民とは距離を置け」が今年最大の教訓となりますが、兎に角、思い通りに動いてくれたとか、動く手間が省けたとほくそ笑んでいる連中がいても不思議ではありません。


野村證券を強いて分類すれば旧大和銀行系ですが、往時の野村は国内で突出した存在ですので銀行と距離を置いて一線を画すだけの実力を誇っていました。

ところでバブル崩壊以降の金融界を「銀行証券戦争」の観点から考察した場合、両者とも血まみれになりながらも銀行が証券を取り込む過程とも言えます。

破綻した山一は兎も角、大和証券は元来から住友と昵懇で、「日航(誠心誠意)証券」はその名の通り、当時の日本興業銀行の使いっ走りで、それが嫌だから三菱に鞍替えしたのですが、新参者扱いに頭にきて三菱財閥には後足で砂をかけるようにしてシティバンクと提携、そのシティが左前になったのをみた住友財閥が傘下に収めたと言うのが真相です。

大和証券としては住友の遣り口に不満なのは当然ですが、日本興業銀行から三菱と渡り歩いたことは、後者についてはほぼ全て、前者についても少なからぬ部分で主幹事証券会社を、件の誠心誠意証券は務めていた訳で、住友にすれば大和との関係を軋ませてでも欲しい「宝の山」だったのです。


ですからかつての四大証券の内、二社が住友系に、一社が消滅、残るは最大手の野村でしかもこれまでの独自路線が仇となって有力な後ろ盾がありません。

住友は既に抱え込み過ぎて不協和音を奏でているのですから野村獲得の意思なし、みずほは営業より派閥抗争が大事な会社で、人事権争奪戦に明け暮れている企業に明日はありませんし、明日を考える余裕もありませんから、そもそも企業戦略そのもののない金融機関です。

とすると有力財閥でありながら証券部門が脆弱なのは三菱財閥と言う結論になり、旧誠心誠意証券が主幹事証券としていまだに食い込んでいる現状を打破するためにも、その受け皿が必要です。

ですから三菱にとって野村は垂涎の的、痩せても枯れても最大手の老舗ですから有形無形の価値があり、しかも主幹事証券としての受け皿になります。

ならば今後も野村證券の株価は下落を続け、その間に三菱はりそな(旧大和銀行)と話を付ける、手打ちがなった時点で株価最安値更新、そこでTOBでしょうね。


胡散臭い外資系三羽烏の一角D証券、

サイバーエージェント(4751)「HOLD継続」(目標株価26.5万円→29.4万円)

先日取り上げたミクシィ(2121)を益出しに使っている企業は余り感心出来ません。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-12-26 12:06
年始が面白い
今週(12月26日~)の米欧市場は「クリスマス二日酔い相場」ですから事実上の開店休業、来年は門松の取れないうちからジェットコースター気分が味わえる、それが本誌の見立てです。

強材料は新年も米国市場が堅調なこと、経済が底堅いからと言うのが表向きの理由ですが、本音は別の所にあり、しかも遅くとも春には景気が厳冬に逆戻りです。

新年は余程、鞘取りに自信のある向きでないと手出ししてはいけない相場になるかも知れません。


前も触れていたらご海容を賜り度ですが、ユニクロの製品の着心地の悪さは市井のご婦人にも浸透しているみたいで、本来Sサイズの女性はLサイズを買い、MサイズならばXLを選んで漸く締め付けられる感触から解放されるらしいです。

Lサイズの体格が多い男性の場合はもっと悲惨で、窮屈なのを我慢して買うにしても、XLの取り合いになります。

むしろ売行きが好調なのは高級品らしく、理由は何にせよ意外と金回りが良い状態にあります、それもあと少しですけど。


個人的は来年は「大勝負の前の年」と理解しています。

ですから主力部隊は温存し、先発隊で相場の雰囲気を実感する程度で構わないと考えています。

その戦術が正しいかどうか、来年のクリスマスに分ります。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-12-25 11:32
クリスマスかぁ。
彼女がいないクリスマスはもう慣れっこを通り越してその意識すらなかったですが、来年の今頃は「1年前は良かったなあ」と誰もが、伴侶や恋人、愛人がいようがいまいが、そう呟いているかも知れません。

おそらく来年の世界経済は大混乱に陥ると思われます、それも「お屠蘇気分が抜けないうちから」。


一年を通じてつくづく感じ入ったことは、「人間とは、特に市場関係者は、他人を蹴落としても利潤を追求する連中である」と言うこと、そして「その為には手段を選ばない」と言うことです。

来年はそれが国家の存亡をかけた形になります。


もうすぐ大納会ですので、国内外の市場の年末年始の日程はご確認願います。

月曜日(12月26日)はクリスマスのみに認められた「振り替え休日」、クリスマスの翌日は二日酔いやら寝不足で仕事にならんと言うのが本音ですが、振替休日は原則として認めない米欧で例外的に認められているのは、それだけ大事と言う認識が定着しているからです。

12月30日と1月3日は、東京市場は確実に休場ですが、海外は間違いなく平常営業日です。


それから、これを機に保有銘柄や投資対象企業の監査法人が変更されていないか調べるのも有益です。

監査法人があんまり出鱈目で上場企業監査資格を剥奪された監査法人もありますし、逆に「甘いから」業績の良くない上場企業が近づく公認会計士事務所もあります。

記事を読む限り、顧客上場企業が増えた中で怪しいのは「あらた」と「仰星」、減った方で胡散臭いのが「創研合同」です。

監査法人の変更は企業のホームページで確認出来ますから、その理由が辻褄の合うものなのか、表面を取り繕っているのかを探り当てるのかも、投資家に求められる力量の一つです。


12月22日のレーティングから。

「世界に冠たる」GとS証券、

ミクシィ(2121)「売り→中立格上げ」(目標株価21.3万円→21.5万円)

ご乱心ですな、SNSの世界ではフェイスブックと言う「化け物」がいるでしょう、他ならぬGとSさんが主幹事の。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-12-25 01:13
開店休業
年内は膠着状態が続くでしょうが、小売業だけは思いの外元気です。

勿論、ここでも優勝劣敗の法則は貫徹されますから、ユニクロとかイオンとかは落下していきますが、百貨店系の売上が悪くない様子です。

震災なり洪水なり、大災害は特需を生みます。

その特需に見合う資金需要を満たすため、金融経済から実体経済に資金が流れていきます。

これが、意外に経済は底堅いのに株価はさっぱりの一因です。


それにしても米欧の歳末商戦は悲惨ですね。

「流通在庫の消化に時間を要している」と言うことは、製造元まで発注が届いていないことになります。

やはり「企業の資金繰り」の観点からも、年明けが怖いです。

特に日本は年末年始に纏めて休暇を取得しますが、海外にその様な風習は存在しません。

ご関心のある海外市場の日程は必ずご確認下さい、それから「年越しの株は持たねえ」を合言葉になさるべきと考えます。


本日(12月16日)のレポートから。

「世界に冠たる」GとS証券、

博報堂(2433)「中立継続」(目標株価4,300円→4,600円)

最早広告代理店が相場の主役になる時代ではありません。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-12-17 00:20
ふらつき高止まり相場
年内は高止まり(これでも弱気派の小誌に言わせれば「高止まり」です)か緩やかな右肩上がりと言う私見、乱高下気味が気になりますが、まずは当たらずとも遠からずでしょうか。

来年は新年早々から地獄の釜が開きますが、それでも世界からみれば日本は天国です。


災難続きの今年の日本、年末恒例の清水寺の生臭坊主が「1年を象徴する文字」として大書したのが「絆」、ありきたり過ぎて木魚並みの脳味噌を露呈させていますが、小誌に言わせれば「試」です。

東日本大震災と原発事故、そしてタイの洪水と、日本は無数の「試練」に見舞われましたが、驕り昂ぶる東京電力は天の試験に見事落第、半官半民が如何に役立たずかを教えてくれました。

いずれの災いも想定外は有り得ないことを教訓として残してくれましたし、古人の教えは決して疎かに出来ないことを、例えば街道が水浸しにならないギリギリの線を結ぶ様に設置されていたり、言い伝えが命を救ったりした例は枚挙に暇がありません。


新年(2012年)は東京株式市場が試される年、「想定外」が現実になる年と考えます。


小誌は今、モスクワ(ロシア)と上海(中国)の株価指数に注目しています、勿論、対ドルルーブル並びに人民元市場も。


米ソ冷戦をご存知の年代なら、今の現実は有り得ないですし、終戦直後を知る方々からすれば、今ですらバブルであり高度経済成長です。


本日(12月13日)のレーティングから。

スリーダイヤでない方のM証券、

太陽誘電(6976)「NEUTRAL継続」(目標株価500円→600円)

コンデンサーは等分出番無しです。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
# by ichiyou_tour | 2011-12-13 23:23

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30