以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
街中に答はある
寺山修二風に言えば(もっとも、一冊も読んだことはないですが)、「情報を捨てよ、街へ出よ」でして、テレビに限らずインターネットに至るまで、情報は入手するまでに加工され、取捨選択されています、多くの場合は無意識の内に。

英語の原文を読んだ方が、余程分かり易いし結果的に正しく理解するのに時間が節約出来ることも少なからずありますし、そもそも米英の(一流)経済誌は日本の市井の実情を知りませんし分かろうともしません。

答は街にあるのではないか、問題意識を持ちながら歩いていると、いつか賭け事の神様が思いがけない贈り物をしてくれると信じる様になりました。


先日も午後1時半頃に昼食を摂ったのですが、そのうどん屋は別の日の午前11時過ぎの開店直後も混雑していましたので、流行っていると判断して差し支えないと思われるものの、その理由について自分なりの答が出ないで困っています。

強いて言えば「男性客に絞っていること」、つまり「味より分量、そして値段」です。

そんな仮説を脳裡に連ねながら街を歩いています。


但し、換言すれば「街に出る前に、情報は仕込んでおく」ことが大事で、この場合の情報は「理解するための補助線」です。


例えば日経新聞で目を通しておく必要があるのは、所謂「黒枠=死亡欄」、社長の就任記事(ご丁寧にも写真付きで履歴付き)、そして出来れば人事欄です。

いずれも個人情報満載で、読み慣れると結構な量の情報収集が可能です。

最大の利点は客観情報であること、記事に割く空間が限られていますから取捨選択は仕方ないですが、記者や情報発信元等の変な先入観の入る余地はありません。

一度試されては如何でしょうか。


本日(3月26日)のレーティングから。

国内大手D証券、

みずほFG(8411)「2継続」(目標株価150円→180円)

営業活動や顧客サービスの向上より派閥抗争の方が優先順位が高い企業に対する評価は「売り」です。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2012-03-26 22:29
エルピーダ考
これは小誌の謳い文句でもありますが、執筆者より読者の方が優れていると言うのは、時に困ってしまいます。

エルピーダのお蔭で日本のエレクトロニクス産業の馬鹿さ加減が露呈してしまったうえに、銀行が貸してくれないので資金繰りに窮して倒産したとあっては、面子丸潰れです。

それにしても韓国と言うのは不思議な国で、財閥が世界の最先端を失踪しているかと思えば、他ならぬその財閥が欧州系金融機関から貸し剥がしを受け、それを邦銀が肩代わりするという構図になっています。

それから2011年末時点の家計負債は邦貨換算65兆円、ウォンでは前年比7.8%増を記録しています。

財閥も威張れたものではなく、起債は外貨通貨建てが原則、しかも主流は3ヶ月物です。

加えてハイテク市況がこれだけ世界規模で悪化しているのですから、よくぞ持ちこたえているなと言うのが率直な感想です。


今の韓国からは、「財閥系国民(或いは「財閥内国民)」と「非財閥系国民(財閥外国民)」に分離しつつある印象を受けます。

所謂「韓流」は後者が成り上がるための数少ない梯子の一つではないか、そう思われます。


エルピーダの倒産は、サムスンやハイニックスにとって、必ずしも吉報とは言えません。

稲盛航空、失礼、日本航空も破産して身が軽くなってから漸く墜落が止まりました。

エルピーダも廃業せずに心機一転、債務を整理して反転攻勢に出られれば、借金で苦しむ韓国勢を脅かすことが出来るかも知れません。


3月23日(金)のレーティングから。

胡散臭い外資系三羽烏の一角D証券

ネクソン(3659)「BUY継続」(目標株価1,400円→1,700円)

この会社の背後に存在する組織(集団、団体)の素顔を知っていれば、こんな評価は下せません。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2012-03-24 23:34
暑さ寒さも彼岸までなら
反発局面は3月末まで、今の政府はその無策を糾弾されるのを怖れて、企業業績を少しでも良くするべく様々な手立てを講じているだけの話です。

ならば4月以降はその必要がなくなりますし、新会計年度(4月1日以降)にはもの凄い時限爆弾が待っていますからご心配なく、民主党政権が好むと好まずにかかわらず、大変な事態になると言うのが小誌の読みです。


今日(3月18日)は少し遠出をしましたが、道中に在った筈のユニクロが潰れてなくなっていました。

銀座に進出して好感度を向上させるのに躍起になっていますが、幾ら宣伝しても過去の印象を拭うのは簡単ではなく、Sサイズの女性がLサイズを買っている現状では、やはり先入観の払拭は難しそうです。

海外では安物の印象が定着していないユニクロですが、それは「中間より上」の所得者層が行き来する地区に出店しているからです。


最近は時々、ドルに換算して商品を観る様になりました。

ユニクロのジーンズは2,000円弱、1ドル=80円で計算すると25ドル、これって安いのか高いのか、或いは牛丼一杯250円(=3ドル)はどうなのか、小誌は判断しかねますが、総合的に観て、日本人の購買力が高いのは間違いありません。

今回ユニクロは銀座で、開店記念と称してジーンズを半値(ドル換算12.5ドル)で販売していましたが、おそらく銀座には数万円単位のジーンズを販売している店舗が少なからず存在すると思われます。

つまりそれだけの購買力を有する消費者層が集う街が銀座であり、銀座に出店しても価格に関係なく所得の高い顧客を満足させられる商品を調達する必要があります。

ですからユニクロの出店戦略はいずれ必ず破綻します。


本日(3月19日)のレポートから。

スリーダイアでない方のM証券、

SUMCO(3436)「UNDERPERFORM継続」(目標株価570円→670円)

申し訳ないが、シリコンウェハを含め半導体関連部品は急速に陳腐化して付加価値を失い、汎用品と化しています。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2012-03-19 22:54
無事帰還、大台回復
原因不明の体調不良から、どうやら脱することが出来た模様です。

伏せっている間に日経平均は大台乗せ、図らずも「当たるも八卦、当たらぬも八卦」を地で行く結果となりました。

米国ではアップルの株価があれよあれよと言う間に600ドル近辺に達し、ダウ平均は1万3,000ドルを突破、ナスダック総合指数に至っては3,000ポイントを上回っています。


今の株価は現状を全然反映していません。

国家主導型の流動性相場が定着しつつあります。

ですから、2月の欧州地区新車販売台数が前年同月比で10%減を記録しても誰も気に留めず、日本でも相次ぐ業績見通し下方修正にも無反応、来期(今年4月以降)に対する根拠の無い期待感だけが上げ相場の要因となっています。

兎に角、労資一丸となって政権に対し景気底割れ防止策を声高に叫ぶものですから、円安誘導で誤魔化しているのが現状です。


日経の商品欄を読んでいると、「輸入品の増加」と言った類の表現が散見されます。

切羽詰った各国企業(特に中韓)が日本市場に殴り込みを掛けているのです。

陳腐化、成熟(産業)、或いは汎用品と言った用語が当てはまる業種や企業は、投資対象から外すの賢明です。

それからユニクロ、マツキヨ、吉野家、なか卯、マクドナルドが駄目なのに対し、一部のドラッグストアチェーンは、それこそ涙ぐましいほどの努力をしていまして、若い女子店員が法被を着て看板を持ちながら店外でタイムセールを訴えている姿を見た時は、理屈抜きにこの女の子に幸いあれと念じました。

でも投資対象は「お婆ちゃん関連銘柄」、懐が最も豊かだから。


それにしても、後生に幸福を残せそうにない小誌の世代は、やがてどの様な歴史の指弾を受けるのでしょうか。


本日(3月16日)のレーティングから。

胡散臭い外資系三羽烏の一角D証券、

ソニーフィナンシャル(8729)「BUY継続」(目標株価1,620円右、1,800円)

生保や損保で業績の飛躍が期待出来るとは思えないのですが。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2012-03-16 22:34
このまま引き下がれるか
昨日(3月7日)、と言っても遅配してご迷惑を掛けて入稿が5時間遅れになったのですが、そこで言い忘れたことで大事なことがあったので、小誌にて付言させて頂きます。

「素材と組立てには手を出すな。」

「素材」すなわち「中国でも作ることが出来る低付加価値品」を日本で作っていても太刀打ちできませんし、中国で組み立て可能なものは技術的に汎用品に属します。

つまり安値攻勢を受けて立つ業種の将来は、一部を除いて明るくないと考えるのが順当で、逆に複合炭素繊維などは中国の手に届かないから安泰と言う結論に達します。


それから「一事が万事」、この場合は「一店舗をみれば全部が分かる」、これが意外と真理です。

地域差や店舗を取り巻く環境なんて考えるから、分からなくなるのであって、「定点観測」は一企業一店舗で充分です。

理由は簡単、企業全体が好調なのに其処だけ売行きが悪ければ、会社側は店を畳みますし、業績不振の企業も成績の悪い店舗から切り離していきます。

つまり一定期間存続して、しかも店の流行具合に関係なく存続しているのは、その店舗が「偏差値50」だから、ですからその瞬間の印象や判断が正しいと自信を持って頂きたいです。


ご無沙汰している間に経済より法律に詳しくなってしまった嫌いがあります。

人生、なんでこんなに生きづらいのでしょうか。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2012-03-08 11:15

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31