以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
嵐ではなく地殻変動
ドル円相場が1ドル=75円台に一時突入したとの由、我が国にとってこの上ない慶事です。

貿易収支を観れば一目瞭然ですが、日本は既に所謂「加工貿易」の域を脱し、貿易収支の項目が経常収支全体の黒字化に貢献しています。

誰も真似出来ない高付加価値製品(部品)は日本、原材料の調達と組み立ては中国、消費地は米国と言う「棲み分け」が出来ていますので、残りの部分、欧州と韓国は居所が無くなりつつあります。


その欧州市場、今回はフランスが標的の様ですが、金融当局者の鬼の如き形相が目に浮かびます。

おそらく公的機関を総動員して買い支えたのでしょう、主要株価指数CACは5,000ポイントを一時割り込みながらも前日終値近辺で引けています。

これからの欧州は力量に沿った相応の地位が与えられるでしょう。

ヒューレット・パッカードがパソコン部門を売却、パソコン本体を売っていても儲けに繋がらないことを教えてくれる経営判断でした。

それはすなわち、周辺機器を含むパソコン搭載半導体及び電子部品の販売不振、価格下落が顕著になりつつあり、現にDRAMはスポット価格が0.7ドル、完全な採算割れです。

今後国内外の株式市場が如何に推移しようと、ハイテク銘柄は「既に死んで」います。


本日(8月19日)のレポートから。

あくまで相対評価ですが、GとS商権の判断は意外と「当たらずとも遠からず」で、無茶にも程があると言いたくなる格付けは思いの他少ないです、個人的印象ですけど。

胡散臭い外資系三羽烏の一角D証券、

パイオニア(6773)「BUY継続」(目標株価530円→505円)

いまだに買い推奨とは、ではお尋ねしますが、パイオニアのコマーシャル、最近増えましたか。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-08-20 01:29
総崩れか
日経平均の下げがどうもきついと思ったら、日本時間8月18日午後11時20分現在、ニューヨーク市場ダウ平均は450ドル前後の大幅下落、諸説飛び交っていますが理由を考える暇があるのなら手仕舞いした方が宜しいかと思います。

事の発端はモルガン・スタンレーが経済見通しを下方修正したためらしいですが、兎に角、全てがベタ降り状態で、例外は為替市場で円とスイス・フラン、そして金先物市場は完全に仕手化しています。

先日の独仏会談が不調に終わったのも下落に拍車を掛けていると言われていますが、欧州から何か飛び込んでくれば市場は混乱、と言いますかむしろ欧州各国が欧州そのものを制御出来なくなりつつあります。

欧州の貧乏ぶりは予想以上に酷く、スペインでは選手の給料を遅配するサッカー倶楽部が続出、間もなく迎える開幕戦から2週間に亘って選手がストライキを敢行するそうです。

サッカーを初めとするスポーツは庶民の不平不満の捌け口、所謂「ガス抜き」の場ですから、その装置が故障すれば貧困層の動向が怪しくなります。

英国では既に暴動で一部開幕戦が延期されていますし(この種の報道で日本人が行ってはいけない「ガラの悪い場所」が分ります)、早晩欧州中央部も怪しくなります。

欧州関連株、断固売りです。


本日(8月18日)のレーティングから。

「世界に冠たる」点では異論はありませんが、小誌とは全く反りが合わないGとS証券、

日本電産(6594)「買い継続」(目標株価8,600円→8,300円)

目標株価を下げて取り繕っていますが、HDD(ハードディスク駆動装置)がNAND型フラッシュメモリに競り負けている以上、HDD用部品メーカーの将来は明るくありません。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-08-18 23:49
暗雲
アジア市場は概ね小康状態でしたが、どうも欧州市場には暗雲が垂れ込めそうで何となく嫌な雰囲気です。

独仏首脳会談が特段の成果を生まなかったことがその理由で、独仏両国を以ってしても欧州が抱える問題を解決出来ない状況になっています。

そもそもこの両国がリビア問題を巡って関係が相当険悪化していますから、纏まる話も纏まりません。

日本時間今日(8月17日夜)と明日(18日夜)に発表される、全米生産者物価指数(PPI)と同消費者指数(CPI)が、再び混迷の口火を切るのではないかと言うのが小誌見解です。

日本株は見送りが正解、日経平均も遠からず9,000円が支持線から抵抗線に変貌するでしょう。


本日(8月17日)のレーティングから。

「誠心誠意」は何処へ行った、SとMとBとC「日航」証券、

ファーストリテイリング(9983)「2継続」(目標株価1万4,400円→1万6,500円)

現場をみて作成した調査票でないことは歴然としています。

もう少し職務に誠実であるべきではないでしょうか、アナリストと呼ばれる自称専門家各位。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-08-17 17:30
今度はドイツ
欧州から悪材料が出なければ米欧市場は安泰、悪い話が飛び込んでくれば動揺、東京市場は我が道を行くと言うか瀕死の爺さんの心拍数の如く反応がありません。

と言う訳で、昨日(現地時間8月15日)は欧州が静かだったうえにグーグルによるモトローラ買収の話題で特にニューヨーク市場は一本調子で上昇、翌日の東京は小幅高、その後ドイツから悪材料が飛び出してきて今日(同8月16日)の欧州市場はベタ降りです。

こんな場合の投資手法の一つとして、弱気市場なら前日のシカゴ日経平均の終値を上値に、逆であればそれを下値にみて売買するやり方もあり、殊に出来高が少ない時は意外と効果があります、あくまで「当たるも八卦、当たらぬも八卦」ですが。


少々大胆なことを言いますと、リビア戦争がカダフィ政権側にとって不利に傾きつつある今、欧州銘柄を買うのは愚の骨頂です。

カダフィ大佐のお家芸はテロ攻撃で、戦況我に利あらずと悟ったら最後、仏伊に対して無差別テロを仕掛けるのは必定、そんな狂犬と戦っている国々と繋がりが深い企業の株なんて買えません。

リビアを含めたイスラム教国に対する米欧の仕打ちを、特に欧州在住の無数のイスラム教徒が如何なる思いで眺めているか、イスラム教スンニ派の盟主サウジアラビアがどの様な感情を抱いているのか、「ただでは済まない」が考えるのが順当でしょう。


本日(8月16日)のレーティングから。

国内最大手ながらその矜持も覚悟もないN証券、

オリエンタルランド(4661)「NEUTRAL継続」(目標株価7,500円→7,400円)

福島が本格的に収束するまで風評被害を想定する必要があります。

目標株価を100円だけ下げたのはせめてもの罪滅ぼしでしょうか。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-08-16 22:47
日記ではありませんが
ただ今、日本時間8月13日土曜日午前1時ちょうどです。

ニューヨーク市場はご機嫌そのもの、それをみて欧州市場や南米市場も安定しています。

ドル円は76円台、どこぞの島国の能無し財務大臣が場違いな為替介入をやってくれたお蔭で、米欧から叱られて身動きが取れません。

下げが顕著なのが金(ゴールド)、用済みとばかりに現地時間8月11日から釣瓶落とし状態です。


ハイエナ、そして落ち武者狩りを自認されている読者各位へ。

焦ることはまったくありません。

海外が「ご機嫌」なのは、たまたま欧州で地雷が破裂していないからで、その名も「格付け地雷」と言います。

これが炸裂すると再び欧州発世界同時株安が再燃します。

そして日本株に復元力が皆無なのは、昨日(8月12日)がSQ清算日にもかかわらず出来高は20億株、水増し分を5億株とすると真水は15億株、完全に相場は枯れ切っています。

日経平均が大崩れした時は出来高も30億株に達しましたが、その時点で仕込んだ投資家は後々死ぬほど後悔することになるでしょう。


昨日(8月12日)のレーティングから。

いずれ「世界に冠たる」の称号を得るか、JとPとM証券、

新日本製鐵(5401)「OVERWEIGHT継続」(目標株価320円→330円)

既に中国と韓国の製品が大量に流入しつつあります、もの凄い安価で。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-08-13 01:31
乱高下
日本も海外も乱高下が当たり前の状況になりつつあります。

本日(8月9日)の東京市場、一時は400円以上下がりましたが、菅直人(敬称略)より自分が賢いと勘違いしている(マイナス無限大同士は比較不可)、財務大臣を称する野田暴による、公的資金を使った買い支えで150円安まで日経平均は戻しました。

一方、ニューヨーク市場は急反発、おそらく現地時間今日(8月9日)開催のFOMC(連邦公開市場委員会)に期待してのことでしょうが、多分期待外れに終わりますから、持っているお方がいらっしゃればそれまでに売り抜けた方が賢明でしょう。

日本人は専ら国内市場と米国市場しかみないから鳥瞰的発想が出来ない場合がありますが、実は東京やニューヨークの下落率はまだ小さい方です。

今回の世界同時株安で、下げ幅が遥かに大きい市場は数多く存在します。

ここからは消耗戦、各国の本当の自力が試されます。

飛ぶ鳥落とす勢いだった市場ほど危ういものです。


本日(8月9日)のレポートから。

胡散臭い外資系三羽烏の一角D証券、

田辺三菱製薬(4508)「BUY継続」(目標株価2,100円→2,200円)

元をたどればミドリ十字、今もなんやかんやと問題を抱えている企業です。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-08-09 23:40
萎縮する欧州
お久しぶりですなんて呑気なことを言ってられないほど荒れまくる国際株式市場ですが、外的要因を考慮の対象から外したとしても、今の日経平均は割高と判断せざるを得ません。

と言う訳で今回はテクニカル分析をします。

平成22年度(同23年3月末)の、東証一部上場企業のEPS(1株当たり純利益)実績は@550円、大震災が無ければ@600円前後に達していたと思われますが、問題は翌平成23年度の予想EPS市場平均値で、現段階では@650円の水準にあります。

震災の影響はむしろ今年度(=平成23年度)の方が大きいと思われますので、希望的観測を加えても前年度比横這いが精々でしょう。

とすると今年度も@550円が上限、PER(株価収益率)の上限を20倍とすると

@550円 × 20倍 =1万1,000円

で、1万円の大台に乗せると頭打ちになる理由はここにあります。


では当面の底はと言えば、PERを12倍に設定して試算すると、

@550円 × 12倍 = 6,600円

この辺りで踏み止まれば上出来と言えます。


シュペングラーではありませんが、今進行しているのは「欧州の没落」であり、EU(欧州連合)解体、ユーロ圏分裂(=ユーロの廃貨)の一過程に過ぎません。

終わってみれば欧州が縮んでいたと言うのが小誌の見方で、勝者は米国資本、超大国が世界を制する最終局面でもあり、「超大国米国の終焉」とか「ドルの没落」を言う輩は間抜けと断じて差し支えありません。

そして日本市場についてはこう申し上げたい。


「ハイエナよ、落武者狩り達よ、夜明けは近いぞ」


リーマン・ショックも大震災も比較にならない死屍累々の市場が遠からず出現すると思われます。


昨日(8月8日)のレーティングから。

兎に角、社名を簡略化して下さい、MとUとFとJとMとS証券、

日本航空ビルディング(9706)「NEUTRAL→OUTPERFORM格上げ」(目標株価1,030円→1,250円)

旧運輸省(現国土交通省)の天下り会社に未来は無いと思います。

次の政権に求められるものは不要なな既得権益集団の解体です。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-08-09 00:42

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧