以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
<   2011年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧
男(韓国)は辛いよ
サムスンの減益決算発表に続き、LG傘下ハイテク企業や、ハイニックスでも業績悪化が表面化、ハイテク立国が韓国の国是ですから、それが総崩れになったら何の取り柄もなくなってしまいます。

サムスンを例に取りますと、主な事業分野は「液晶パネル」、「テレビ、家電」、「通信、携帯電話」、それに「半導体」分野で、駄目なのは「テレビ、家電」そして「液晶パネル」、「通信、携帯」はまずまずですがグーグルから特許侵害で訴えられていますから楽観出来ませんし、「半導体」はDRAMからNAND型フラッシュメモリへの、完成品で言えば携帯電話からスマートフォンへの移行の過渡期にあり、またパソコンもスマートフォンへの収斂または小型化で、DRAM需要が根本的に減っています。

困ったことにDRAMは量産型、フラッシュメモリは少量多品種型製品ですから、量産型生産設備を持っているサムスンにとってはフラッシュメモリは旨みがありませんし、メモリ需要は数量ベースでDRAMより遥かに小規模ですので痛し痒しなのです。

そして「泣きっ面に蜂」と申しますが、ウォンが対ドルで急伸していますから、周囲を取り巻く環境は益々悪化しつつあります。

一部に「躍進する韓国」と持ち上げる輩がいますが、「金融界の住民は上から下まで平気で嘘をつく」と言う鉄則を知っていれば、騙されることはありません。

先日の補欠選挙等で、韓国与党が惨敗したのも、この種の財閥にも不景気が浸透しつつあり、最早「輸出」、「国内設備投資」の両面で国民を宥める余力がなくなりつつあることの表れと言えます。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-04-30 16:17
まさかねぇ
別の場所で先週土曜日(4月23日号)に、バーナンキ(FRB連邦準備制度理事会)議長が「量的緩和政策撤廃後の量的緩和工作」を実施する可能性がある旨、私見を陳べさせて貰いましたが、意見はそれなりに根拠と信念を持って記していますが、まさかこれが正解とは、少々複雑な思いです。

それなら、米国における「株高、市況商品高」は理解出来ます、ドル安ですから。

日本も「一時的には」株高に向かうかも知れませんが、仮にそうとしても円高が折に触れて障害となりますので、米国ほどの勢いでは騰がりません。


今日(4月29日)は東京市場だけお休み、他国の現実を確認する良い機会です。

対ドルで上昇街道を驀進しているのがユーロ(欧州)とウォン(韓国)で、この調子で行けば両者とも必ず国際競争から敗退することになり、意図的か結果的かは兎も角、バーナンキは両国を絞め殺していることになります。

先日の補欠選挙等で韓国の与党が惨敗したのは、それだけ国家経済が国民にとって苦痛だからで、欧州は弱小国の連鎖的デフォルト(債務不履行宣言)が起きても不思議でない状況下にあります。

換言すれば株価も為替も割高、割高の次に来るのは割安、つまり修正局面と言う名の急勾配下り坂です。


休日の今日はレポートなしと言うことで。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-04-29 22:33
怒涛のお詫び
午後5時頃と言っていたのに、実際にはメルマガ発行が午後10時になってしまい、この場をお借りしてお詫び申し上げます。


何でだか知りませんが日経平均は120円余りも反発、1ドル=82円近辺の為替水準で買いを入れる度胸は、小誌にはございません。

「あかん」直人総理率いる現政権は、その実施自体の成否は兎も角として、唯一成功しているのが株価維持政策で、要は日銀に強いて金融市場に大量の資金放出を継続実施しているのです。

と言って原発チョンボで日本滞在の外国人が大勢逃げ出したくらいですから、「ヒト、モノ」そして「カネ」が国外流出しているのも確かです。

この綱引きですから所謂「ボックス圏での推移」となりますが、いずれどちらが正しいかは分かります、多少時間はかかりますが。


今仮に、最も「高利回り」は金融商品はと尋ねられたら、躊躇わず「日本の長期国債」と答えます、当然ですが「当たるも八卦、当たらぬも八卦」です。

「高利回り」は無いだろうと言う「お小言」を頂戴するかも知れませんが、利息に加え値上がり益が大いに期待出来ますので、厳密には「利回り」と言う用語の定義から外れますが、「ボックス圏での推移」より安全かつ値上がり益も大きいと思われます。


本日(4月27日)のレポートから。

スリーダイアでない方のM証券、

ソニー(6758)「OUTPERFORM継続」(目標株価3,500円→3,200円)

後出しジャンケンは素人でも出来ますし、これだけの不祥事にもかかわらず「OUTPERFORM継続」は恐れ入ります。

下手をすれば数千万人単位の口座番号を含む個人情報を漏洩させてしまった企業ですよ、集団訴訟を起されて賠償金を払うとして、目標株価引き下げは10%未満ですか、失礼ながらどうしても正気に思えないのですが間違っていますか。


因みに4月25日時点で外資系MとL証券が同社の目標株価小幅引き下げ、「この証券会社はソニーに通じているかも知れない」とメモしましょう、情報の集積が勝利をもたらします。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-04-27 23:17
お知らせです
本日(4月27日)発行の予定のメルマガは、午後6時頃の発行となりますので、お含み置き頂ければ幸いです。

尚、小誌の入稿は今晩を予定しています。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-04-27 13:30
死んだ様な市場
10円安で15億株を割り込む出来高、これが東京市場の現実です。

出来高の65%を占める外資が及び腰だから出来高が減り続ける訳でして、いずれ相場は転げると言うのが相変わらずの持論です、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」ですが。


市況商品高は(特にメルマガで)何ヶ月も前から予測し、賢い方は先物で勝負して有卦に入っているかも知れない程、ここに来て金(ゴールド)の騰がりっぷりが凄まじいです。(尚、小誌を含めて先物や信用取引は一切推奨していませんので、ご留意賜りたく)

原油価格も上向き傾向ですが、勾配が全然違います。

これから世界規模で流動性は低下しますが(東京市場はその先駆けです)、その少なからぬ部分が金相場に向か、消える前の蝋燭の炎の如く、最後の輝きを発しています。

全然責任は持ちませんが、金ETFでもう少しは遊べるかも知れません、くれぐれも自己責任でお願いします。


ユーロドル相場が節目の1ユーロ=1.44ドルを突破し、1.45ドル台に突入しました。

次の節目はユーロ最高値実績の1ユーロ=1.6ドル、6月末に向けてユーロ高に拍車が掛かりますが、その頃には競争力を無くしたユーロ圏が参っているでしょう。


本日(4月25日)のレポートから。

国内最大手ながら、その気概も矜持も失ったN証券、

ヤフー(4689)「NEUTRAL→BUY格上げ」(目標株価3万6,500円→3万9,000円)

グーグルやツウィッターに喰われっぱなしなのに、目標株価を引き上げる理由が分かりません。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-04-25 16:44
薄商い、そして円高
東京市場は今までとは打って変わって出来高が20億株を割り込む薄商い、日経平均は9,700円をうかがう水準に至りましたが、其処に立ち塞がる感じで円高が進行し、日本時間4月21日午後10時現在で1ドル=81円台に突入しました。

いずれは「円安+株安」になると思いますが、まだ国家そのものが不安定な折、瞬間的に思わぬ方向に進むのは已むを得ません。

今の為替相場は円高と言うより、「円の供給量を上回るドルの市場への放出量」がなせる業、つまりドル全面安です。

それで最も買われているのがユーロ、それにしてもプロは度胸がありますね、最も経済基盤が脆弱なユーロを買い進めるのですから。


海外に目を向けますと、外資の引き揚げが噂される国の株式市場ほど活況を呈していると言う、ある意味皮肉な状況が出現しています。

具体的にはソウル(韓国)、ムンバイ(インド)、モスクワ(ロシア)ですが、共通点は上述の外資流出、対ドルでの自国通貨高、そして経済活動と連動性の無い株高です。

要は、外資が高値で売り抜け、その資金を海外に逃がしつつあり、その際に現地通貨高の方が沢山のドルに換金できますから好都合です。


しかし早ければ5月の連休明けには、上り調子も息切れしますので(日本を含めて)、ご注意の程を。


本日(4月21日)のレーティングから。

そうか、この企業は両社の不良資産処理装置だったのか、(MとUとFとJ)と(MとS)証券、

ヤマハ発動機(7272)「NEUTRAL継続」(目標株価1,230円→1,300円)

今の時点でさしたる材料もないのに目標価格を引き上げる感覚が理解出来ません。

それから、モルガン・スタンレーが三菱UFJ銀行から役員受け入れ、蜜月です。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-04-21 22:25
フィンランド・ショック
日本人は全く無関心でしたが、現地時間昨日(4月17日)投開票されたフィンランド総選挙の結果は、米欧各国に深刻な衝撃を与えた模様です。

EU(欧州連合)の小国フィンランドの政治動向が何故、国際社会を揺るがすのか、「反EU、反移民」を掲げる極右政党が大躍進を遂げたからで、同国の有権者は「何で怠け者の面倒をみなければならないのか」と、EUの存在意義に疑問を呈しているのです。

フィンランドのEU加盟は、中道右派政党と保守政党が構成する政権が推進した経緯があり、野党の社会民主党(中道左派)はこれに対して懐疑的な立場を採り続けてきました。

従来のフィンランドの政治は上記の三勢力の合従連衡で成り立っていたのですが、EU加盟南欧諸国の財政危機と、それに対する資金拠出国の不満が今回の総選挙で炸裂した訳で、「ギリシャやポルトガルなんてみたことも行ったこともない、そんな怠惰な国々の尻拭いを課せられることに納得がいかない」と明言したにも等しいです。

つまりEUは「たかる側」と「たかられる側」に分裂しつつあり、前者が概ね南欧、後者はドイツとその周辺の北欧です。

小国とは言え20%近い得票率を得た反EU政党が出現したと言うことは、欧州の北半分には同水準の反EU有権者が存在するとみて差し支えなく、しかも同国はユーロ圏に属していますので、ユーロ圏離脱も辞さないとの意思表示なのです。

お蔭で今開いた米欧株式市場(現地時間4月18日)は総崩れ状態、アイルランドの格下げの話どころではなくなっています。

そして大災害よりも小国の総選挙の方が衝撃が大きいらしく、ドル円は再び円高に、明日(19日)の市況は、日銀の「剛腕」を以ってしても止められないでしょう。


本日(4月18日)のレーティングから。

「世界に冠たる」GとS証券、

ソフトバンク(9884)「中立→売り格下げ」(目標株価2,950円→3,700円)

世界に冠たる証券がソニーとソフトバンクをいじる時は、必ず何か企んでいますが、それにしても無茶苦茶な目標株価を設定したものです。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-04-18 23:28
儲けているのは証券会社だけ
昨日(現地時間4月14日)のニューヨーク市場での、公的資金の買いっぷりは凄かったです。

略称UI=全米新規失業保険申請件数が久々に40万件越えを記録、出だしは直滑降でしたが、終わってみれば小幅高で100ドル安から見事に生還しました。


今日(4月15日)の東京市場は、特に大きな公的機関の買い支えはなし、日経平均の週末終値を比較しますと、

1万690円→1万250円(3月11日震災発生日)→9,540円→9,710円→9,590円(4月15日)

震災で卓袱台が引っくり返った状態から、冷静さを取り戻したのも束の間、ここから息切れが顕わになってきます。

災害等が業績に与える影響は、暫くすれば企業が公表しますし、大雑把な所は企業HPを開けばその内容から概算出来ますが、証券会社も機関投資家も個人もそれをしようとしません、不思議なことに。

その場の雰囲気に呑まれて売買するものですから、得をするのは証券会社だけです。

震災の影響は前回の「阪神」の時と同様、忘れた頃に本格化します。

前回は日本売りと呼ばれた円売りですが、今回も中期的には1ドル=120円程度を覚悟しておくことが必要と思われます。

短期的には「株安+円安」で変わりなし。


本日(4月15日)のレポートより。

胡散臭い外資系三羽烏の一角CとSとFとB証券、

Jフロントリテイリング(3086)「NEUTRAL継続」(目標株価360円→320円)

贅沢に慣れている人間にとって「自粛」は苦痛ですから、いずれ客足は通常通りに戻ります。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-04-15 22:22
円高も円安も悪材料
本題に入る前に、

GSの子飼いCとG(決してGROUPの頭文字ではありません)証券、最近「誠心誠意」でなくなった所、

ファーストリテイリング(9983)「3M→2M格上げ」(目標株価8,900円→1万2,000円」

「依頼格付け」の対象から外されたので、慌ててねじ込んで体裁上は「依頼」されたことにしたのでしょうか。

ここの目標株価引き上げ幅が最も太っ腹です。

言わずもがなですが、読者各位に於かれてはくれぐれも格付けの「本質」に留意されます様に。


円高も円安も全て悪材料と解釈する、昨今の東京市場です。

余震の度に円高に振れ、原発関連で一報があると円安に傾き、何もなければ日経平均はずぶずぶと言う感じで落ち込みます。

チェルノブイリ級のチョンボをした国に投資する酔狂な人達も少ないでしょうが。


あの「がんばろう、日本」の連呼、政府の責任放棄にしか聞こえないのですが、兎に角、世界の原子力業界が日本の対応に怒っているのは確かで、日本も勿論痛手ですが、「日本に負けない品質」を謳い文句にしていた競争相手も、「日本であれじゃあ、余計に信頼出来ない」と言われて困っています。

ただ、日本の隠忍自重の期間は長くて半年、再び立ち上がった時の日本は強いですが、株価が現実を織り込むのはもっと先です。

不謹慎を承知が申し上げますと、戦争と災害は良い物も悪い物も全て分け隔てなく一掃します。

再開発問題とか移転問題とか、道路整備問題然り、懸案が全て解消してしまいます。(福島の原発は例外)


話変わって、二時間ほど前から開いているニューヨーク市場の下げっぷり、大したものです。


本日(4月12日)のレポートから。

スリーダイアでない方のM証券、

エルピーダメモリ(6665)「UNDERPERFORM→NEUTRAL格上げ」(目標株価820円→1,200円)

携帯電話からスマートフォンへの移行により、部品の主流もDRAMからNAND型フラッシュメモリに移りつつあります。

構造不況業種です、DRAM業界は。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-04-13 00:14
落日の韓国
日本じゃなくて韓国です。

震災にも襲われていないのに、鉱工業生産(2月)は2.3%減、対して生産者物価指数(PPI)は前年同期比7.4%上昇、消費者物価指数(CPI)も4.7%の伸びを記録、一方でサムスンの発表によれば今年第1四半期(1-3月期)業績見通しは34%の営業減益。

サムスン電子と言う企業は不思議な体質を有する会社で、売上と営業損益だけを前面に押し出して、肝心の純損益(最終損益)はその実績だけを遠慮がちに公表します。

それは兎も角、韓国経済は今、ちょっとしたスタグフレーション(景気後退局面での物価高)に陥っていまして、国民経済を考慮に入れれば利上げをせざるを得ませんが、現状では市場が「利上げ=自国通貨高」と解釈しますので、「ウォン高ドル安」が進行し、他方ドルは対円で強含んでいますので、韓国企業は日本企業に対して国際競争力を失いつつあります。

しかも、この瞬間にも日本企業は操業を再開していますので、交易条件(=為替相場)が好転した状況下で立ち上がることになります。


第一次世界大戦中、日本は空前の好景気に沸き、無数の成金を輩出しました。

しかし大戦が終わると戦後不況に見舞われるのですが、何のことはない、列強すなわち経済大国が戦いに明け暮れ、正常な経済活動を営めない限りにおいて日本製品は国際競争力を有したのです。

ですから寄り強力な国際競争力を有する列強が復帰すると、たちまち日本製品は駆逐されてしまいました。


結論から言えば今の韓国は当時に日本の立場にあります。

それと戦争であれ震災であれ、当事者は復興に向けて遮二無二働きますから、食い扶持を確保出来れば良い、企業の観点からすれば被災拠点の生産活動は「限界利益」で考えることになり、それ以前に比べて非常に強靭となります。

今後の日本の「反転攻勢」が世界の脅威となりかねません。


本日(4月11日)のレーティングから。

スリーダイアでない方のM証券、

三菱電機(6503)「NEUTRAL継続」(目標株価1,050円→900円)

発電所向け変電設備大手の評価を引き下げることは、少なくとも現時点では稚拙と思います。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-04-11 22:44



検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧