以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
<   2010年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
震源地は中国
以前にも申し上げましたが、「前日のニューヨーク市場の推移」、「当日の各種オペの有無」、「上海市場が後場に与える影響」で決まるのが、昨今の東京市場の株価動向です。

本日(6月29日)は後場に入って急落、これはひょっとするとと思って上海市場の監視を続けていたら、上海株価指数は結局、4%を超す下落を記録、中国市場に足を引っ張られた一日でした。

中国の株安は既に欧州に伝播していますから、注目はニューヨーク市場、これまでの様に「止め男」になれるかに関心が集まります。

私見を申さば、今回は上海発の流れに米国市場も追随するのではないか、そんな気がします。

サミットが終わっていきなりの上海株安、つまり米中首脳会談の直後に上海市場が崩れたことになり、その因果関係に着目しない方がおかしいです。


それからサミットで「財政赤字半減宣言」が出されましたが、日本だけ例外扱い、別に先進主要各国が日本に対して急に優しくなった訳ではなく、近い将来、海外の資金が安全な日本国債に向かって流れ込むから、それを受け入れるだけの残高は確保して欲しいと言うことです。

1ドル=88円台、円高はこれで終わりますまい。


本日(6月29日)のレーティングから。

胡散臭い外資系三羽烏の一角、CとSとFとB証券、

田辺三菱製薬(4508)「NEUTRAL継続」(目標株価1,200円→1,300円)

新薬のデータを改竄する製薬会社の目標株価を引き上げるのは、世界広しと雖もこの証券会社のみ。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2010-06-29 22:59
あと少しだけ「ぐずぐず相場」
久々に骨休めさせて貰いましたが、何処に行っても韓国人と中国人の団体様だらけ、両国では貧乏な間は「反日」だけど、海外旅行が出来る性格水準に達すると「親日」になるみたいです。

両国の経済的発展が長続きするかどうかは、神のみぞ知るですが、十数年前にはIMF(国際通貨基金)の管理下にあった過去を忘れた様にもみえる韓国については、余り肯定的にはなれません。

中国は中央政府の腹積もり次第、それでなくとも万博特需が消えますから、需給ギャップ(GDPギャップとも言います)がマイナスになるのは確実、経済成長の鈍化、景気の調整局面入りは避けられません。

と言いますか、現実にその方向に向かいつつあるのですが、「目をそむけた物は存在しないのと同義」なのが株式市場ですから、現実に存在しても「無いといえば無い」のです、それが何処まで続けられるかは別として。

もう少し「だらだらジリ安相場」が続くと思われます。


本日(6月28日)のレポートから。

胡散臭い三羽烏の一角、CとSとFとB証券、

国際帝石(1605)「NEUTRAL→OUTPERFORM格上げ」(目標株価80万円→75万円)

本音は勿論、目標株価。

原油価格は下がると判断している訳です、需要の減退を伴いながら。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2010-06-28 22:47
やりやがった
本日は余りに酷いお題を二件。

米国航空機メーカー大手ボーイング社が、次世代旅客機B787(通称ドリームライナー)の試験飛行を一時中断、お蔭で部品を納入する日本企業の株価は軒並み大幅安。

ドリームライナーについては、一度試験飛行に「成功」しただけで、その安全性と完成度については疑問視されていました。

日経は勿論、一般紙ですら予定通りの就航に懐疑的だったにもかかわらず、兜町だけは一回の成功を材料を囃し立ててそれらの銘柄の株価を弄っていました。

再度中断するのが分かっていて、証券会社の自己売買部門や機関投資家は個人投資家を煽っていたことになります。

「証券会社と格付機関と機関投資家は嘘を言う」、これが市場の鉄則です。


みずほFGもえげつないことをします。

先日の株主総会の段階で概要が明らかになっていたとは言え、総会終了後に80億株、最大6,000億円の増資を発表、株主のことは何にも考えていない金融機関です。

来るべき世界同時株安(=世界同時不況)で、経営危機に陥る邦銀があるとすれば、此処です。

そ知らぬ顔をしながら株主総会後に大規模増資を発表した日本航空よりはましと思うのは、危険な考えです。

先に揉めるか、後で揉めるかの違いで、結局市場から見放されて潰れます。

日本航空もそれ以降は増資が出来なくなりました、引き受け手がいなくなったからです。


本日(6月25日)のレーティングから。

胡散臭い外資系三羽烏の一角、UとBとS証券、

ブリヂストン(5108)「BUY継続」(目標株価1,800円→1,900円)

本気ですか、それとも「鳩山銘柄」を仕込み過ぎて、その処分に困っているのですか。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2010-06-25 20:11
やっぱり円高
昨日(6月23日)の今頃は1ドル=90円割れを視野に入れた攻防戦でしたが、現段階では89円台前半にまで円高が進んでいます。

90円割れは織り込んでいた今日の東京市場も、89円を割り込むかどうかの円高は想定していない筈で、明日(6月25日)が怖いと言う結論になります。

ギリシャの経済問題が再燃、まさに問題は底無し沼と化しています。

一方でルーブルが対ドルで急落、ロシア経済の悪化と同国経済を支える原油及び天然ガス市況の低迷を物語っています。

ロシアが動揺すれば、その影響はギリシャの比ではありません。

欧州、特にフランスが確実に「飛んで」しまいます。

菅政権も「飛ぶ」のでしょうか、何が出て来ても不思議でない状況になりつつあります。


本日(6月24日)のレーティングから。

スリーダイアと「世界に冠たる」MSの合弁企業、MとUとFとJとMとS証券(頼むから社名を短くして下さい)、

アドバンテスト(6857)「2継続」(目標株価2,690円→2,230円)

現時点よりもっと下がります、半導体製造装置業界はこれからが恐怖の直滑降。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2010-06-24 21:12
泰山鳴動して何とやら
結局、元の木阿弥。

ドルは円を除いて全面高、株安は相変わらずですが、今日(日本時間6月24日未明、現地時間6月23日)は原油安と金(ゴールド)安が目立ちます。

小誌が唱えるところの「総崩れ相場」も近いのでしょうか。


参議院選挙が終わるまで、日経平均はひたすら下がるのではないか、そんな考えすら頭をよぎります。

政治の混乱は市場の天敵ですが、それが勢力を強め「混迷」に至るのではないでしょうか。

とすれば、7月11日以降も市場はお陀仏と言う結論に達します。


昨日(6月23日)のレポートから。

「世界に冠たる」GとS証券、

コニカミノルタ(4902)「買い継続」(目標株価1,250円→1,310円)

売れ筋商品ありましたっけ、この企業。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2010-06-24 00:58
大外れでした
全て真逆の結果になって、ひたすら「当たるも八卦、当たらぬも八卦」のお守り札を握りしめている次第ですが、では本当に人民元が動意付いたらどうします、現実に1ドル=6.80台を割り込んでいるから、「人民元高=中国経済減速、輸出停滞」との見方が力を得たらどうしますと、内心居直っています。

結局、一番「はしゃいだ」のが香港市場、西に移るにつれて興奮が醒めてきた感じで、ニューヨーク市場も上昇しているのですが、単純かつ素朴に喜んでいる様子には見えません。

金相場は小動き、原油価格は大幅続伸、人民元の切上げで中国国民の購買力が上昇するそうで、その購買力の原動力である筈の輸出への影響は、全く意に介していないらしいです、各地の市場参加者連中は。

その内自然落下する、そして円高も本格化する、その考えに変更なしです。


本日(6月21日)のレポートから。

今も昔も国内最大手ながら、その気概も矜持も失せたN証券、

電通(4324)「2→1格上げ」(目標株価3,000円)

広告収入が今後息を吹き返すのか、最大手の考えることは小誌の手の届かぬ所にあります。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2010-06-22 00:24
中国版パールハーバー
今年に入って中国当局による週末や休暇前の「不意打ち攻撃」が目立ちますが、人民元相場へのより柔軟な対応に言及した今回の発表は、その衝撃度の言う点でこれまでと根本的に異なります。

直接的には上海市場がその直撃を受けますが、敵は本能寺、真の標的は東京市場です。

通常、人民元切上げ観測が流れると、円は対ドルで下落しますが、今回は逆に円高に触れるのではないか、そう考えています。

日経平均は1万円が遠のき、出来高が少ないですから振れ幅が大きくなると予想されます。

少し前のメルマガで動くとすれば中国と言っておきながら、人民元に手を付けるとは、やっぱり中国に限らず大国の要人は頭が良いです。

嗚呼、金は要らぬが脳味噌は欲しい、出来れば両方頂戴出来ぬか、八百万の神々よ。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2010-06-20 23:57
一日天下
15億株の出来高では、大台維持は困難です。

そして先程(日本時間6月17日午後9時30分)発表の全米新規失業保険申請件数(俗に言うUI)がもの凄く悪い数字で、その瞬間から欧州市場は腰折れ(米国市場は同10時30分開場)、反発傾向にあった原油価格も腰折れを通り越して音を立てて骨折しました。

ワールドカップ開催中は市場参加者の数も減りますし、残った参加者も浮き足立っていますので、近視眼的には派手に上下するかも知れませんが、期間を通してみれば意外とボックス圏に留まったりします。

怖いのは7月4日の週以降だと思われます。


大会の予選リーグが終われば、32カ国から半減しますので、この時点で大会への関心度、熱狂度も一気に低下します。

その分、「正気を取り戻す」投資家も世界的に増えますから、この辺りから現実を直視せよとの声が強まります。

ですからサッカー相場は、早ければ6月で終了になります。

それまでに逃げましょう。


本日(6月17日)のレポートから。

胡散臭い外資系三羽烏の一角、UとBとS証券、

任天堂(7974)「NEUTRAL→BUY引き上げ」(目標株価3万1,000円)

陳腐化と言う表現がピッタリなのがこの銘柄です。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2010-06-17 22:03
デジャブー?
ニューヨーク市場の株高、原油高、ゴールド高、かつて見た様な風景ですが、悪材料は見逃してひたすら買い続ける姿勢、東京市場も含めてどうぞご勝手にと申し上げるしかありません。

一時的な熱気に煽られて仕込んでも、「山高ければ谷深し」で、弱気派の本誌としては、この暫時反騰相場はむしろ大歓迎です。

世界的に浮き足立っている今、「大物」の部類に入る市場参加者は限られてきます。

と言うことは、今市場に残っている「大物」参加者の天下と言うこと、誰(或いは何処の組織)かはメルマガで詳説させて頂きました。

大方の市場関係者が復帰する7月には、相場も従来通りの基調に回帰することが予想されます。

それにしても罫線(チャート)でサッカーの世界大会の結果を織り込むことが出来るのかは、私見ながら甚だ疑問です。

市場と言うものは「見たい物だけを見る」性質を持っています。

ですから見ない物は「無かったこと」になります。

キルギスタンでの民族対立、誰も注目しないから、誰も意識の外にあるから、市場にも生活にも全く影響しません。


昨日(6月16日)のメルマガから。

「世界に冠たる」GとS証券、

住友金属鉱山(5713)「買い継続」(目標株価1,500円→1,400円」

金(ゴールド)の狂い咲きはワールドカップ終了までです。

(了)

追伸

メルマガに就いては、左下の「お知らせ欄」をご参照願います。

最大1ヶ月の試読期間がございます。
[PR]
by ichiyou_tour | 2010-06-17 00:49
亭主よ細君と共に買い物へ行け!
投資家(この場合は男性、小誌に女性心理の解説を求めるのは無理です)たるもの、格好付けていないで、2週間に1度で良いから、嫁さんの買い物について行けば良いのです。

その規模は兎も角、小売店は情報の宝庫ですし、例えば買い物カート一つ取っても、全面取替えしをして久しければ、それだけで鉄と塗料は底冷えと理解出来ます。

それから奥さんが専業主婦であれ、兼業(?)主婦であれ、亭主とは仕事で接点が無いのですから、換言すれば異なった情報源を持っています。

情報の宝庫で異なった情報源を持つ者同士が会話するのは、非常に価値ある情報交換です。

加えて奥さんに感謝されます。


それに愛情があるのなら、そうすべきです。

肉親の介護、看病、原状回復支援をしていて思うのだけれど、丈夫な内は体格的にも体力的にも気性面でも男が優りますが、早くポンコツになるのも男性で、男の場合は「ポンコツ=あの世行き」で、だから平均寿命が短いです。

女性は寿命が長い代わりにポンコツになっても強靭な生命維持機能が働きますから、ポンコツ状態が続きます。

女性をポンコツ状態にしない方法、丈夫な限り力仕事と高所作業と虫関連は男がすること、これに尽きます。

男性と女性の最大の違い、後者は前者を無意識にせよ「採点」していますが、採点基準が男性の持つ通念と随分異なっています。

裏を返せば男性はノーガード、女性は猜疑心が強く、その点だけ取れば株式投資に向いているのは明らかに女性です。

でも「及第点」が取れれば、男性にとってこれ程心強い援軍はいません。

身近に貴重な情報源が存在する、その重要性に気付いて頂きたいです。


本日(6月15日)のレポートから。

スリーダイヤとMSが合体した、MとUとFとJとMとS証券、(嗚呼面倒臭い、早く「中抜き」してよ)

王子製紙(3861)「3継続」(目標株価400円→420円)

塗工紙を中心に中国勢に押されっぱなしの国内製紙業者、積極的に買えません。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2010-06-15 21:43



検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧