以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
<   2009年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
お久しぶりです
心身ともにガス欠なもので、勘弁してやって下さい。

遠ざかる意識の中で、浮かんできた言葉は、「まだ買ってるお人好しがいる」。

7,000円台後半が節目(支持線)と考えている向きが多い様ですが、こんなもの節目でも何でもありません。

2月中に「ブチッ」と切れてしまいます。

後は何処が「極底」かの読み合いです、くれぐれもハイエナや追い剥ぎになることを心得て、「狩られる側」に回らぬ様、慎重な対応を期待する次第です。


オバマ政権の4年間、世界情勢は文字通り「グチャグチャ」になります。

そこから最初に立ち上がるのが日本です、少し先の話になりますが。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2009-01-30 23:23
お知らせ(1月26日未明)
御既承の通り、仕事と家庭、それに肉親の原状回復支援の3正面作戦を展開している現状を鑑み、また一部読者から休載中のブログ最下位の声も頂きました点も踏まえ、各ブログの発行曜日を下記の如くと致し度、読者各位に於かれましては格段のご高配を賜れば幸甚でございます。

なお、翌日未明にずれ込む場合もありますし、必要とあれば随時更新致しますので、併せてご了解の程、お願い申し上げます。

中身の薄いものを毎日更新するよりも、内容の濃密さを追求する方を選択した結果とご理解頂ければ幸いです。


「おん爺U」の抱腹絶倒 株式レーティング」:毎週月曜日、水曜日、金曜日の週三回


「現代中国に関する考察」:毎週火曜日、木曜日、土曜日の週三回


「現代の超克」:毎月第一及び第三日曜日


真説「春秋」「論語」及び「孔子」:毎月第二及び第四日曜日


上記適用開始時期は、2月です。

以上、宜しくご理解の程、お願いします。



各誌執筆者
[PR]
by ichiyou_tour | 2009-01-26 01:18
ただ今、日本時間1月22日
午前0時40分過ぎ、ドル円相場は1ドル=88円台に突っ込んでいます。

明日はゴミ出しで早いので、ご一報まで。

脳味噌、ぐにゃぐにゃなんですけれど、何か一段越えた気分です。

今の境遇を神仏に感謝。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2009-01-22 00:47
15億株足らず
この出来高をみて「危ない」と思わなければなりません。

つい先日まで、最高で28億株に達していたのが、今やそのおよそ半分です。

要は証券会社が相場を盛り上げて売り抜けたと言うことです、個人投資家を相手に。


と言って、国内外の証券会社自己売買部門も損を出しています。

特に売買占有率の60%前後を外人勢が占めているのですから、彼らがこの下落局面で百戦百勝かと言えば、嘘でしょう。

ですからここまでの一時的反騰相場は、内外の証券会社による「暗黙の盛り上げ相場」です、それこそ「間違いない」。


年末、即ち2008年10-12月期末を控え、証券業界に身を置く者なら誰でも、「このままでは仕上がり数字が悪すぎる」と考えるでしょう。

次に、読者各位が兜町の人間だとお考え下さい。

自分と同程度の役職の同業他社の人物を(外資も含めて)全て知るのに、どれ位の時間がかかりますか。

証券業界なんて狭い世界です、とすれば業界全体がツーカーの関係になるのにさほど時間がかからない、と言うか常にツーカーの関係にあると考えるのが妥当です。

つまり年末年始の「持ち上げ相場」は、証券会社自己売買部門が少しでも損切り額を減らすための巧妙な演出、「素人筋」への損の付け替えだった訳です。


素人でも以下の様な筋書きは描けます。

1)年末対策としてその少し前から相場を底上げする。(ここで物を言うのが「業界内の暗黙の了解)

2)相場を盛り上げながら現物を損切りしつつ、予め仕込んでおいた信用買い先物を売り捌く。

3)売り抜けた所で現物相場から手を引き、今度は先物、オプションを問わず「信用売り、ヘッジ売り、空売り」を仕込む。


総合すると、「玄人筋」はこの先下がると読んでいることになります。

私見を申さば、失礼ながら「わしゃ知らん」。


本日(1月19日)のレーティングから。

胡散臭い外資系三羽烏の一角、D証券、

三菱UFJ FG(8306) 「Hold継続」(目標株価940円→525円)

別にどんなレポート出そうがご勝手ですが、この銘柄、ここまで何ヶ月、500円台を彷徨っているかご存知ですか。


別の胡散臭い外資系三羽烏、CとSとFとB証券、

田辺三菱製薬(4508) 「Neutral→OP(OUTPERFORM)格上げ」(同1,400円→1,600円)

それこそ業績回復の「特効薬」、ありましたっけ、この製薬会社。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2009-01-19 21:28
書を捨てよ、街に出でよ、ついでにスーパーで定点観測せよ
週末(1月16日)は世界的に反発相場となりましたが、1週間を通しては下落、来週も下げ基調に変化なしと思われます。

そもそも、「日経平均8,000円近辺が買い時」と言う発想が、弊意あえて申し上げれば怖ろしいです。

そんな見方を何処で仕込んだかは存じ上げませんが、その様な入れ知恵を真に受けている暇があれば、近所のスーパーへ行って商品の価格動向を確認した方が余程銘柄選別に効果的です。


まずインスタントラーメン、サッポロ一番シリーズは特売なき限り5袋1パックで399円、日清食品の商品は399円からの退却を余儀なくされているものの、300円台を維持、その他は300円割れ。

小麦は政府買い取り制度で販売価格が期間中は一律ですから、原材料に値動きがあった場合、ブランド力がもろに露見します。

なお、注意すべきは商品が棚に満杯なのか、それとも客がカートに放り込んで陳列に凹凸ができているか、何度みても満杯なら、痩せ我慢している証拠で、たとえ高値でもお客が買った痕跡があれば、それはその価格でも売れると言う証拠です。


次に日用紙製品、絶対にメーカー同士、カルテル組んでいます、断言しても良いです。

でないと中国勢に輸出攻勢で他の種類の神価格が総崩れの中、生活用紙製品だけ値を維持しているなんて説明できませんもの。


ユニクロは行列がなくなりつつあります。

個人的にはユニクロでは絶対に買いません。

普通のLサイズが欲しければXLでなければ寸法が合わないし、おまけに脇の部分に余裕を持たせていないので、体が締め付けられて疲労が著しいです。

消費者は賢明です、懐具合をみながら買います。

ですからユニクロの売行きが好調な時は、多少の不具合には目をつぶって安さを選びます。

と言う訳で、ユニクロの売行きが鈍る時、株価が持ち直す時です。


一昨日(1月16日)のレーティングから。

久々に胡散臭い外資系三羽烏の一角、D証券

大東建託(1878) 「Buy継続」(目標株価5,000円→4,800円)

気は確かですか、最近コマーシャルが減っている印象を受けるのですが、それについてはどうお考えですか。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2009-01-18 01:30
せめて罫線と
為替相場ぐらいは、買いに打って出る直前に確認して下さい、「素人筋」各位。


本日(1月15日)の出来高は21.3億株、日経平均8,000円割れ寸前の水準を「割安」と解釈した個人投資家が多数いることを物語る数字です。

日足は75日移動平均線に撥ね返されて25日線も5日移動平均線も下回り、週足も13週移動平均線を一瞬上回るのが精一杯と言う現実を、「素人筋」各位は何とご説明される。

予想PER(株価収益率)の市場平均は、最新値で16.4倍、決算発表次期を控えた現時点でこの数字なら、絶対に買えないです。

おまけに1ドル=88円台突入ですよ、今買う人は「円高の株高」を(認識しているかどうかは別として)前提にしていることになりますが、少なくとも今、そんな荒唐無稽な前提は怖ろしくて考えられません。

いずれハイエナや追い剥ぎが身近にやってきます。

その時はそいつらの栄養源になってあげて下さい。


本日(1月15日)のレポートから。

珍しく誉めたら早速馬脚を顕した「誠心誠意個人投資家を騙すぞ証券」、

サイバーエージェント(4751) 「新規1S」(目標株価9万円)

FX(為替先物取引)に手を染める企業は、全て裏社会と繋がるインチキ企業。

しかも揃いも揃って一斉にFXに手を出している現実をみると、いずれも懐具合が苦しいことが理解出来ます。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2009-01-15 20:34
顔面蒼白
今(日本時間1月15日未明)の米国市場、心臓に悪いですよ、本当に。

静観を決め込んでいて、本当に良かったと思っています。


話変わって、親会社(シティ)から見捨てられて、吹っ切れたんじゃないかと思われるのが、例の「誠心誠意証券」。

ヤケクソみたいなレポートを続々と出していますが、中身は以前に比べて良い線、行っています。

今の時期に電通を格下げするのは、度胸が要ります、電通もテレビと言う映像媒体と共に沈む運命にありますから、格付けの方向としては正しいのですが、それにしても堕ちたものです、電通も。

この証券会社、最後には元の鞘(=三菱系列)に戻ることになるでしょうが、その時は「誠心誠意」は勿論、「日」も「興」も消されるでしょうね、罰として。


昨日(1月14日)のレポートから。

おそらく近い将来、誠心誠意の受け皿になると思われる、スリーダイアの方のMとUとFとJ証券(吸収合併するのはいいですが、その際にM以外は外して頂きたい、アルファベットを打つのが面倒臭いですから)、

キューピー(2809) 「3→2格上げ」(目標株価1,280円)

不景気になると、人はマヨネーズを舐めたくなるのですか。

化け猫じゃあ、あるまいし。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2009-01-15 02:02
製紙業界
昨日(1月13日)の急落に驚いている様では、相場についていけません、「織り込み済み」と涼しい顔をしていて下さい。

あらためて更新しますが、今回申し上げたいのは、ひょっとしてティッシュやトイレットペーパーの分野でカルテルを組んでいるのではないかと言う疑念です。

小売末端商品総崩れの中にあって、これらだけまだ価格が安定しています。

稼ぎ頭の塗工紙では、中国勢の殴り込みで気息奄々なのに。

紙パルプは当面外したいです。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2009-01-14 01:31
だから祝日は大嫌い
明朝(日本時間1月13日朝)の段階でどうなっているかは分かりませんが、現時点(同1月12日午後10時過ぎ)でドル円相場は1ドル=90円を突破、89円台に突入しています。

海外の日経平均先物も8,700円我寸前の水準、如何なさいますか、「素人筋」各位。

祝日が如何に市場機能を阻害しているか、これでご理解頂けたかと思いますが、大事なのは常に一歩先の相場を読み切る必要があるということ。


勝負事には「即断即決型(慌て者)」と「長考派(臆病者)」がいますが、どちらが正解かと言うと、実はどちらも間違いです。

今回の場合、昨年冬のボーナスが出るや否や株式市場に参戦してきたのが「即断即決型」なら、新年に入って株式口座を開設して資金を市場に投じた方々は「長考派」ですが、これから間違いなく下がる、その下り坂は半端なものではありませんので、どちらも不正解です。


正解は唯一つ、「株式市場に参加するなら、常に市場を眺め、一方で自己研鑽を欠かさず、過去を鏡とすること」、これに尽きます。

慌て者であろうが臆病者であろうが、これをしないから大損した挙句に市場からの退場を命じられます。


ついでながら新米の「素人筋」各位に申し上げますが、貴兄らには先輩がいらっしゃって、日経平均1万2,000円~1万5,000円の水準で買った株式を、いまだ少なからず塩漬けにされています。

これ以上株価が下落すれば、その先輩達が一斉に「諦め売り」を始めます。

その時の衝撃に耐えることが出来ますか、後輩「素人筋」各位殿。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2009-01-12 22:39
私見によれば
旧年の大納会、或いは新年の大発会近辺で、一時的な反発相場は天井を打ったのではないか、そしてこの仮説が正しければ、これからの下げはかなり厳しいものになるのではないか、そういう予感がしてなりません。

悪い予感は当らない方が良いのでしょうが、それを裏付ける状況証拠が揃いつつあります。
(本件、本ブログ左下にあります「お知らせ欄」に掲載しています有料メルマガの1月14日号で詳述する予定です。「まぐまぐプレミアム」のホームページを閲覧頂き、「お試し期間」を上手にご利用頂ければ幸いです)

特に今週(1月12日~)から米国企業の四半期決算発表(10-12月期)があります。

毎回、アルコアがその先鋒を務めるのですが、ひょっとすると「アルコアショック」とも言うべき実績と(2009年度)通期見通しが出てくるかも知れません。

暫くは株式市場から距離を置き、世界主要各国の国債(特に長期債)動向に目を向けているのが正解と思われます。


それにしても、誰が「成人の日」などと言う、下らない祝日を設けたのでしょうか。

日本国の堕落を象徴するような一日ですし、相場が休場すること、すなわち市場において流動性が喪失することほど、市場経済にとって罪悪はありません。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2009-01-12 00:44



検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧