以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
<   2008年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧
大納会
8,860円ですか・・・、逆日歩銘柄が600前後に達し、予想PER市場平均が17.4倍にまで上昇している相場環境で勝負する気は更々ございません。

為替は年末年始の休暇中に90円を突破して80円台に入るやも知れません。


来年(2009年)は「脱石油、脱鉄鋼」の端緒となる一年になりそうな気がします。

石油は需要が後退しているのに、天然ガスを含め大型油田(ガス田)が次々と本格稼動します。

ですから、原油価格はそれこそ「二束三文」になることが予想されます。

ただ、脱石油の動きは止まりません、世界の趨勢がその方向に向かっています。


読者各位には貴重な助言を頂く等、大変お世話になりました。

ですが最もお世話になったのは、例によって誠心誠意証券。(苦笑)

この企業、数年後には「シティ」や「誠心誠意」が消えてしまい、「三菱〇〇証券」になっていると思います。


印象に残っているのは、やはりサムライ債関係です。

振込み日の当日にキャンセルしたシティグループ、日本市場と言う最後の「駆け込み寺」に止めを刺したアイスランド(丸ごと日本の租借地になれば良いのに)。

個人的にも勉強になった1年でした。


お蔭様で24日の退院以降、年齢にしては順調に回復しています。

出来の悪い息子ですが、少しでも負担を軽減すべく、暫くは可能な限り側に居ることにしていますが、時間をもっと上手にやり繰りして、本誌を一層充実させる所存ですので、ご高配の程を。


それから、国内市場が閉まっても、海外市場が開いている時は、いつものことながら当然の如く更新します。


とりあえず、皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げつつ、筆を置かせて頂きます。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-12-30 21:19
看病と原状回復支援が教えてくれたこと
情報収集力、分析力、整理力は常に必要と言うこと、そして株式市場に存在する限り、如何なることも言い訳にならないこと。

心技体の充実は当たり前、勝つためには非情に徹することは贅言を要しないこと。


それでいて、人間として芳醇な部分を有すること。


中東が動き出しましたが、これはまだ序の口です。

くれぐれも年末年始は注意力を切らさないことです、休むのは東京市場だけですから。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-12-29 01:06
正月を挟んで動かない!
こんな時こそ海外市場に注目。

モスクワが狙い撃ちされています。

上海が下がったのは既定路線です。


チャイナボーチー(1412) 「2→3格下げ」

そもそも格付けに値する会社ですか、国内大手D証券さん。

クリスマスにこんな下らない評価分析結果を発表しているから、アイスランドに一杯喰わされるのですよ。


原状回復のために付きっきり状態ですが、東京市場が休んでも、他市場が開いていたら更新します、元旦でも。

9連休の企業や世帯もあるようですが、海外市場で冬将軍が荒れ狂ったら、お屠蘇が拙くなります。

今年はその可能性が大です。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-12-26 01:12
無事退院
ご迷惑をかけました。

でも、今日(クリスマス・イブ)からは寝る時間と本職時間以外は、フルに介護支援態勢に移行、その時間を縫っての書き込みですのでご高配の程を。

一言だけ。


こんな不安定な年末年始の相場に手を出さない、これに尽きます。


本日のレポートから。

今でも日本最大手ですが、かつての面影は皆無のN証券、

王子製紙(3861) 「3→1格上げ」

稼ぎ頭の塗工紙を大減産しているのですが。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-12-25 01:42
ブラック・クリスマス?
昨日(12月22日)の日経平均終値が8,720円、シカゴの日経平均先物(時間外、日本時間12月23日午後6時現在)が8,625円。

アジア市場は休場の日本を除いて軒並み大幅安で引ける一方、欧州は今現在小高い水準にあります。

為替は1ドル=90円前後で原油先物価格は再び40ドル割れ、今日(12月23日)は欧米で重要統計の発表が相次ぎますので、その意味で息が抜けない1日です。


市場が不安定な今、資金を株式市場に投下したまま年越しするのは、かなり危険な行為です。

特に12月30日、31日、それに新年2日は海外の多くの市場が通常通り開いています。

一方で12月24日は半ドン、25日は欧米の大半は休場ですが、日本は通常営業、つまり日本独自の要因に振られやすいのです。

新年を憂いなく迎えられることをお勧め致します。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-12-23 20:48
天皇誕生日
祝日で休場なのは日本だけ、当然ながら海外は全て平常営業です。

昨日(現地時間12月22日)の米国市場は、最後の30分だけ戻しましたが下げて引けました。

この時期になると流石に出来高も減りますし。


キリスト教国は概ね、クリスマス・イブは所謂「半ドン」、25日はぐっすりお休みです。(香港は26日も休みらしいです)

今年は何とか平穏に終わりそうですが、思惑通りに行きますやらどうやら。


夜半に更新します、今はこれまで。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-12-23 09:23
トヨタも形無し
「トヨタが営業赤字」の一報を受けて、何で日経平均が上昇するのか理解に苦しみますが、前場の最初の1時間で大方終値近辺に到達していますから、普通に考えて日銀が市場公開操作を行ったか、公的資金の買いが入ったと推測されます。

ボーナスを原資に株式市場に飛び込んできた皆様、遅くとも来年早々には地獄が待っていますから。

オバマご祝儀相場も考えられなくはないですが、そんな幻想を根拠に虎の子の資金を投資するのは考えものです。


親の入院の際にメールを送ってくださった方々、更新の頻度が少なくとも本誌を見守ってくださった読者各位に、心から感謝を申し上げます。

皆勤賞で看病して分かったことは、これだけ寝たきりで呆けた婆ちゃんが多くては、看護師さんの数も足りないと言うこと、医療関係ではやっぱりニプロとテルモ、それから病院は優勝劣敗の時代に入ったと言うことです。

今回お世話になった病院も、少し前までは「一度入ると生きては出られない」と言われていた時期がありましたが、代替わりして良い方向に向かいつつあります。

要は、細かい所まで気を配る意思があるかどうか、それと本業回帰でしょうね。

それにしても、店舗の1割減を打ち出した誠心誠意個人投資家を騙すぞ証券、何時シティが投げ出すのでしょうか。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-12-22 22:32
24日退院!
皆勤賞で病院に通って看病した甲斐があったというものです。

退院後もリハビリや世話が待っていますが、頻繁に更新したいと考えております。


ポラロイド倒産。

年末から年始にかけて、国内外はこの手の話でもちきりになるかも知れません。


日本で今、体力が最も弱っているのは小売業と不動産業です。

今日(12月21日)たまたま西友に行ったのですが、建物はひびだらけですし、内装も全く変化なし。

ウォルマートは「毎日がお買い得」を売り物にしていましたが、日本では通じなかった様です。


年末商戦は太平洋の両岸で大苦戦。

特に米国の落ち込みは酷いでしょうね。

金融業界を中心に高給取りが次々と首になっていますから。


とすると、洋の東西を問わず、今の相場水準は明らかに「割高」と言う判断に落ち着きます。


ボーナスが支給されたから株式投資を始める、或いは追加投資をする、地獄を見て下さいね。


それから、特に日米欧、それに中国韓国辺りの年末年始の市場の日程は確認しておく必要があります。

日本は30日から明年4日まで連休ですが、キリスト教国はそもそもクリスマスが祝日、元旦は休むけれど大抵は2日から開業です。

看病疲れでそこまで手が回らないのですが、いずれ確認するつもりです。

読者各位にもご確認をお勧めします。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-12-21 19:16
放蕩息子還る
「素人筋」の売買動向なぞは放っておいて、今日(12月18日)はまずこの記事から。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-35468420081216?feedType=RSS&feedName=topNews
三菱UFJ信託銀、日興シティ信託銀を約250億円で買収


日興証券(当時)は本来三菱系でしたから、これで一部なりとも元の鞘に収まることになるのですが、何で当時の日興証券が三菱グループから離脱したかと言うと、当時の最高首脳同志(特に銀行と)の中が険悪だったからと言う、単純な理由です。

いずれ全面的に吸収合併が成立した暁には、誠心誠意個人投資家を騙すぞ証券は同時に、親会社を悉く左前にさせる企業でもありますから、「日興」の名前は消えるでしょうね。


その「親会社の更に上の、雲の上の存在」たるゴールドマン・サックスですが、三洋電機株を130円で譲渡することで合意、取得価格が70円だそうですから、表面上はまずまずの結果と言えますが、はたして本当はどうなのでしょうか。

大株主であるゴールドマン、住友、大和証券3社の内、ゴールドマン以外は早々にパナソニックの修正提案を呑んだ時点で勝負あり、ゴールドマンは完全に蚊帳の外でした。

誠心誠意証券をいずれ三菱に譲れば、傘下のシティは日本での拠点を失いますし、これもゴールドマンの手先のサーベラスも最近は勢いがありません。

今回の件で半ば子分扱いだった住友と大和に叛旗を翻された訳ですから、「ゴールドマン・サックス&シティグループ連合」の退潮が目立ちます。

何時まで「世界に冠たる」の称号を保持し続けられるのでしょうか、GとS証券は。


久々に本日(12月18日)のレポートから。

その世界に冠たるGとS証券、

スターバックス(2712) 「中立継続」(目標株価5.2万円→6万円)

本国では大リストラを余儀なくされている企業、国内でもガラガラですよ。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-12-18 23:30
看病株式講座
お蔭様で少しずつ快方に向かっていますが、齢が齢だけに以前の状態に戻ることが出来るか、退院後の養生次第と言ったところでしょうか。

生んで育ててくれたのに、親孝行らしいこと一つもせずに今に至っていますので、少しでも元気で長生きして貰いたいです。

今時の若い者は(我ながらこの表現に「苦笑」)、どうだか知りませんが、女性にとって男はある意味「最大の保険」ではないか、それから亭主があの世へ言った後に、女性にはもう一度「青春」が訪れるのではないか、女性は女性に薄情な所がありますが、男性特に息子は「刷り込み」次第で結構役に立つのではないかと思う昨今です。


さて男子たるもの、愛しい女性に対して馬鹿になる(或いは騙され続けるほど馬鹿である)のは一向に構いませんが、株式市場での馬鹿は致命的です。

何事にも「直感型」と「長考型」があり、両者に優劣はないと思われますが、ボーナスと言う軍資金が手に入ったと言うだけで、株式投資に手を出すのは単なる「素人派」です。

二ヶ月乃至三ヶ月ずらすと言う発想にならないのが不思議、同じ境遇で同じ思考をしている人物が全国にごまんといる点に気付かないのでしょうか。


罫線派ならずとも、早ければ年内にも相場が崩れることは理解できます。

日足では25日移動平均線上を横這い、週足では典型的なペナントを作りつつありますから、日経平均も、東証株価指数も、主要銘柄も。


そうでなくともこれだけ連日、派遣社員の首切りだの減産だのと言っていますし、各種経済指標をみても株価上昇の要因は皆無、それだも買いが優勢と言うならば、それはまさしく「素人筋」の買いです。


所謂「玉がしこっている」、塩漬け売買代金が溜まっている日経平均価格帯は、まず1万4,000円±1,000円、次が8,000円から9,000円前後だそうです。

「諦め売り」や「投げ売り」が表面化するのは、そんなに遠くないと思います。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-12-16 22:28



検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧