以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
<   2008年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧
渡航完了 三途の川
今日(2月29日)なんて序の口の部類ですよ。次は地獄の一丁目が待っていますから。既に地獄の釜が開いてしまっていることをお忘れなく。

出来高は19.8億株。300円を超える下げにしては多かったとみるべきか、それとも徐々に相場からエネルギーが失せていると解釈すべきでしょうか。

後者に軍配を上げたいです。

日米共に、罫線は典型的な二段天井(ダブルトップ)を形成しつつあります。

特に米国のダウ平均、国内ではTOPIX(東京株価指数)に、その傾向が顕著に表れています。

ほぼ一直線に、直近の最安値を試す展開になることも予想されます。


世の中には「間の悪い」人と言うのが実際にいまして、例えば本日の日経新聞で、取材に答えているUBS証券チーフストラテジストの平川昇二氏も、その例に漏れません。

株価は底入れしたかと言う質問に、「そう考えていいだろう」と、言い切っちゃいました。

しかも、日経平均は年内に1万8,000円も言ってますから、目も当てられません。

その根拠は何とお尋ねしたいです。

因みにこの人物、「NIKKEIなんでもランキング」のストラテジスト部門では8位。その前年も8位。

ですが、ストラテジストって原則、各社一人ですよね。これって「万年低空飛行」と言うことじゃあないのでしょうか。

査定はないのか、UBS。


本日(2月29日)のレポートから。

胡散臭い外資系三羽烏の一角、CとSとFとB証券、

JFE(5411) 「Neutral→OP(OUTPERFORM)格上げ」(目標株価5,450円→5,950円)

絶対有り得ない。完璧な嵌め込み。鋼材価格の値上げを材料視するのは無理。5月に発表される決算まで、よ~く覚えて頂きたいレーティングです。


それと、

これも胡散臭い外資系三羽烏の一翼を担うD証券、

太平洋セメント(5233) 「Hold継続」(同530円→260円)

いきなり目標株価を半分にされて、株主は今更どうせよと言うのですか。

D証券のセメント業界担当者、ランク外。そりゃそうでしょう。(出典:日経ランキング)

(了)

5411 JFE HD CS Neutral→OP格上げ 5450円→5950円
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-02-29 16:37
ワーストワン!
本日(2月28日)は、相場全体が下げ渋ったかどうかより、出来高が久々に20億株を割り込んだ(18.9億株)ことに注目すべきです。

ここまでの反発相場にうっかり乗った挙句、梯子を外されることになりはせぬか、それが心配されるのです。


ここに来て何故、出来高が減ったのかと言いますと、今や売買シェアの6割を占める外人が、取引を手控えたからと言う結論になります。

そんなら、残された個人はどうなるでしょうか。

流動性のある内に逃げ出すのも、立派な投資手法と考えます。


本日(2月26日)のレーティングから。

おそらく、今年の最悪格付け部門賞獲得の最有力候補です。

国内系D証券、

サイバーエージェント(4751) 「3→2格上げ」(目標株価14万7,000円)

この企業、2121(敢えて社名は秘す)を天井近辺(200万円前後、今は120万円程度)で手放して売却益に伴う特別利益を計上した企業ですよね。

二匹目のドジョウを狙っているのは、明々白々です。

目論見通りならば、今回の格付け発表の直前時点から、最終的には2倍程度になる手筈なんでしょうが(目標株価が低いのは、この辺りで何も知らない個人投資家を降りさせるため)、今回だけは、そうは問屋が卸さない。

東北に球団を構える大株主も、上手く売り抜けてやろうと考えているのでしょうが、それは叶わぬ夢でしょう。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-02-28 16:48
我ら愛しきNIKKEI
日経新聞も時々愉快なことをしてくれまして、2月には購読者を対象に「NIKKEIなんでもランキング」(非売品)なる冊子を下さいました。

折角身銭を切って購読しているのに、何が哀しくて2008年2月にもなって、2006年の数字を取り纏めた冊子を貰わなねばならないのかはさておき、見方によっては役に立たなくもありません。

例えば、人気アナリストランキングの「企業アナリスト・総合」部門」をみると、首位がUBS証券(!)の方で、3位は日航シティグループ証券(!!)。

アンケートの類は信用しないのが一番という、至極当然な結論を導き出せますが、注目は10位の渡部貴人氏(ドイツ証券)。

前回は何と138位。音楽業界風に言えば、赤丸急上昇中ってやつです。

それで、この人で138ポイント。各部門から推測するに、1,000社前後を対象に集計したと思われます。

その表では、18位が94ポイントですから、最下位は何ポイントで何位かと考えると、少々「感心」ならぬ「寒心」になってきます。


日経さん、そこまでやるならこれからは、取材したり、系列テレビ局に出演するアナリストの通信簿、テロップで良いから流して下さい。

NとC証券のアナリスト〇〇氏、「ポイントゼロ、論外」って。


本日(2月27日)は日経平均も頑張って14,000円台回復。何時までもつかなぁ、今回の相場。


本日のレポートから。米国系MとL証券、

ソフトバンク(9984) 「売り→中立格上げ」

表面上は快進撃かも知れないけれど、財務的にはとても怖い会社です。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-02-27 17:51
韓国から逃げる日本企業
ソニーは液晶パネル事業でサムスンを斬ってシャープに乗り換えていますし、その前にはデンソーが韓国から撤退でしています。

企業の嗅覚を侮ってはいけません。よく、沈む船から逃げ出す鼠に譬えられますが、悪いのは船を沈ませてしまう船長です。

大企業が逃げると言うことは、関連の中小企業も引き揚げます。

韓国経済、かなり危ないと言うことです。その内、大型倒産が出てくるかも知れないです。


本日(2月26日)は、買い方からすれば嫌な展開でした。

明日で相場の方向性が決まると言い切っても良いんじゃないかなって考えています。

それにしても、出来高は連日20億株を突破しています。過去10営業日に買った人達、ここで梯子を外されたら、どうするんでしょうか。


本日(2月26日)のレーティングから。

胡散臭い外資系三羽烏の一羽、CとSとFとB証券、

日本郵船(9101) 「OP(OUTPERFORM)継続」(目標株価1,060円→1,160円)
商船三井(9104) 「Neutral継続」(目標株価1,480円→1,580円)
川崎汽船(9107) 「OP(OUTPERFORM)継続」(1,320円→1,370円)

東京湾でも横浜港でもいいから、一度実地視察して下さい。その辺りで働いている親父に酒を奢ったら、中国関連のに動き、教えてくれますよ。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-02-26 15:48
あれ?
ひょっとして、上海市場、底割れしましたか。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-02-25 20:03
ここら辺が天井?!
この難儀な相場で奮闘なさっている、読者各位の皆様の、お元気そうなご様子がうかがえて嬉しいです。

最近、「お互いが幸せなのが何より」と考えるようになっています。


日足感覚で言えば「驚きの上げ」なんでしょうが、長くても27日(水)までの相場と踏んでいますから、特に感想はなしと言うのが、正直な心情です。

13週移動平均線をタッチできれば上出来と考えています。

とすると、日経平均で1万4,000円前後でしょうか。


日経タイタニック・・・、もとい日経ヴェリタスって、創刊前なのに、既にホームページがありまして、その右側半ばに、「読者の予想する3ヵ月先の日経平均株価」というアンケート調査のグラフがあって、それによると、5月末頃の日経平均を1万4,000円台と考える回答者が最も多く、37%に達しています(2月25日午後5時現在)。

多分、下2~4%が当たりだと思うんですけれど。


本日(2月25日)のレーティングから。

胡散臭い外資系三羽烏の一角D証券、

松下電器産業(6752) 「Hold継続」(目標株価2,380円→2,500円)

世界の薄型テレビ市場で、プラズマテレビが液晶テレビに苦戦しているのは、D証券さんだけが知らない、周知の事実だと思います。


お次は三羽烏の二羽目、UとBとS証券、
京王電鉄(9008) 「Neutral継続」(目標株価780円→650円)

確か、鉄道利用乗客数が伸びているのは首都圏のみ。京王は中でも優等生。何故、そんなに毛嫌いするのやら。電力価格が理由なら、このレーティングと整合性が取れないです。

東京急行電鉄(9005) 「Sell→Neutral格上げ」(同600円→620円)

(了)

参考資料
http://veritas.nikkei.co.jp/

追伸
「日経タイタニック」でグーグル検索したら、485件ヒットして、その先頭に己の記事が掲載されていたのには赤面。参りました。
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-02-25 17:23
日経ヴェリタス
日本経済新聞社が満を持して刊行する株式情報誌、日経ヴェリタスですが、創刊が3月16日と言うことは、嵐の中の船出になるのではないでしょうか。挙句に処女航海で沈没したりして。


名前の付け方が悪いんですよ。今からでも遅くはないです。改名しましょう。

どんな名前が良いかって?



日経タイタニック



どないでしょうか。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-02-23 16:10
彼岸底?
市場はどうやら、彼岸底では済まない雰囲気になってきました。

ですが、2月の時点から彼岸底を待つくらいの余裕のある、読者の見立ては正解だと、理解させて頂いています。

「投資の神様」のご発言以降、市場は少し持ち直した印象がありますが、現時点で資金を投じて相場を張ってる方々には、一部の例外を除いて、あまり儲かっている実感がないのではないか、勝手ながらそう推測させて貰っています。

そこが底かはどうかはともかく、最低でも彼岸辺りまで、心と懐に余裕を持って市場に臨む、そこであらためて見直しと検討を行なう、このくらいの姿勢で良いのではないでしょうか。


最近よく耳にする言葉に、「信用収縮」という経済用語があります。

要は、貸し出し基準を厳しくすると言うことで、欧米ではこの、信用収縮の嵐が吹いています。

いずれ邦銀も国内で基準の見直しを始めると思われますが、その場合、

大企業(大型株)より中小企業(小型株)

老舗企業(市場)より新興企業(市場)

の方が、その煽りをもろに喰うことが予想されます。

とすると、これからも中小企業や新興企業銘柄ばかりを推奨する輩は、お友達にはなれないという結論になります。


鶏インフルエンザ、奥地ながら中国で発症。引き続きご注意の程を。

(了)

追記
下記メルマガ、ブログも併せてお読み頂ければ幸いです。
有料メルマガ(月間1,050円)ですので、「まぐまぐプレミアム」から入ってください。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくは「プレミアム」のHPにてご確認願います。

「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」(まぐまぐ登録ナンバー:P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」(まぐまぐ登録ナンバー:P0004873)

「書評、論評、問答無用!」 (http://dokkyoan.exblog.jp/)

「現代中国に関する考察」 (http://fourkokint.exblog.jp/)

(広告は土曜日のみ掲載)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-02-23 14:33
峠はすぐそこ
週明けに最後の好機が巡って来るかも知れないですけれど、一瞬の隙も見逃せない相場は、自分も含めた個人投資家には不向きと考えています。

云わば、プロにしか縁のない相場です。騙しあいなら、どうぞご勝手に。


今年1月の貿易収支が赤字に転落しました。

輸出の伸び悩みとエネルギー価格の高騰が原因ですが、貿易収支が悪化すれば、誰でも円安と考えますよね。

それに、日本も含めて物価は世界的にみて上昇基調にあります。

この場合、内外の金利は上がると考えるのが妥当です。

日銀が利上げに踏み切らなければ、インフレを放置することになり、内外の批判を受けることは必定です。ましてや利下げなんて、とんでもない。


つまり、利下げを求めていながら円高が進むと予想している輩は、矛盾していることにすら気付いていないのです。

円安、利上げを念頭において、市場を眺めるべきです。


本日(2月22日)のレポートから。

米国を代表するMとL証券、

サイバーエージェント(4751) 「Overweight継続」(目標株価11万円→14万7,000円)

ミクシィ(2121)株を売り抜けたのが他ならぬサイバー。今回サイバーを売り抜けるのは? 勿論、その大株主。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-02-22 17:39
頂上は近い
思った通りの展開になりつつあります。

昨日(2月20日)は急落、本日(21日)は急反発と、最後の「見せ場」に向かいつつあります。

明日(2月22日)か、来週月曜日(25日)辺りが、頂上ではないでしょうか。

そして、来週(2月25日からの週)は、「あれ、おかしいな」とか「どうも感触が変なんだけど」という推移になることが予想されます。


海外に目を転じると、どうも上海、香港が怪しい動きをしています。

両市場とも、早ければ来週、まず確実に再来週には、ジェットコースター並みの急降下を見せてくれるのではないでしょうか。


本日のレポートから。

別に目の仇にするつもりはないのですが、やはり目立ってしまう個人投資家を誠心誠意騙すぞ証券、

三菱マテリアル(5711) 「1M→2H格下げ」(目標株価750円→550円)

昨日(日本時間本日未明)、金価格が史上最高値を更新。

ここがゴールドの採掘に関わっていることくらい、ご存知ですよね。それにしも、間の悪いこと悪いこと。他人を騙すのは、どうぞご勝手にと言うしかないですが、天に唾するのはみっともないですよ。

(了)

【お知らせ】
メルマガの名称を変更しましたので、下記ご報告申し上げます。変わらぬご愛読の程を。
名称変更以外の詳細については、毎週土曜日の「追記」をご覧願います。

「狙い目はコレ! 株式市場特別レポート」

「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」(まぐまぐ登録ナンバー:P0004864)


「経済英語実戦講座 一流紙を読みこなせ!」

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」(まぐまぐ登録ナンバー:P0004873)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-02-21 15:51