以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
<   2008年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧
毒入り餃子
実は先日、中国製農薬入り冷凍餃子を食べてまして、そのためか、はたまた寒さのためか、少し体調を崩しています。

ですから、本日(1月31日)は簡単にさせて頂きます。


折角ですから、食品関連について一言。

以前にも申し上げましたが、店頭からは中国製の食品が忽然と消えているにもかかわらず、中国からの輸入食品は前年比で30%しか減っていません。

結論から言いますと、惣菜や加工食品に回っています。

「原材料費値上げ」 × 「末端価格は値上げできない」 = 「原材料を中国品に切り替えるしかない」

こういう公式が成り立ちます。


本日(1月31日)のレーティングから。

胡散臭い外資系三羽烏の一角UとBとS証券、

ミクシィ(2121) 「Buy継続」(目標株価125万円→155万円)

完全な売り煽りですね。

一枚めくって素顔を見れば、 驚くどころでは済みませんよ、当該企業。

SとNとSとやらに会員登録することは、自分の個人情報を配って歩く様なもの。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-01-31 20:41
FBIのお出まし
泣く子も黙るFBI(米国連邦捜査局)が遂に登場、内外の金融機関14社を対象に捜査を開始しました。

大西洋の対岸の欧州では、フランスのソシエテ・ジェネラルの不祥事に続き、スイスのUBSがもの凄い特別損失を計上。

余程の例外(此処では教えられません)を除き、株式市場には近寄らないことが賢明と思われます。

特に銀行、保険、証券は、見送り、敬遠が正解と理解しています。


日本時間の明日(1月31日)未明、おそらくFRB(連邦準備制度理事会)から利下げが公表されるでしょうが、引き下げ幅がどうであれ、「知ったら終い」の展開になるでしょう。

それよりも、このままで行けば欧州の株式相場が底割れしますので、それに如何に対処するかが肝要となります。


本日(1月30日)のレポートから。

その前に、昨日、数え切れない程のレポートを公表した、(ええい、実名言っちゃえ)ゴールドマン・サックス証券様へ。

その中に、なんか暗号めいたものを隠しているでしょう。今度は時間かかっても暴きますよ。

とうとう上場廃止になった誠心誠意証券、

新日本製鐵(5401) 「1M継続」(目標株価1,000円→950円)

この感覚が分からないんですよ、ずっと。中国の輸出攻勢(と言うか、赤字覚悟の輸出)で、市況は悪化の一途。この事実をどう説明するのですか。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-01-30 19:36
ソシエテ・ジェネラル
フランス大手銀行ソシエテ・ジェネラルを舞台にした今回の事件で、不正取引総額(ということは、≒損失総額)が、同社の時価総額を上回っていることが判明しました。

監査役までも(ということは、≒役員全員)が、インサイダー取引で己の損を回避しようとしたことも踏まえると、このままでは破綻まっしぐらです。

それが嫌なら資本注入しかありません。

吸収合併も有り得ますが、図体が大きすぎるので、整理してからでないと無理です。

これから、とんでもない物が出てくるのでしょう、多分。


昨日(1月28日)の米国市場は、ブッシュ大統領の一般教書演説に敬意を表した形で反発し、東京市場も連れ高となりました。

米国人は大統領にだけは敬意を払いますので、意外と素直に、「大統領がそこまで言うのなら」という感じで受け取ります。

それから、今でもブッシュ大統領を阿呆扱いする向き(進歩的文化人という輩)がいますが、こと演説に関しては、最近では最も上手い大統領です。

そして、米国民は、演説の立派な大統領を尊敬します。


但し、株価が引き続き持ち直すかというと、これは別問題。

期待しない方が良いと考えています。

スハルトが死んだインドネシアで、暴動が発生せず、逆に平和が訪れるという考えが、初心(うぶ)過ぎるように。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-01-29 21:34
切り札
切り札が登場する時間が、刻々と近づいている気がします。

Sonnakoto

Wakaranai

Fukuzatsu sugiru

ついでに、「禁じ手」もすれば良いのに。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-01-28 23:19
利下げ論者に駁す
中国では、損を抱え込んだ個人投資家の自殺(未遂)が相次いでいるそうです。

証券会社の店頭掲示板を見ていて突然、泡を吹いて倒れた、可哀想なおじいちゃんもいいるらしいです。

もうすぐ、銃かダイナマイトを持った男が、証券会社や銀行に乱入して大騒ぎになります。絶対。


著名人と称する輩が、日銀による利下げを求めて大合唱していて五月蝿いので、今回はこの連中を諭すことにしました。


利下げ論者各位にお尋ねします。

仮にゼロ金利を再開し、ついでに量的緩和政策も復活させたとすると、それでどれだけ日本経済が持ち直し、世界経済にどの程度の貢献するのか、具体的な数字を使ってご説明頂けませんか。

前回同様、政策金利を事実上ゼロ(厳密には0.02%)、市中銀行への預け入れ残高を10兆円として、どれだけの効果があるのですか。

絶対に説明できないです。それこそ、断言して良いです。


そもそも、90年代のバブル経済崩壊で日本が学び、そしてまさに今、住宅バブルが崩壊しつつある米国から得るべき教訓は、「バブル崩壊過程においては、利下げは効果なし」ということではないのですか。


仮に「ゼロ金利量的緩和政策」に復帰したとして、誰が潤うのでしょうか。

この時代を象徴する人物がいます。

ホリエモンです。

泡銭(あぶくぜに)を手にのし上がった人物です。


この時代、市中で余った資金は裏社会に流れ込みました。

そして、いかがわしい企業が新興市場に続々と上昇しました。


結局、利下げ論者はこれを狙っているのです。己も一口、噛んでいるのでしょう。

断言しても良いですが、これら利下げ論者のホームページやブログに、先物取引業者や英会話学校(或いはその両方)の、バナー広告が載っているはずです。

今回の教訓

「著名人≠堅気」


本日(1月28日)のレーティングから。

所謂「政府系投資ファンド」のお世話になっている外資系MとL証券、

亀田製菓(2220) 「買い継続」(目標株価1,900円→2,000円)

亀田さんには申し訳ないが、世界のMLが扱う銘柄じゃないと思います。 国民が急に煎餅を食べ始めるとは思えないですし。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-01-28 15:57
ソニー
その前に、週明け(1月28日)は下げて寄り付きますよ、150円から200円程度。


最近、中東産油国の資金が流れているからという理由で、ソニーを推奨する記事等をみかけますが、記事の内容が事実ならば、その産油国ファンドは、買い下がっているはずです。

産油国のファンド運用担当者が、そこまで馬鹿だとは知らなんだと考えるのは、間違いの元で、そもそも、産油国ファンドの資金なんて、この銘柄に入っていないんですよね。

ゲーム機PSは値下げ後も苦戦、大黒柱の薄型テレビは市場が消耗戦の様相を呈しつつあるため、利鞘が急速に縮小しています。

ですから現状、ソニーにファンド運用者が資金を投じていたとしたら、本当に阿呆です。


それなのに、一部の人々は盛んにソニーを誉める。

理由はもう、お分かりでしょう。

ソニーの業績が、おおよそ見当がついているのです。

見限っているのです。売り抜けたいのです。


結論:
昨年末から今まで、及び今後暫くソニーを推奨している「情報筋」は、全部インチキでしかもグル。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-01-26 12:35
乱高下
日経平均が一日で500円も騰がって、お父さんもビックリと言ったところです。

米国が金融政策(連続大幅利下げ、次回分を含む)、財政政策(目玉は戻し税)、金融機関(モノライン)救済策を、矢継ぎ早に打ち出したことが好感されたようです。

ですが、肝心なのは、これでサブプライムに端を発する不良債権問題が解消するかどうかということ。

勿論、解決しないと思います。


では、その持続期間はと言うと、効果が切れてくるのは案外早いのではないか、そう考えています。


今の相場は、完全な「催促相場」、端的に言って「おねだり相場」です。

追加の支援策が途切れると、暴落を起こしてそれを催促する。絶えず対策を与えてやらないとおねだりをして駄々をこねます。

ですから、根本的に問題が解決されない限り、「早く次のおやつをくれ」と言わんばかりに下げを演じます。

ですが、当局の政策にも限りがあります。

おねだりに応えられなくなったら、どうするのでしょうか。


本日(1月25日)のレポートから。

世界に冠たるGとS証券、

東芝(6502) 「中立継続」(目標株価1,150円→1,050円)

NAND型フラッシュメモリー市況の悪化は、これ以上のものがあります。

それより、 GとS証券様。

一昨年末に、貴社が出したレポートが原因で始まった中国の株バブル、どうやって始末するのですか。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-01-25 21:22
香港とムンバイがねぇ
モノラインって何? っと感じている貴方は正常です。

知ったかぶりする人に限って、分かってないです。

横文字が分かることと、横文字を口にすることと、全く意味が違いますからね。


米国にも、かつての日本における住専(住宅金融専門会社)のような企業があって、その代表例が業界最大手のカントリー・ワイドと言う会社なのですが、今に限らず、金を借りて踏み倒す輩はいます。

そんな債務者が出ると困るので、米国版住専は、踏み倒された場合の保険を掛けます。その保険を販売しているのが、モノラインと呼ばれる企業です。

敢えて訳せば、「米国版住専専門保険機構」という感じでしょうか。


このモノライン、集めた金をどうするのかと言うと、中南米の国債、社債を中心に投下していまして、それらの「証券化」して、また売っているのです。

要するに、「モノラインこけたら、中南米こけた」になります。


今はモノライン救済案が浮上したばかりなので、まだ良いです。

すぐに、「その財源はどこから持ってくるんだ」と言う話になります。

米銀? 金が無いから世界規模で増資しています。

米国政府(各自治体を含む)? 自由主義経済を自ら否定することになります。


答えは何処にあるのか。

ご興味のある方は、

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601087&sid=aSt3V9yQJo6o&refer=home

或いは、

http://www.ft.com/cms/s/0/abe9cdc8-c9e5-11dc-b5dc-000077b07658.html

に目を通されることをお勧めします。

これが「生きた英語」なんて生易しいものではない、「生き馬の目を抜く」、「血で血を洗う」英語です。(最後にメルマガを2件、宣伝させて貰います)


本日(1月24日)のメルマガから。

外資系胡散臭い三羽烏、やってくれます。

まずはD証券、

KDDI(9433) 「新規Buy」(目標株価89万8,000円)

このままで、ソフトバンクの勢いをとめることができるって言うの? そもそも、この業界、消耗戦の段階ですよ。

携帯通信3社の内、なんでソフトバンクだけが値下げできるか、いずれきっちりと教えて差し上げます。D証券様。

次に、UとBとS証券、

千代田化工建設(6366) 「Neutral→Buy格上げ」(同1,700円)

世界的にプラント案件は先送り、棚上げですよ。

最後はご存知CとSとFとB証券、

エルピーダメモリ(6665) 「新規OP(OUTPERFORM)」(同5,000円)

こういう戯言は、海外のDRAMメーカーがどこか潰れてからでも、遅くはないのでしょうか。

(了)

追記

下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。
有料メルマガ(月間1,050円)ですので、「まぐまぐプレミアム」から入ってください。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくは「プレミアム」のHPにてご確認願います。

「狙い目はコレ! 株式市場特別レポート」(まぐまぐ登録ナンバー:P0004864)

「経済英語実戦講座 一流紙を読みこなせ!」(まぐまぐ登録ナンバー:P0004873)

(広告終わり)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-01-24 21:01
効果あり!?
昨夜(1月22日深夜、現地時間では同日早朝)の緊急利下げは、21日の時点で充分に予測できましたが、それがアジア市場で効果を発揮するとは、少々ビックリしました。

当のニューヨーク市場でさえ、結局は下げているのに、香港なんて8%を超える急反発。くわばら、くわばら。


ですが、効果は一時的という結論には変更なしです。

少し戻すかもしれないけど、所詮そこまで。

今日(1月23日)も、25億株を超える出来高が成立していますが、大雑把に言って、売り方の買戻し半分、買い手の難平買い半分って所でしょうか。あくまで大まかな感触ですが。


本日のレーティングから。

世界に冠たる外資系GとS証券、

ソニー(6758) 「買い推奨→中立格下げ」(目標株価5,900円→6,300円)

この証券会社がソニーを触る時は、相場にある顕著な傾向が現れる時。

その他、同証券は今日、ハイテク銘柄を纏めてバッサリ斬ってますから、ご留意の程を。

なお、目標株価の上方修正は、いつも言ってます様に、後々の引き下げの準備。

企業決算の発表は、もう目の前です。

(続く)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-01-23 17:17
落ち着く、焦らない
本日(1月22日)は最後の30分、手を止めて約50銘柄の推移を、目を凝らして見守っていました。

売り方大勝利の様相が濃くなってきたのは、ご存知の通りですが、その前に一言。


買い方の皆さん、もう「詰んでいます」。


ですが、まだ降りるに降りられない方が多いのらしく、出来高は28億株。

人間、こうやって深みにはまって行くのかなぁと、感慨もひとしおです。


頼みの綱は、米国の実効性のある緊急対策の発表、即時実施なのですが、本日の最後の場面を見る限り、売り方はそれは無しと踏んで、躊躇なく攻めている感じです。

少なくとも、どのような対策が盛り込まれても、その場しのぎと理解している感があります。

どうやら、1%程度の緊急利下げや、市場への資金供給程度では、流れを止められない様子です。

とすると、今日で下げ相場は一旦打ち止め、と考えるのは、危険と思われます。


最後の手段? 無いことは無いのですが・・・。


本日(1月22日)のレーティングから。

昔々、旧興銀系2社が合併して出来た、new light証券、

ソニー(6758) 「2→2+格上げ」

液晶テレビ市場は勝者なき消耗戦へ突入、PS3の値下げも不発。どうするのよ、のソニーを「格上げ」?

意味不明。一度、担当者(レポート執筆者)と会いたい。

(了)



(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2008-01-22 19:41