以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ほらね
中国市場が崩壊の第一歩を踏み出しました。

まずはこのあたりで踏ん張るでしょうが、何分、バブルが行き着く所まで行っていますので、いずれ大崩れになります。

つまり、これは序章に過ぎません。


とにかく、暫くは見送りの一手。

今日は証券各社も泡を食ってレポートを出していますが、今回の暴落劇を仕掛けたゴールドマン・サックス(GS)は沈黙。GSが今後出す、ソニーとソフトバンクに関するレポートが、この先の展開を左右します。

GSの動向からは目が離せません。

繰り返します。昔風に言うと、パラダイムが根底から変動しています。

考え方をひっくり返さないと、危ういことになります。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2007-02-28 19:34
奇妙キテレツ
日経平均が下げたにもかかわらず、ソニーとソフトバンクは逆行高。それも半端な上昇率ではありません。


ようやく判明したのですが、今回の相場は、ゴールドマン・サックスが日中を又に掛けて仕組んだ一大キャンペーンだったのです。

ですから、いわば作られた相場です。もう持ちこたえられませんから、ソニー、ソフトバンクをお持ちの方は、早々に売り抜けられたら宜しいかと思います。(最終的なご判断は、ご自分の責任にてお願いします。)

ですから、以下に挙げる本日(2月27日)の国内系M証券の評価、笑っちゃいますよね。

的外れだし、そもそも遅すぎる。GSの戦略が全く読めていない。

KDDI(9433) 「3→1格上げ」(目標株価110万5,000円、以下同)
NTTドコモ(9437) 「3→2格上げ」(25万円)
ソフトバンク(9984) 「3→1格上げ」(目標株価3,480円)

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2007-02-27 15:35
今週で
この先3ヶ月ほどの大勢は決まるんじゃないかと思います。

それにしても、奇妙な相場になっています。

電力、ガス、鉄道といった、いわばディフェンシブ株と、ソフトバンク、ソニーといったいかがわしい銘柄(3月末本決算と来年度の見通しがほぼ間違いなく悪化する企業)が、足並みを揃えて上げています。

それだけ、相場の地合いが悪くなっているということ。

手出しは無用、深追いはせぬことです。

上記銘柄は、完全に割高ですので、修正局面が来れば足早に値を消すものとみられます。


今日はこの辺で。レポートも特に「出物」がないようですので。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2007-02-26 17:09
ここは
買いたいのをじっと我慢。

ですが、我慢しているだけでは体に悪いので、なぜここに来て日経平均が騰がっているのかを考えてみました。


まず、今回の相場の牽引役を業種別でみると、

不動産、鉄鋼、銀行、証券、ノンバンク、含み資産関連(土地を持っている企業)。

共通点は、

時価総額が大きく、出来高も多い。
業績不振が予想される、または来年度の見通しがあまり良くない。
本来は利上げが痛手になるはず。


なぜ上がるのか。

今週はバブルの本場、中国市場が旧正月休暇で休場だった(←投機資金が一時的に日本に流れる)


いつまでこの状況が続くのか。

作られた相場なので、3月初旬、つまり来週一杯までか。


気がつくのが遅れて失礼申し上げましたが、19日の時点でコメント(ご意見)を頂いておりました。

今回の説明が少しでもその回答になっていれば幸いです。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2007-02-23 20:36
日銀
利上げ実施!

予想ドンピシャ!

素直に嬉しいですが、さらにおいしいことに、市場がまだ正しく認識していない。

利上げで損するのは、業績の悪い企業や、借金の多い企業、銀行、ノンバンク(損保)。

なのに、今日の主役はこういった企業(借金だらけの鉄鋼も)。

当分は下落相場。


本日(2月21日付)のレポートから。

まだ足掻いているね、往生際が悪いよ、誠心誠意個人投資家を騙す国内系NC証券さん。

ABCマート(2670) 「2H→1H格上げ」(目標株価2,850円→3,450円)

貴方たちは、蔑みの対象でしかない。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2007-02-21 15:51
戯れ歌
「黒船を 囃して掴む 高値かな」 (拙句)・・・・お粗末。

失礼しました。こうも連日、業績不振の企業、構造的に伸びが期待できない業種にM&A関連の話題が出ますと、少しは戯れ歌でも作ってみたくなります。


今日も鉄鋼株が大躍進、低PERが手掛かりになっているのでしょうが、住宅産業が落ち込みつつある米国は、中国産の鋼材在庫が急増中。それでどうして鉄鋼会社の業績が良くなると考えるの?

本日(2月20日)のレーティングから。

悪名高い外資系UとBとS証券が、

王子製紙(3861) 「Neutral2継続」(目標株価650円→690円、以下同)
北越製紙(3865) 「Reduce2継続」(550円→560円)
日本製紙G本社(3893) 「Neutral2継続」(44万円→47万5,000円)

というような、製紙会社の目標株価を上げるという「暴挙」に出るのは慣れっこになっていますが、

まだ真面目と思われている外資系JPとM証券が

三井住友海上(8752) 「Neutral継続」(1,540円→1,590円)
日本興亜(8754) 「Neutral継続」(1,020円→1,030円)
損保ジャパン(8755) 「Overweight継続」(1,790円→1,880円)
あいおい損保(8761) 「 Neutral継続」(890円→950円)
ミレア(8766) 「Overweight継続」(4,930円→5,340円)

と、損保銘柄の目標株価を引き上げているのは考え物です。

不払い問題、まだ決着していないよ。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2007-02-20 17:43
作られた相場
そんな気がします。

本日は鉄鋼株がいずれも3%超、日立さえ2%近い上昇を記録したのですから。

完全に業績相場から離れています。

まあ、「相場のことは相場に聞け」と言うくらいですから。

新興市場も上がっています。ちょっとミニバブルですね。すぐに弾けると思います。


本日(2月19日)のレポートは特筆するものなし。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2007-02-19 17:37
とうとう
NOVAにも司直の手が入りました。

当局は、いわく因縁のある企業を一掃する決意のようです。

新興市場には胡散臭い企業、裏社会と繋がりのある会社が多数存在しますので、当分は浮上できないでしょう。

日経平均が上げる一方で、新興市場の指数が下げ止まらないのはそのためです。

精々ご注意ください。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2007-02-16 19:58
勝負は明日
この2日間、窓を空けながらの上昇なので、遠からず反落局面を迎えると思われますが、今の勢いは凄いの一言。

買いが買いを呼ぶ展開。

ですが、上げている銘柄が、例えばNTTだったり、今日は違いますけどソニーだったり、ソフトバンクだったり、業績的には素人でも疑問符の付く銘柄ばかりです。

こういう銘柄が牽引役となっている相場は危ういですので、明日中に利喰うのが正解でしょう。


誠心誠意個人投資家を騙した挙句、上場維持に汲々としている国内系NC証券。

以下の格付けはあまりにも情けなさ過ぎる。アナリストとしてのプライドはないのか。

パイオニア(6773) 「3H→2H格上げ」(目標株価1,600円→1,630円、以下同)

新日鐵(5401) 「1M継続」(700円→900円)
JFEHD(5411) 「1M継続」(7,500円→9,000円)
住友金属工業(5405) 「1M継続」(650円→750円)
神戸製鋼所(5406) 「1M継続」(450円→550円)

以上、本日の格付けレポートより。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2007-02-15 17:11
相場のことは
相場に訊いておくれ。わしゃ分からん。

年末時点(すなわち決算発表前)の市場平均EPSが@860円で、今の数字が@850円。

それでいて、当時の市場平均予想PERが約20倍。今は20.9倍。

説明のできない水準にあります。

特に不可解なのは、ソニーの上げ。

半導体の自主開発断念の報道がありましたが、抜本的なリストラ策も特にないまま、株価が上昇を続けています。

こんなので日経平均が上昇しているのですから、何をか言わんやです。


決算発表の峠が超えたことで、銘柄評価の公表件数も減少。

本日(2月14日)は、外資系二大巨頭(?)、D証券とCとSとFとB証券、いずれも中外製薬(4519)について、「Buy継続」及び「OP(OUTPERFORM)継続」。

この2社が太鼓判を押しているおかげで、危険銘柄と分かる。

(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2007-02-14 17:36



検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧