以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
う~ん、分からん
15,000円(=25日平均移動線)を挟んでの攻防といったところですが、本日(7月27日)の上げ幅の大きさにはいささか驚きました。

まあ、基本的なスタンスには変更はないのですが・・・。

本コラムで有名な外資系D証券、
プロミス(8574)をSell→Hold格上げ。


正気か?
(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2006-07-27 15:17
バーナンキもやるねぇ
バーナンキの「逆ショック」で市場は大慌て。売り方も一時撤退です。

ですが、明日(7月21日)はともかく、買いの息も続く見通しにありません。


ところで最近、公表される銘柄判断の件数がめっきり減っています。一部のアナリストが夏季休暇に入ったこともあるのですが、クライアントから「もう少し現状に即したレポートを持って来い」と言われて、出すに出せなくなっている証券会社が、一部で存在するのも事実です。

これだけ変動の大きい相場を無視して、呑気に現実を織り込んでいないレーティングを出されても、顧客は怒るだけです。


今回は珍しく誉めます。

本日(7月20日)公表分から。

MS証券
日産自動車(7201)を「Overweight→Equal-weight格下げ」(目標株価1,670円→1,330円)
苦戦中の日産の現状をみれば、当然とはいえ的を射た評価。

JPM証券
大日本スクリーン(7735)、「Neutral→Underweight格下げ」(同1,050円→890円)
半導体市況の現状を踏まえれば、これも当たり前ながら正解。(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2006-07-20 18:06
皇室のご慶事
ご出産の予定日が少し(2週間程度)繰り上がって9月上旬になるとの由。

これに伴い、株価の底も少し前倒しになるかもしれませんが、8月のどこかの時点で大底を打つのは間違いのないところ。9月をまたいで10月に3番底ということになるのでしょうか。

ご出産に関連して言えることは、
1)ライブドア、村上ファンドに次ぐ大物の逮捕劇は、8月中に実行に移されるか、さもなくば来年に持ち越されることになる。

2)北朝鮮がテポドンを再発射するのもご出産以前(絶対にお祝い気分に冷や水を浴びせるようなことはしない)

の2点。

9月は男児誕生でお祝い一色でしょう。

従って、その意味からも8月が仕込み時。(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2006-07-19 13:12
皇室のご慶事
ご出産の予定日が少し(2週間程度)繰り上がって9月上旬になるとの由。

これに伴い、株価の底も少し前倒しになるかもしれませんが、8月のどこかの時点で大底を打つのは間違いのないところ。9月をまたいで10月に3番底ということになるのでしょうか。

ご出産に関連して言えることは、
1)ライブドア、村上ファンドに次ぐ大物の逮捕劇は、8月中に実行に移されるか、さもなくば来年に持ち越されることになる。

2)北朝鮮がテポドンを再発射するのもご出産以前(絶対にお祝い気分に冷や水を浴びせるようなことはしない)

の2点。

9月は男児誕生でお祝い一色でしょう。

従って、その意味からも8月が仕込み時。(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2006-07-19 13:12
市況を好転させるには
7月から8月半ばにかけて、株式市場は落ちるところまで落ちるとみられますが、それではどうすれば反転するのか、市況を好転させる秘策はあるのかを考えてみます。

ところで、なぜ株価がここまで落ち込んだのか(そして今後暫くも下落が予想されるのか)、という質問には、需給面を考えると簡単に答えることができます。


すなわち、需給面から考えれば、
1)1対100の株式分割を実行したライブドアをはじめ、いわゆる新興銘柄が大規模な株式分割を実行した → 上場株式総数の増加(供給量の増大)

2)需要面では、世界的な(過剰)流動性の低下、量的緩和政策の解除、先般の利上げ実施に象徴されるように、資金が枯渇し、その供給量が減少してきた →需要の低下

この状況は今でも続いていますし、上場株式総数、つまり供給量が速やかに減るということは考えられませんので、今後もファンダメンタルズに変化はないとみてよいでしょう。


それではどうすればよいのか、あるいは何が株価反発の目印になるかといいますと、これも簡単、需給環境を好転させれば良いのです。

具体的には、今後も利上げ局面が収まりそうにないため、需要面(資金流入)が期待できない以上、供給面に手をつけざるを得ないということになります。(オイルマネーが大挙やってきたら話は別です)

すなわち倒産の発生です。

特に、流動性に敏感な新興市場や新興銘柄は要注意です。中でも、日刊ゲンダイや夕刊フジ、週刊大衆、アサヒ芸能、はては週刊ポストや週刊現代の株式欄や株式記事で、自称「アナリスト」として登場している者たちが推奨する銘柄は、何であれ投資対象から外しましょう。

連中がなぜその銘柄を進めるかというと、その御仁を含め、当人の所属する組織、ならびにそのバック(資金源)がその銘柄を塩漬けにしているからです。それらの多くは、最終的には「社会の闇の部分」につながり、さらには北朝鮮へとたどっていくことができます。

そして、新興銘柄の多くは無配ですので、それらが倒産すればするほど、市場平均EPS(1株あたり純利益)が上昇する計算になります。


次に、主力銘柄では、まず三洋電機。これは説明の必要がないでしょう。日本航空も本来ならばこの範疇に入るのですが、なんせ国策会社ですので倒産だけはできない。ですから、株価が止め処もなく下落するという展開が予想されます。

ダイエーも危うい。今になっても既存店舗売上高が減少しているなんて、一度事実上倒産したにもかかわらず、一体何を学習してきたのかといいたい。流通では西友もガタガタです。

とにかく、これ以上持ちこたえられない企業には、さっさと退場してもらうの一番の特効薬です。


それから番外としては、皇室のご慶事。この場合、男子誕生に限られる。女はもう要らない。
(8月後半が底というのは、このことも根拠になっています)

小泉総理最後のサプライズ。これは大いにありえます。今、安倍官房長官ばかりが目立って、小泉総理の影が薄くなっていますが、自分の有終の美を飾る意味からも、安倍総理誕生を確実にする意味からも、来年の参議院で勝利するためにも、郵政局面同様、サプライズが必要な政局に突入しています。勿論、キーワードは北朝鮮。(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2006-07-17 13:23
勘弁してよ日経新聞
最近何かと不評を買っている日経新聞ですが、時々、本当に頭が痛くなるようなことを書いてくれますので途方に暮れます。

例えば本日(7月15日)付「NIKKEIプラス1」一面の「読者が選ぶ緑茶ボトル飲み比べ」という記事。

一見読者の声を取り込んで公平を装っていますが、よくみるととてもおかしい。

大体、一般になじみのあるブランドと、ほとんど知られていない商品を同列で比較していることからしておかしいです。

1位の「恵比寿茶房玉露入りお茶」(サッポロ)、4位の「お茶」、耳にしたことありますか?

ほとんど知名度のない、あるいは今ではCMもしていない銘柄を、どうしてエントリーする必要があるのでしょうか。言い換えれば売れていない商品がどうして上位に来るの?(「生茶」がランク外? 人をおちょっくった企画を立てるのもいい加減にして欲しい)


この欄は要するに、アンケートを装った広告に違いないです。

それはそれで構わないですが、それにしても、もう少し頭の使いようがあるでしょう。

こんなアンケートなんてしなくても、スーパーを2~3軒回れば、売れ筋商品(=おいしい味)なんてすぐ分かりますよ。

この種の企画を許している上司がくるくるパー。(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2006-07-15 18:59
今日はちょっと切り口を変えて
コレだけ暑いと仕事も何にもやる気が起こりませんので、一服の清涼剤的な話題をご紹介します。


ご覧になられた方もいらっしゃると思いますが、先日TBS系で放映された番組「夢の扉」で紹介された、メビオール㈱ハイドロゲルフィルム、素晴らしい素材ですね。

自分の利益より他人の幸せを考えて、日夜努力する方がまだ日本にいらっしゃることは、心強い限りですし、心より敬意を表したいです。


いずれ、実用化の段階で大きく取り上げられると思います。微力ながら応援するつもりです。


それでは、「娑婆」に戻って本日(7月13日)のレーティングから。

相変わらずのことをやってくれるのがCとSとFとB証券。

NECエレクトロ二クス(6723)を「N(NEUTRAL)→UP(UNDERPERFORM)格下げ」(目標株価4,200円→3,000円)しておきながら、

親会社の
NEC(6701)を「UP(UNDERPERFORM)→N(NEUTRAL)格上げ」(同590円)・・・。

考えなくてもおかしいじゃないか。
主要子会社の業績が芳しくないと考えているのに、親会社の業績が株価動向が、どうして市場平均(or 業界平均)を上回るんだ。そもそも、子会社の業績不振を補って余りあるだけの売れ筋商品が、はたしてNECにあるのか、それを説明して貰いたい。いや、説明すら不要。こちらですら結論が出せる。(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2006-07-13 15:29
8月15日に小泉総理が靖国参拝したら・・・・
株式市況は、昨日とは打って変わってうっとおしい展開。

日足ベースでは5日移動平均線を巡る攻防、週足では13週平均線が徐々に頭を抑える展開。
月足では12ヶ月平均線が支持線の状態。

正直言って、とても先の展開が読みづらい状況にある。


テポドンの騒ぎはいずれ収まるが、中国が説得したって、北朝鮮はおいそれとミサイルを手放しませんよ。唯一の脅しの材料なのだから。

中国が本気になって物資を締め上げたりすれば、北京にスカッドが連発される。そうなりゃ中国共産党政権も一巻のお終い。


そこで小泉総理が8月15日靖国参拝を強行したらどうなるか(ちなみに、それまでに北朝鮮が協議に応じるはずが無い)。

喜ぶのはまず北朝鮮。ミサイル保持の大義名分が一つ増えることになる。

日本にとっても悪くない話。国民感情は完全に「アンチ北朝鮮、韓国、中国」なのだから、その感情に配慮することが「国益」につながる。

いつも言っているように、日本に北朝鮮のミサイルは飛んでこない。

アメリカにとっても損ではない。いずれ崩壊する北朝鮮を睨みながら(だから、そうならないように、将軍様は日本経由でアメリカにアプローチを掛けてくる)、極東軍事戦略を推進できる。

困るのは中国と韓国。もの凄くギャーギャーいうと思うが、余計に窮地に立たされるのはこの両国なのだから、放っておけばよい。

その頃には株価も下がるが、そこが底。徐々にリスクを織り込むことが予想される。


本日(7月11日)の銘柄評価から。

誠心誠意個人投資家を食い物にする国内系NC証券、
ファンケル(4921)を新規1M(目標株価2,100円).

この会社のことを知ってて言っているのか?
(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2006-07-11 15:30
あービックリ
機械統計受注でこんなに上がるとは思わなかった。

完璧に巻き戻しが発生しています。

にもかかわらず、新興市場は軟調。資金の流れの現状を良く表しています。

それにしても、機械統計受注の数字も意外だったけれど、これだけの巻き戻しが発生するだけのいい数字?っと、思わず考えちゃいます。

皆さん、よほど本日の市場に売り姿勢で臨んでいたんでしょうね。

レーティングは特になし。

ただ、7月7日まで天下のN村証券が、大手商社5社の格付けをしていなかったのには、腰を抜かすほど驚きました。(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2006-07-10 15:02
日本に優しい将軍様
そこまで読み切ってミサイル発射に踏み切ったのかどうかは知る由もありませんが、北の将軍様はあらゆる手立てを使って、日本に対して和解のサインの送り続けています。

今回の騒動で、獅子奮迅の働きをみせているのが安部官房長官です。テレビを点ければ安倍長官が出ずっぱりで、まるで総理大臣のような忙しさです。

麻生外務大臣も露出が急に増えました。

ご存知の通り、ご両人ともタカ派で、対中、対韓、対北朝鮮では強硬派です。

そして、ミサイルの号砲が、与野党の「融和派」を黙り込ませてしまいました。

今回の問題を恙無く処理できれば、次期首相は安倍氏で決まりでしょう(麻生氏も要職に就きます。多分幹事長でしょうね)。

でも、結果的にせよ、なんで小泉総理が望むとおり(安倍後継)に、北朝鮮は事を運ぶ手助けをしたのでしょうか。

ここで思い出してください。将軍様は小泉総理と2度も会談し、安倍氏はそのいずれにも随行しています。

つまり顔見知りと言うわけです。ブッシュとは面識すらなく、従って、話を持っていくとすれば、日本しかないでしょう。

勿論、金正日と彼が率いる国家が犯した、日本に対する悪行の数々を、小生も許すつもりは毛頭ありません。

ですが、将軍様が意外と親日家(あるいは少なくとも知日家)であることも、おそらく事実でしょう。

お寿司が大好き、日本のメロンが大好き、馬鹿息子は何度も東京ディズニーランドに遊びに来る。

多分、彼は日本に対して憧れを持っていると推測されます。

対して、大嫌いなのが中国、あの国から与えられた屈辱は一生忘れられないでしょう。

将軍様にとって、韓国はいわば属国、ですから会うメリットなし。

とすると、「朝貢国」たる韓国に対し、「宗主国」の北朝鮮が求めるものは、当座を凌ぐだけの食料とエネルギーと資金。

同様に、これまで親分風を吹かしてきた中国にも、同様の物を求めるでしょう。

それで、一息ついたところで、日本と、ひいてはアメリカと交渉すると言うのが腹積もりと考えられます。(了)
[PR]
by ichiyou_tour | 2006-07-08 09:35

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31