以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
<   2005年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧
実感がない
16,000円の大台突破と言われても、特定の銘柄が指数を押し上げているだけで、正直実感がないんですわ。

2万円までは、ほぼ一本調子で行くと思われますが、そこからが思案のしどころです。

その時点でのポートフォリオの中身が来年の勝敗を分けるのではないでしょうか。


年末最後のレーティングへのいちゃもんです。

珍しく、本当に珍しくD証券が銘柄評価を出していますが、富士通が「新規2」。もう良いよ、無理してレーティングしなくったって。

N証券も最後までおかしい。日本電気硝子や旭硝子を格上げしているけど、これらって要するに液晶部材銘柄でしょう? 液晶用ガラスの単価がどれだけ下がっているか知っていれば、こんな評価出せません。

それでは皆さま佳いお年を。皆様も一陽来復を祈念いたします。
[PR]
by ichiyou_tour | 2005-12-26 15:40
Merry Christmas !
だいぶ寒くなってきましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

今年もあと僅か、1年を振り返ってみますと、連休明け以降の日経平均の上げには、凄まじいものがありました。

来年も上手くいく保障はありませんが、突発事項がない限り、早晩2万円の大台に達すると思われます。

ただし、その時点で一旦、足止めするでしょうが。

さて、今年最後の一発。一昨日(12月21日)付のMU証券のレーティングから。

BMB(9841)の評価を「新規2」(今後12ヶ月程度における投資成果がTOPIXを5~15%上回る)としていますが、カラオケ業界は市場規模が縮小している上、単価も下落(値下げ)しているので、とてもじゃないがTOPIXを上回ることは無理です。

ここを含めたUSENグループの主幹事証券の座を狙っているからといって、やることがあざとすぎやしないか?

こんな株を付和雷同して買ったら、とてもじゃないですが、Happyにはなれませんのでご注意を。

それでは皆様良いお年を。
[PR]
by ichiyou_tour | 2005-12-23 19:30
すんごい上げ
びっくりするほどの上げでした。一時は16,000円台を回復。こんな時に限って上がらない銘柄こそ要注意です。よほどの事情を抱えているのですから。

証券会社もレポートを出している暇がない、もっと言えば、以前のレポートと現状との辻褄を合わせようがない状況にあります。

本日は特に目を引くレーティングはなし。年末ですし、仕方がないでしょうね。
[PR]
by ichiyou_tour | 2005-12-21 19:43
嫌な奴ら
新聞紙面で見る限り、カネボウの連中(特に労組の奴ら)ほどいけ好かない輩はいません。


だって、会社が倒産するほど無能で生産性の低い人間の集まりでしょう。

そのことは少しも反省せずに、プライドだけは高い。

倒産した会社の人間に、何が残されているのですか。

買収する花王が「日用生活品メーカーだから嫌」なんて、てめーらだって、

元はと言えば紡績屋だろうが! 


寝言言ってんじゃねぇ。


こんなふざけたことを言うのは北海道拓殖銀行の連中で終わりかと思っていましたが

(彼らも「俺たちは都銀マンだ。いまさら地銀なんかに行けるか」と言っていた。

言わせて貰うが倒産した都銀はもはや都銀じゃない、潰れた銀行に過ぎない)、

まだ企業に上下の格式がある(まったくないとは言わないけど)と思っている人間がいるとは知らなんだ。


教えてくれ、紡績出身の化粧品屋と日用品出身の化粧品屋で、どれだけ格式が違うんだ?


昨日、花王のレーティングがMS証券とNC証券から出ていますが、筆者に言わせれば、

旧カネボウのふやけた連中を「粛清」しない限り、見送りが正解。

放置しておくと、企業風土が「酸化」してしまいますよ。


ご参考までに申し上げますが、「地銀に飲み込まれるのは嫌だ」といっていた拓銀の少なくない連中が、

やがて食うに困って裏の世界に手を貸したことは公然の秘密です。

カネボウの輩はどうするんだ?
[PR]
by ichiyou_tour | 2005-12-20 16:34
年の瀬
年の瀬も押し詰まってくると、株式市場も商いが薄くなります。

それにしても、今日の上げは(特定銘柄に偏った感があるとしても)お見事というか、姉歯も何にも怖くないぞというか、思わず「暴虎馮河」という言葉を思い出しました。

ちょっと怖いです。臆病な一陽は首をすくめています。

レーティングも取り立てて言うことなし。今日はU証券がエア・ウォーターを取り上げていましたが(新規1、目標株価1550円)、これでこの銘柄に関する投資評価の発表は2件目。「勝手格付け」ではなくて、クライアントからの「依頼格付け」なら、ちょっと面白いことになるなぁと思っています。
[PR]
by ichiyou_tour | 2005-12-19 15:58
もう少しの
辛抱です。日経平均よりもその先物の指数が下回っている状態ですので、来週も冴えない展開に終始するかもしれません。

そんな中、CS証券が敢然とラサ工業の投資評価を「OP(OUTPERFORM継続」の目標株価470円→600円からに。こんなの、嵌め込みに近いです。お持ちの方はさっさと利食いなさった方が賢明かと(ご判断は自己責任で)。

円高や米利上げ打ち止め観測は悪材料ではございません。

姉歯がもの凄い悪材料なのです。

今、全国で住宅販売が麻痺しています。大手であろうが、中小であろうが、きっちりとした資料で買い手に説明できない状況なのですから。

この際、業界がきっちりしたガイドラインを作成して、消費者の信頼感を回復すべきです。

姉歯で年越し、そんな感じです。
[PR]
by ichiyou_tour | 2005-12-16 15:52
四季報発売!
どうもすっきりしない相場のことを書こうと思っていたのですが、本日発売の四季報の付録(4ページ)に、この業界の実態が載っていたので、そちらについて言及することにします(本当のことを無意識にぶっちゃけただけであるが)。

以下、そのまま引用します。

「証券会社でもアナリストがカバーしているのは大手の500社程度と言われています。実は「アナリスト」は、3000社以上の上場企業をカバーできていないのです。」

どうでしょうか。社内のアナリスト全員を集めても、上場企業の85%以上については、一般投資家並みの知識しか持ち合わせていないのです。

では、そんな「素人」並みの知識で、彼らはどうして時々、知名度も低い企業をレポートで取り上げたりするのでしょうか。

1)まずは、その企業から頼まれた場合。勿論、それ相応のものは頂いているので、甘~い査定になります。

2)逆にライバル企業を含めた、何らかの理由でその企業を貶めたい事情筋からの依頼の場合。この場合は厳しい内容になります。

3)自社の自己売買部門その他からの依頼。塩漬けになっているのを動かしたり、逆に安値で拾ったりします。普段の売買高が少ない銘柄を、こんなレポートで高値掴みしてはいけません。

4)いわゆる「政治的配慮」。CS証券が総選挙直後にマルマンの投資評価を「新規OP」としたのもこれです。

いずれにせよ、特に際立った知識もない輩が、何らかの理由で偏向記事を書くのですから、普段からカバーしていない銘柄は無視した方が得策かもしれません。

昨日(12月14日)発表のレーティングから。

NC証券にお尋ねしたい。
なんで富士通の評価が「2H継続」(目標株価700円→960円)なんだ。これだけコンピュータシステムで障害が発生しているんだから、ユーザーは購入に二の足を踏むでしょうが。

M証券によるスタジオアリスのレーティング、1→3に格下げ。スタジオアリスという会社、不明ながら知らなんだ、でも、きっと大企業だから、上で述べた様なことはやってないよね・・・。
[PR]
by ichiyou_tour | 2005-12-15 15:05
これが本当の
姉歯ショックですね。日経平均も日銀短観なんぞはまったく織り込めず、姉歯のおっちゃんに振り回された挙句、300円以上に値下がり。ちょっと嫌な下げ方です。

連休明けから始まった今回のラリーも、そろそろ潮時かなって感じです。

ただ、一服するにしても、比較的短いとみられます。

ところで、今回の建築偽装事件で、まるで予期したかのように自己破産した木村建設、熊本の八代では結構大きな企業なんでしょ? 八代の含めた熊本の経済、大丈夫かな。友人があっちにいるもので、つい気になってしまいます。

今日は特に言及すべきレーティング判断もなし。これからは外人さんもクリスマスの準備で忙しいんです。
[PR]
by ichiyou_tour | 2005-12-14 15:20
ドサクサ紛れに
先週土曜日(12月9日)付の日経新聞商品欄で、DRAM価格がこっそりと10~20円値下げされていたのを、皆様はご存知でしょうか。率にして約4%の下落です。

「エルピーダ 新工場で300ミリウェハを使用し大増産」などと、散々煽っておきながら、実はこんなことをやっています(しかもご存知の通り、日経の商品欄は正確さと迅速さから程遠いことで有名)。

エルピーダの昨日の終値、3,390円ですか・・・、知~らねっと。

話変わって、京ポンの新機種、店頭で売り切れ続出だそうですね。親会社のKDDIがますますattractiveになっています。

昨日のレーティングから。
CS証券、三井住友FG、みずほFG、住信をまとめてOP(OUTPERFORM)からN(NEUTRAL)に格下げ(三菱のみ従来どおりN、ただし、三菱を含めて目標株価はすべて爆上げ)。

事実上、三洋の不良債権を背負い込んだことになる住友と、最近グループ全体が機能不全に陥っている三菱はNでも甘いくらいですが、みずほと住信の格下げの理由がわからない。この証券会社は、目標株価を引き上げながら格付けを下げることが多い。

つまり、目標株価が不正確で、簡単に現実の株価に抜かれてしまっているのです。アナリストに猛省を促したい。

最後に珍しくお褒めのレーティングを。
昨日のエア・ウォーターに対するNC証券の投資判断(1M)、結構かと思います。

ただ、詳しくはいえませんが、目標株価(今回1170円→1340円に上方修正)はもう少し高くても良いと思われます。
[PR]
by ichiyou_tour | 2005-12-13 12:04
専門家なんて・・・
ヒューザーその他による建築偽装事件も乗り越え、ジェイコム事件も何のその、本日の日経平均は10時過ぎ現在で上げ幅が300円を超えてます。感嘆の他なしです。

ただ、建設株も一緒に調子こいて上がっているので、すぐには手を出せません。方針転換です。

それにしても、人様に言えた義理ではないのですが、専門家なんてこんな程度ということを自ら白日の下に晒してしまうような記事が出てしまいました。

その前にまず、11月の車名別新車販売台数を順位別に並べると(右に○がついているのはミニバンタイプ)、

1) ラクティス(トヨタ)  ○
2) カローラ(〃)
3) フィット(ホンダ)
4) ヴィッツ(トヨタ)
5) ウイッシュ(〃)    ○
6) クラウン(〃)
7) ステップワゴン(ホンダ)  ○
8) アルファード(トヨタ)   ○
9) パッソ(〃)
10) ディーダ(日産)

これを見れば、乗用車を含めても、ミニバンに限っても、国内ではトヨタが圧勝(あとホンダが健闘、日産がぼこぼこ)なのがよくお分かり頂けるかと思います。

それに対し、先週土曜日(12月9日)付の日経に載っていた、専門家の目で選んだ「家族で使いやすいミニバン」の順位は

1) ステップワゴン(ホンダ)
2) オデッセイ(〃)
3) セレナ(日産)
4) アルファード(トヨタ)
5) キューブキュビック(日産)
6) シエンタ(トヨタ)
7) MPV(マツダ)
8) エルグランデ(日産)
9) ウイッシュ(トヨタ)
10) アイシス(トヨタ)

まず言えることは、「専門家」と称する連中は、10月発売のラクティスにいまだ試乗していない。専門家なら発売前に試乗しろよと言いたい。

それから、皆さん、日産が好きですねぇ。それに、まるで派閥均衡人事のように各社の名前が出揃ってますし、トヨタの扱いがぞんざいですね。

言うまでもなく、マーケットにおいては消費者の選択が正しいのです。この現実を専門家はどう見ているのでしょうか。まさか、花薬を嗅がされた訳じゃないでしょうね。

先日(12月9日)のレーティングから。リストラを発表したパイオニアに関し、

NC証券 2H→3H格下げ (目標株価1650円→1340円)
MUFJ証券 4→3格上げ
N証券 4→3格上げ
と、判断が分かれました。後の2社はリストラを素直に評価しているようです。

こういう時は、キラーコンテンツ(売れ筋商品)があるか、あるいは生み出すことが将来可能なのかで評価すべきかと思います。とすると、答えはネガティブなものにならざるを得ません。ティアックと提携しているようじゃあ、先が思いやられます。従って、筆者(一陽)の評価では、格下げしたNC社が正解。
[PR]
by ichiyou_tour | 2005-12-12 10:47