以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
詐欺師の「手練手管」
個人的信念を冒頭にご紹介するのも気が引けますが、


「悪魔と詐欺師は笑みを湛えながら近づいてくる」


こう信じて疑わないのですが、困ったことに洋の東西を問わず、株式市場は「悪魔と詐欺師」でない人物を探し出すのが難しい場所です。

ですから、「特定の人物に入れ込むこと」、これは論外の赤点、「特定の投資手法にこだわること」はインサイダー以外は危険この上なく、そのインサイダーは不法行為、にもかかわらずインサイダー行為は後を絶ちませんが、唯一の成功投資術インサイダーは大方の投資家と無縁で、ですから証券業界に籍を置く人間(?)が、理由もないのに笑みを浮かべてインサイダーに関わりのあるらしい銘柄を説明するのは、「悪魔が虚辞を弄してインサイダーでないものをそれに仕立てている」ことにあります。


数少ない防衛手段、それは常に「騙し」が存在しないかを自問自答し、身の回りから得心出来る答が出るまで判断を控えること、その「得心出来る答」」の裏付けを別の場所で確認することです。


フェイスブックが期待外れとかで内外が喧しいですが、18日上場以降の株価動向を、根拠を持って予測出来るのは当該幹事証券くらいのもので、それ以外の自称「アナリスト、専門家、経済学者、その他諸々」は既述の説に従えば「悪魔か詐欺師」、その発言を真に受けるかどうかは、せめて「納得出来る材料」を見出すまで判断留保するか、そもそも「悪魔か詐欺師」の発言に耳を貸す時間が惜しいと思わなければ、初歩から誤っています。


そして今週(5月21日~)以降の日経平均ですが、先週末(5月18日)終値8,610円、現地時間同日シカゴ日経平均先物終値は8,555円、22日終値8,730円、シカゴからは175円、東京の先週からも120円上昇、これが「騙し」なのかどうか、解答の導き方はお分かり頂けたかと信じております。


昨日(5月22日)のレポートから。

国内最大手ながら、その矜持の気概も何処かへ置き去りにして久しいN証券、

東京建物(8804)「NEUTRAL→BUY格上げ」(目標株価300円→310円)

小誌は先日、株式投資を検討するならば「不動産を保有することの危険性=地価下落による特損計上」を常に念頭の置くべしと、分不相応なご提言をさせて頂きましたが、その論説の真髄を掴んで頂けたなら、極く少数の例外を除いて、不動産(関連)銘柄は最優先で手放す対象と思われます。



(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2012-05-23 09:01

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31