以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
敗者の驕り(寝言?)
今日(5月17日)の後場の動きが怪しいと思っていたら、小誌執筆開始時点で1ドル=80.2円、1ユーロは102円割れと、意気込んで買い向かった投資家は完全に梯子を外される結果になりました。

昔懐かしバブル相場の時でも下げる日はあったけど、「たまに下げた方が市場が一休みできて地合いが良くなる」と言う訳の分からぬ講釈がついて回ったもので、それが真であれば逆もまた真なり、久々の反発は次の下げ局面への序章に過ぎません。


それにしてもフランスほど阿呆な国はないなと言うのが率直な感想で、この国の有権者は左右の如何にかかわらず、「反米」を貫くことに快感を覚える国民性を有し、それは勝手ですが彼我の実力差は開く一方で、これ以上の反米姿勢は蚤がゴジラに喧嘩を売る様なものです。

米国も腹に据えかねていますから、今までの寛容な態度は捨てて必ず相応の報復をしますから、今までの成功体験は絶対に通用しません。

それが分かっているからサルコジ前大統領は親米路線を採用したのですが、そして国民も分かり始めているから決選投票は意外な接戦になったのですが、それを否定した今、弁解の仕様がありませんし、これまでの緊縮路線を捨てて「成長路線」と言う耳障りの良い、実は「借金でばら撒き」政策を採ることで自壊の路を歩み始めました。

賢明な読者ならお分かりと思いますが、今の日本の民主党政権はばら撒きしか能がない「フランス程度の阿呆内閣」ですが、有り難いことに2013年の衆参同日選挙で過去の誤った選択を清算することが出来ますし、まだ国力の点で優れています。


確かに「古い欧州」をみていますと、以前ご指摘のあった「勝者の驕り」ならぬ「老舗の驕り」は度し難きものだと痛感させられます。

その際にも引き合いに出されていた家電業界ですが、生き残った(死に損なった?)パナソニックとソニーが手を組むらしいですが、これは前者による後者の吸収工作と読みます。

今や保険屋なのか家電或いはハイテク企業なのか分からなくなったソニー、これって出来損ないのGE(ゼネラル・エレクトロニック)と言えます。

別に有機ELで提携しても特段の得はありません、パナにとって欲しいのはソニーの技術(特許)と人材です。

三洋も要らない部門は切って捨ててハイアールに売り飛ばしたパナですから、要は格段の飛躍を遂げるための捨石を探しているのだと思います。


もうすぐ「世界に冠たる」の枕詞は貴社の代名詞になるのだから、情けないことをしないでね、MとS証券

DeNA(2432)「OVERWEIGHT継続」(目標株価2,700円→2,400円)

収益源の二次元ガチャポンがご法度になったので球団を手放しかねない企業に「OVERWEIGHT」の評価はないと思います。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2012-05-17 22:53

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧