以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
確かに底堅いけれど
出来高も久しぶりに16.6億株と「大商い」、アジアや欧州市場も活況を呈していますし、僚誌メルマガでも「暫くは堅調」と言っているのですから、思惑通りにことが進む点については不満はないのですが、「此処が買い場か」と言われれば断然「否」、日経平均上限が8,800円と読んでいますので、あまり妙味がないです。


意外と知られていない事実に戦争特需後の経済動向があります。

米国は昨年下半期、イラクから完全撤退し、これに伴い戦争特需は消滅しましたが、特需消滅直後は軍需を上回る民生需要が発生します。

要は復員に伴う民需の高まりが経済を底上げしますが、民間経済はその時点で復員を織り込んでいませんから、復員兵の社会復帰に伴い、「人余り、設備過剰、消費萎縮」が始まります。

ですから戦争終結と戦後不況には少しずれがあるのが普通で、今はまだその端境期にあるため景気悪化が顕在化していません。

ですがもう少しすれば雇用情勢も景況感も悪化することになります。


少なくとも米国市場は一時的に流動性が潤沢ですから、精錬能力を12%削減するアルミ大手アルコアにも買いが入ります。

ただこれは米国の話で、日本とは無関係、藁にも縋りたい欧州は悪材料に対し「観ざる、言わざる、聞かざる」を決め込んでいます。

そろそろ市場も「初夢」から醒めてもおかしくないのですが。


本日(1月10日)のレーティングから。

スリーダイヤでない方のM証券、

商船三井(9104)「BUY継続」(目標株価340円→400円)

中韓の造船会社が2007年に受注した船舶が続々と進水、海運市場は貨物の争奪戦の様相を呈していますから絶対に「売り」。


(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2012-01-10 22:55

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧