以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
お知らせ
下記メルマガも併せてお読み頂ければ幸いです。有料メルマガ(月間1,680円)ですので、「まぐまぐプレミアム」からお入り願います。無料お試し期間(最大一ヶ月)もあります。詳しくはHPをご参照願います。

まぐまぐプレミアム
http://
premium.mag2.com/


「本格株式講座 世界情勢最新分析報告書」
(登録NO. P0004864)

「米英一流経済誌制覇のための英語実践講座」
(登録NO. P0004873)

フォロー中のブログ
ベタ記事が面白い
今日(12月27日)の日経夕刊に、(国内)企業向けサービス価格指数(11月)が低下したとの日銀発表に関する記事が載っていましたが、その中で理由として「海外経済の減速」が明記、しかもご丁寧に運輸関係(この場合はほぼイコール「海運」)が主犯との旨の表現が記されていました。

今の日本の最大交易国は中国、次いで米国、端的に言えば「日本→中国→米国」の販売経路が先細りしていることを意味しています。

当然ながら海運(関連)銘柄は「売り」なのですが、見逃せないのは物流がこの調子では、今年の米欧の年末商戦は惨敗に近いと言うこと、にもかかわらず年明けはもっと需要が落ち込む気配があることです。

ですから外需関連銘柄はおしなべて見送り、それから基本的に今の株価でも割高との認識が必要です。


米国からは雇用情勢の改善と物価上昇率の沈静化が伝わってきますが、これも遅くとも来年の春には変調をきたし始めると言うのが小誌見解ですので、国内企業の業績は思いの外上向きません。

それから中国が国家挙げての「構造不況業種」に邁進していますので、世界にデフレ圧力を拡散させます。

そして中国の余剰生産設備は、概ね欧州のそれよりも生産性が高い(設備が新品に近いから)ですから、欧州は中国との生存競争に敗れることになります。


本日(12月27日)のレーティングから。

「世界に冠たる」まであと一息、MとS証券、

イオンクレジットサービス(8570)「EQUALWEIGHT継続」(目標株価1,110円→1,250円)

胴元のイオンが苦戦しているのですから、月賦の子会社の業績と株価が上向くことはないと思われます。

(了)

メルマガに就きましては、左側「お知らせ」欄をご参照願います。(毎週水曜日夜、土曜日夜発行)

最大1ヶ月の試読期間(お試し期間)がございますので、是非ご利用下さい 。

(以上小誌文責)
[PR]
by ichiyou_tour | 2011-12-28 00:49

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧